ゆうべ,ドカン,と地震が起きた。
隣の隣の市が震源で,内陸で,一瞬で終わった地震であった。
が,ドキドキがなかなか治まらなかった…。
北朝鮮には関係あるまいと思いつつ。


懐かしいロゴを発見したのだ。
ガイシュツの「子ども会ラジオエコバッグ」の物件と同じ玄関だ。

2017nakayosi01.jpg

なかよし。
幼少の頃,よく遊びに行っていた叔母の家のそばにあったスーパーだ。
もう,スーパーの代名詞にすらなっていた,なかよし。

それを,こんなにも離れたところで,しかも,そのスーパーの籠が
何故このようなところに。
青い籠です。
拡大してご覧くだされ。

2017nakayosi02.jpg

鳩が何かをくわえて飛んでおる。
鳩といったら何をくわえて飛ぶのでしょうね。


あぁそれにしても,本日,北朝鮮の建国記念日。
細長いものを発射しないでほしいものだ。






Steely Danのギタリスト,Walter Beckerが死去した。
古い古いバンドでありますが,
20代の頃,つまり,90年代から00年代にかけて,それはもう
よく聴いていた。
Bar Pocketとのマスターとは,このバンド(特にDonald Fagenだけど)が縁で
仲よくなったというものだ。
もう少しでDonald Fagenが来日するというのに,
こんなことになってしまうなんて,という気持ちで一杯だ。
当分,Steely Danを聴き続ける。

ご存じない方も,ちょっと,興味をもってくだされ。



さてさて,夏の思い出であります。
飲み会がありまして(お盆前日の!!),
翌日,電車に乗って車を取りに行ったのです。
そして,駅からの道中,といっても数百メートル,
見つけたのがこれだ。

2017kodomokairadio02.jpg

最初は何とも思いませんでしたが,
よく見ると,衝撃の事実。

2017kodomokairadio01.jpg

この袋の中にはラジオが入っておるらしい。
朝のラジオ体操に使うラジオが入っていて,
おそらくは当番の人がここから持っていって
かけるんだなきっと。

段ボールの切れ端(切れ端,というのが味わい深い)に,
「子ども会 ラジオ」と書いてある。
エコバック(かつてかなり流行ったが,今では日常~)に,
紐でくくりつけられているのも味わい深いというもの。

葡萄か!?と思える植物の瑞々しさもなかなかであります。
真夏の朝の,爽やかな軒下であります。









盆正月に,奥様の実家帰省(といっても県内だが)に訪れる先輩と,
昼飯を食いに行きました。
なんで夜に飲まないかというと,既に夜の予定があったからです。
お盆の前夜,町は大変な人出でありました。
まず,成人式関係の帰省。
次に,30,40の厄払い関係の帰省。
その他もろもろ。
〆に,世に名高いBar Pocket に行ったのだが,船上のようでした。
じゃなくて,戦場のようだった。
隅っこで幼なじみとその妻と3人でひっそりと飲み,代行で帰ったのだった。
そしてその翌日,夕方まで切ない体調で,
親族が集っての夕食会の準備にほとんど手がつかず,
午後2時からやっと腰を上げる有様。

などという思い出話をしている場合ではないのだった。
そう,先輩と昼飯を食いに行ったのだ!!
湯沢市の「リブ」のランチは,かなり秀逸です。
安くて旨い。ボリュームがある。
店内は綺麗とはいえないのだが,それも味の一つだ。
ちなみに,その日は,チキン串焼きと秋刀魚しそ巻きフライがおかずだった。
フライといえば,ドンフライと戦った高山が首から下が動かぬ状態だそうで,
まるでハヤブサと同じではないか。
頭から勢いよくマットにぶつかり,脊椎が損傷したという。
というよりも,50歳なのにまだ現役で元気に闘っていたこと自体,
驚き以外の何物でもありません。
大変なことだ。

話が逸れすぎです。
こういうのを,先輩を送った奥様の実家のお向かいの小屋で発見。

2017niidagurlic01.jpg

安定の,軒下農産物乾燥物件。
昭和感溢るる板壁です。

2017niidagurlic02.jpg

しかしここだけはフレッシュ。
緑の網袋もフレッシュ。
緑といったら,BabyMetalの『GJ!』の
♪みみみみ緑の電車のサークルモッシュは デスボのベルで Wall of death
という歌詞が浮かぶな。
読者諸氏もきっとそうでありましょう。

にしても,だ。
ずいぶんととりにくい場所にぶら下げたものだ。
盗難避け,とも思えぬが,
あまりに手が届かない,脚立が立てにくい場所だ。
そういうところも含めて,なかなか味のある軒下であります。











この日,夕食を摂るべく,普段は決して足の向かない店でありますが,
ま,いろいろ事情がありまして
自宅を出発した途端に豪雨。
車を降りてから,店に入るまでにビショビショであります。

そして,店内は冷房全開で,体が冷えまくったのだった。
無料サービスのスープとお茶が旨い!!

で,特に目的もなくこういう店に来たらば迷うことなくカレーです。
値段も値段だし,正直いって何も期待していないぞ!!

2017marumatucurry.jpg
カレーライス 458円 (税込み?)

よく,「何の変哲もないハンカチです」などと,手品をするときに言いますが,
まぁ,そういうカレーです。
美味しくいただきました。
量とか,見た目とか,あんまり気にならないお年頃です。
たまに,ハッとするようなビジュアルの持ち主のカレーにであることもあります。
でも,そういうのはたまにで良いのだ。
贅沢するのは半年に1度ほどで結構。
お金もかかるしね。

それよりも,まるまつで宴会ができるって初めて知ったぞ!!
宴会のできる個室があるのだ。
今度,面白半分でやってみよう。
多分,飲み放題がつくからな。






フェアーって何だ。
と,改めて思った次第。

そう,夏のおすすめメニューが6月下旬から備え付けられております。
夏のフェアーです。

で,メインとなるのは「ハワイ」なのですが
(なんだ,あの,電話を表す仕草みたいなので
くるくるやってアロハ~と言うのは),
カレーはないので,タイカレーであります。

2017gustthaicurry01.jpg
新聞の折り込み広告にこういうものを見つけたので,
「たかが50円…」
と思いつつ,ガストに10時半くらいに向かったのだった。
(恐らくグランドメニュー的なものは10時半からテイキョウ)

で,今回は,一夜を共にした風のカップルアベックはおらず,
少々もの足りなく思いながら,
嫌に仕事慣れしておる女性店員にスパイシータイカレーチキンと野菜のグリル添え
を注文したのだ。

2017gustthaicurry02.jpg
スパイシータイカレーチキンと野菜のグリル添え 749円(税抜き) 
※クーポン利用で50円引き

肉の存在感がなかなかだ。

2017gustthaicurry03.jpg

ピクルス風のお野菜が清々しいです。

2017gustthaicurry04.jpg

生クリームがくるりとかかっている。

2017gustthaicurry05.jpg
チラシ掲載画像のようにカレーをかけたのだが,
ま,こんなもんだろう。
モリモリと美味しくいただく。
肉に下味が付いており,
肉とご飯だけで進んでしまう。
贅沢な一皿でありましたよ。





そういえば昨日,久しぶりにラーメンを食いました。
市内にできた新店です。
その店内も清々しかったなぁ。
そして,プラスティック箸でラーメンを食うのは,
やっぱりストレスフルだ。
割り箸LOVE。








<<前のページ >>次のページ