犯罪を犯した者に関して取材されると
「いつも帽子をかぶり、会えばあいさつする普通の人」
などと答える地域の人。
あいさつについて感想を述べることが半ば習慣化している。
あいさつするかどうかがその人の価値判断基準になるというのか!?
と,内心憤慨する毎日。
記事を掲載するマスコミ側も,そればかりでよいと思っておるのか,
と,さらに憤慨する毎日。

などということは,今回の記事には全く関係が無く,
クレーンがあまりに長すぎた軒下でありました。

2016sannouklean01.jpg

満の点という名称を冠する学習塾がある。
全然関係ないのだが。

2016sannouklean02.jpg

こんなに長大な画像を掲載したことがあっただろうか。
いや,ない。

とにかく長い。
あまりにも長い。
とことん長い。
超長い。
操縦するヒトは,もう,手探り状態でしょうな。
(上から無線の指示とかあるのだろうけどさ)
こういう重機オペレーターはトイレに行く暇がなさそうで辛そう。
トイレにいつでも行ける仕事は,良いな。







次回の軒下は( ´∀`)/ 自分カレー部 「鶴ヶ池荘 レストラン湖水」のダムカレー 和牛が贅沢
動物園が大変です。
鳥インフルエンザ感染です。
動物園のみならず,近隣でも鷺が死んでいるのが見つかったりしているらしい。
大事にならぬとよいが。

ところで,前にも紹介した老チンパンジーを再び,です。

2016chinpa01.jpg

何かかぶっておる。
どう見ても,毛布だ。

2016chinpa02.jpg
高い知能をもつ生き物だからこそ,できることでありますな。
温かそうではあるが,
もう,全くもって活動的でない。
日長一日,こうしておるのであろうな…。
退屈,という感情とはきっと無縁のくらしでありましょう。
若手のチンパンジーは,元気いっぱいに叫び,
遊び回っております。
小生も,遊び回りたいものだのう。
しかし,そのためには先立つもの,が必要であるといわれます。
ただ,長い休暇を取ると,だんだん,休んでいるのが嫌になる。
長い旅行にでると,外食が嫌になる。
家にいるのが一番なんだな(裸の大将風)。

それにしても鳥インフルエンザ心配だ。
かつては,九州で発生したものだが,
今度は東北とは。




そうそう,本日,小生のお誕生日なのであります。
あと数年で,半世紀生きたことになってしまうよ。







次回の軒下は( ´∀`)/ 自分カレー部 「FRANK」のスープカレーはほとんど肉料理


川西地区という。
小学校が統合のためになくなってしまい,
そばには,でっかい城がある。
個人が建てた城だ。
これです。

城が見える風景  田園地帯のお城の玄関は如何に

城が好きな人は世の中に多いものです。
で,カレーを食いに行ったとき,
車を停めたところにて見つけたのだ。

2016kawanisidaikoku01.jpg

何だか向こうの方に石像が建っておる。
しかも,なんということもない建物の軒下に。

2016kawanisidaikoku02.jpg

これ,大黒様で合っていますよな。
実に福々しい表情で立っておる。

推測するに,どこかから連れてこられた。
そうであろう,きっと。

背後には,冬でもないのに冬囲いが施されておる。
きっと,特に使われていない建物でありましょう。
それにしてもこの存在感。
「なぜここに」が,非常に気になるところであります。
が,気になる度 中  といったところであります。

世の中,いろいろですな。
この大黒様を見つけたあと,牛すじカレーを食べに行ったよ。







次回の軒下は( ´∀`)/ 自分カレー部 「おおもり屋」の牛すじカレーは肉がトロリ
おはようございます。
今朝もなかなかの快晴です。
次の降雪が怖い今日この頃です。
スタッドレスタイヤが減っていくのが恨めしい…。

ところで豪奢なものを見つけましたよ。
これは,銅で葺いているのか。
お寺,銅でしょう。

2016temple.jpg

こんなにも贅沢してよいのか!?
信心深さは,寄進の額に表れるものです。
と,僧侶が言う訳もないでしょうが,
やっぱし,皆,どことなくそう思って,
「うちだけ寄進しない訳にはいがねべ」と,
もれなく寄進した結果なのだ!!(多分ね)

そういう訳で,屋根が銅で葺かれているのに
大きな衝撃を受けたのでした。



全っ然関係ないのだが,
近年,「まかない」という言葉で飲食店が客を惹き付けようとしていないかと
思うのだが銅でしょう。というか,そうでしょう。
「まかないカレー」「まかない丼」などというと,裏メニュー的な意味合いが感じられ,
何だか頼みたくなっちゃうナというヒトもおるのではないか。
残り物だけで作った贅沢海鮮丼!!
みたいなことをメニューに書かれると,
残り物なのに何だか心惹かれてしまうではないか。
惹かれないか。

賄い,とも書く。
「食事を用意して食べさせること」だ。(新明解国語辞典第4版で調べた)
例えば,「賄い付きの下宿」とかに使う。
うーん,下宿してみたいなぁ。
制約のあるくらし,ちょっと憧れる(今,なさ過ぎ)。





次回の軒下は( ´∀`)/ 商店の軒下 気鋭の新店に待ち椅子並ぶ
おはようございます。
昨日,とある場所で火山爆発啓発(なんのこっちゃ)ポスターを見ていて,
驚きましたよ。
伊豆と雲仙の噴火の写真があったのだが,
もう,恐ろしい。
火の柱ですな,あれは。
だから火柱か。

それはそうと,9月にこういったものを見つけた。
こういうものがあるから軒下探訪やめられぬ。

2016iroiro01.jpg

軒下にこんなにいろいろありますと,嬉しくなっちゃいますよな。
ならないか。

まず,支柱にぶら下げられたものから見てみましょう。

2016iroiro02.jpg

布,手袋,手袋,帽子 ですな。
色の組み合わせが秀逸であります。
手袋は,指先を上にして干さねばならぬ。
ビニル手袋なら尚更だ。
意外に,手袋の中で汗をかくんですよな,夏場は。
そして,水分がたまる。
考えようによっては,水分を蒸発させるために,手を入れるところを
上向きにして,というやり方が適しているような気もするが,
大概はこうでしょうな。
帽子は…,屋外に干すべきではないような気もするが,どうか。

2016iroiro03.jpg

そして,この,立派な室外機カバー!!
というか,お屋根。
ご丁寧に,傾斜まで付けられておる。
室外機には文字が書いていた。
浮きだし文字ですな。
よく見ると,「Windom」と書かれておる。
これは,お城の名前か。
TOYOTAの車にもありましたな。
ウィンダム。
あと,ウルトラマンセブンのカプセル怪獣にも,
ウィンダムがおったな。

右横のバケツというか鉢の存在も気になるところでありますが,
諸々楽しい軒下であります。

今日,お休みで,明日もお休みだなんて,
なんだか一日休みが多いような錯覚がするのは,
昨日も休みのような仕事のような日だったからだったんだな。
取り敢えず,天気が良さそうなので,冬囲いを完成し,
雪寄せ道具を出しておくのだ。
けっこう暖かいです。






次回の軒下は( ´∀`)/ その他の軒下 檀家どんだけ寄進した
<<前のページ >>次のページ