全国津々浦々,読者諸氏の皆様お早うございます。
先日,「○○していただけると有り難いです」という表現について考えた。
これはつまり,暗に,「やっておくれよ~」といっているようなものだが,
それを上品に押しつけているようなものだと認識した次第。
自分で,よくつかっちまうのだよな。

それはそうと,またまたネタ満載な感じの物件でありまして,
しかしながら,視点を絞るであります。

2017kitakaimitakekago01.jpg
もう,見るからにあれでしょう,満載でしょう。
しかしながら,絞ります。

2017kitakaimitakekago02.jpg

右端の,テープで補修された甕(こんなの初めて見た)が
とーーーーっても気になるがおいといて,
竹籠です。
大きいのが二つ。
今どき,こんな竹籠に入れるものは何があるのだろう。
何かの行商に使っていたとしか考えられません。
しかも,外にありますしね。
で,結構新しい感じがします。
いや,新しくもないか。
あちこち,竹が綻びております。

そして,家がかなりでかいのです。
長屋風なので,複数の世帯が住んでおった(おる)のかもしれない。
古さ全開!! という訳でもなく,あちこちに今風の造作が見られるところに
なんとも心が惹かれる訳だ!!





あぁ3連休。
思いっきり,ダラダラしました。
たくさん寝ました。
自分らしくもない!!
夏になり,泳ぐ機会が増えたからか,と推測してみる火曜日であります。






え~,ガイシュツの(しつこい),森のみみずくのカレーを食いに向かわんとしているときに,
いろいろ見つけた訳です。
飲屋街の,明るいときは,暗いときに見えないものがよく見える。
明るいときに入る風呂の中であちこち汚れているのが見えて
見て見ぬ振りするみたいに(なんのこっちゃ)。

いきなりの大物でありました。

2017entotusasae01.jpg

あまりにネタ満載で,切り取ってご紹介致します。
とにかく,この,佇まいからいって,もう,只者ではないと,
ついつい句読点でたくさん区切ってしまうほどの畏れを抱いたのだった。

2017entotusasae02.jpg

DIY感,満載です。
後から後から継ぎ足されていったであろう付帯物が,たっぷり。
この鉄の階段でありますが,
登るためにはどうするのだろう。
窓から出るしかないか。
階段から上って何をするかといえば,雪下ろししか考えられぬが,
北上の地でそれほど多くの雪が降るとも思えぬ。
(太平洋側だから)

2017entotusasae03.jpg

冷房の室外機があって,クリーム色のポストがあって,
ガスボンベがあって,鉢が置かれていて室外機の放熱効率が心配され,
電線が伸びていて,
雨樋があって,赤茶けた鉄板のような壁があって,と,
この部分を切り取っただけですでに混沌としている。
ザ・カオスです。(プロレスラーにいそう)

2017entotusasae04.jpg

この物件の一番の目の付け所はこれであります。
煙突を塩ビ管で支えているところだ!!

…と,今になってよく見ると,違いますな。
奥に雨樋があって,その手前に煙突があるだけだ。
そもそもこの煙突は何の煙突だ。
今となっては懐かしい,石油ストーブ(ヒーターではない)を
使用していてもおかしくない佇まいの建物だ。

とにかく,見事なまでの佇まいの建物でありました。
夜はどうなるのかな。









野外,というには相応しくないのかもしれない。
むしろ,「屋外」か。
これは,“やがい”とは読みませんな。“おくがい”だ。
しかし,とにかく,外に工具箱が置かれているどころか,固定されているのだ。

2017yahatakougu01.jpg

この会社というか工場というか事業所には,
三菱の電気を溜められる自動車(RVですな)があって,
よく,充電している。
(或いは電気を供給しているのかもしれぬ)

2017yahatakougu02.jpg

右側にはコンセントがあるようだ。
この箱を,開けてしまいたい衝動に駆られます。
ま,普通のものしか入っておらないと思いますがね。





まっっったく関係のない話だが,
The Police の「シンクロニシティー」という曲がありますな。
何というか,扇情的で不安感をかき立てるような,
それでいてちょっとワクワクさせるような。
同じ性質をもつ曲として,「フニクリ・フニクラ」を挙げたい。
この曲も,扇情的すぎるほど扇情的です。
曲の作りとしての共通点は,なんだろな。






梅雨です。
が,暑い日もある。
ま,夏ですからね。

毎日の入浴のなんと心地よきことか!!
その心地よさを味わうために汗をかいているといっても良いな。


さて,汗といえば,夏の雨合羽。
中がじっとりと濡れます。
外も中も濡れる。
困ったものです。

2017taiseikappa.jpg

とある電設会社の前を毎日通るのだが,
合羽が干されておりました。
きっちり裏返し。
表は干せていたのでありましょう。
車にかけておるところが秀逸。
「雨の日は休み」だとよいが,
そうもいかぬのでありましょう。








ゆうべ,拙サイトを見てて思いました。
ガストのバターチキンカレーの項で「トロリといったら王蟲の体液」と
タイトルに書いとる(洒落ではないです)のに,
本文で全く触れておらない!! と。
というわけで,ちょっくらその話をします。

つまり,トロトロしているものは,『風の谷のナウシカ』の
原作(漫画です)に出てくるシーンで,
でっかい蝿みたいなのにナウシカが飲みこまれ,
それはまるで,『新世紀エヴァンゲリオン』の操縦席に満たされている液体みたいに,
体内に入り込んでしまっても窒息しないような,
そういう液体で,
とにかく,「トロリ」という擬音描写が印象的で,
トロリというと,海苔の佃煮よりもそちらを思い出してしまう,という
しょうもない話を延々と書き連ねてしまう小生をお許しください。

で,焼き肉屋でカレーが食えるとは思わなんだ。


いつもお世話になっている仲間達(全員年下)の一人の誕生日が,
5月でありましたが,なかなか都合がつかず,
無理矢理日にちを決めて先月末に焼き肉食い放題飲み会をやったと
思ってくだされ。
いい歳して,みんなでプレゼントを贈りあうのが慣例で,
小生はペプシ詰め合わせを贈ったが,
帽子をプレゼントしている人が多かったな。
なぜでしょう。


それはそうと,食い放題の終盤で,みな,冷麺を頼み始めた訳です。
小生もそうすっか,と思ったそのとき,メニューに
「まかないカレー」690円 という,強気な価格設定の
カレーを発見。
といっても,食い放題だから,全く気にせず,
それよりもむしろ量が多いのではないかと心配しつつ,注文。
きました。
これです。

2017daihukucurry.jpg
まかないカレー 690円

おそらくは,和牛を使っているから,
こういう価格なのでしょう。
粘度が高い。
鯨飲鯨食のせいで(特にポテトサラダを食いまくった),
味がよくわからんです。
肉はごろごろとしていました。
感想は,以上です。





今日明日と,予想最高気温が34℃。
目を疑いましたよ。
真夏襲来です。
梅雨があっという間に過ぎ去ってしまう。
毎日素麺でもいいな。
「スタミナをつけよう」などというが,
脂ギッシュなものばかり食うと,
つまり,脂質,タンパク質ばかり摂取すると,
おそらくは,小生のおなかはダウンしてしまいますな。
まったく,「スタミナ」という表現は,
なかなかにヘンテコなものです。
嫌いじゃないけどね。














<<前のページ >>次のページ