せんだってのお洒落なカフェーの反対側の軒下。
いろいろあるのだ。

2017rokugoosyare03.jpg

ぱっと見,どこまでホントか分からないような
案内の掲示もあるのだがそれよりも気になるのは,
ベンチというか木の台の右に乗っている,弾薬箱風の金属製の箱だ。
なんというか,予想すらできぬよ。
置いた側からすれば,
「あぁ,これはね…」という理由があるのだろうけれども,
さっぱり見当がつかぬ。
かといって,空けて見るのも不調法だし,
多分,中には何も入っていなかったりして
あぁもう気になるというか心乱される存在でありますことよ。

そうそう,弾薬箱といったら思い出すのは,
バイオハザードだったかなパラサイトイブだったかな,
そういうアイテムがありましたな。
弾薬の所持数が飛躍的に伸びる!!
あぁもう,でかいテレビにゲーム機つないでゲームやるなんて,
決してもうないのだろうな。
でも,あれは欲しい。
任天堂ファミリーコンピュータミニクラシックみたいな名前のゲーム機。
コントローラもミニらしい…。








次回の軒下は( ´∀`)/ 民家の軒下 いろいろ置かれているよ(新春を言祝ぐ上野界隈軒下探検 2/5)
ちょいと出かけてきました。
花の都大東京です。
唸りたくなります。
カレーを3回食べました。
「ザ・カリ」は感動感激でありました。
ついに行けた…(号泣)。

ま,それはそうと,清水の里をウロウロしたので,
当分,そのレポートと上野まち歩きレポートをかわりばんこに。
東京下町(下谷近辺)をウロウロしたのでありますが,
学生の頃,友人宅を訪れたら白いグランドピアノがあって驚いたのも,
下谷であったな!! 
…ホントに下谷かどうか自信がなくなってきたのだが,入谷かな。
ご実家はそばにあるクリーニング店,
自分は瀟洒なマンションときたもんだ!!
いっちま,今頃どうしているかな!!

気を取り直しまして,これですよ。

2017rokugoosyare01.jpg

椅子の上に何か乗っておる。
左の木箱は何かのカバーかな(この頃四角いものを見ると大体カバーに思える)。
椅子の下のホースも秀逸だ。
というか,ちゃんと収納されていて,良き哉。

2017rokugoosyare02.jpg

最初,何かと思った。
潰れたヤカンかと思った。
よく見たら,おそらく灰皿。
野ざらしで,グニャグニャなところがかなり魅力的でありますぞ。

そして,ここんちは,お洒落なカフェーなのでありました。
灰皿すらも,洒落のめしている訳ですな。
(などと言い続けて,灰皿ではなかったりして!!)
板で蓋されていて,ついつい,ガスボンベ蓋に思いを馳せてしまうよ。






次回の軒下は( ´∀`)/ 民家の軒下 温かいところの室外機は冬もカバーしない
               (新春を言祝ぐ上野界隈軒下探検 1/5)
町興しイベントとでもいうのでしょうな。
冬になると,街のそこここで,イルミネーションを飾り,
冬を彩ろうという催しが多く行われるであります。
その一つの点灯式にちょこっと用事があったもので,行ったのだ。
そしたら,4輪駆動車が積まれた雪に突っ込んで斜めになり,
必死に脱出しようと四苦八苦しているのを見た。
それが,老人による運転だとすれば,
昨今の交通事故の増加にもつながらん,と,いたく不安な思いに
なったのでありました。
ちょっとしてからまたそこを通ったら,いなくなっていたから,
脱出できたのだろうな。
でも,おそらく,アクセルの踏みすぎだろうな。
全く大変な世の中です。

2016amanotosugidama.jpg

世に名高い,「天の戸」の玄関です。
この時期の新酒,といえば「ひやおろし」ですな!!
春に絞った酒をすぐには出荷せず,加熱して発酵を止めたりした後,
涼しいところに貯蔵しておき,秋になってから出荷する,と。
もう,ひやおろしという言葉を聞くと,心が躍りますな。
ひやおろしだから「冷や」で飲まなくてはならないかというとそうでもなく,
燗して飲んでもよいらしいのだ。
ま,自分の飲みたいように飲めば宜しい。
口に合わぬ酒は,料理酒にすれば宜しい。
この地に生まれ育ち,大人になってからも
優れた酒に囲まれて暮らしている環境を実にありがたく思います。
あぁ,早く人生のセカンドステージに進みたいものだよ。





次回の軒下は( ´∀`)/ その他の軒下 干される大蒜は,なぜか2階の軒下
おはようございます。
もうすぐ2016年が終わってしまいますよ。
困ったものだ。
というか,年が増える。

ずいぶんと遅いのですが,ハロウィンですよ。

2016hallowin.jpg

そうか,こうやってシール貼れば,くり抜かなくても良いのか,
と誰しも思うでしょうが,小生は,
「取れないシールあるの」というところが気になるであります。
ま,何とかしておるのでしょう。
やればできる。
just do it.であります。

あぁ,今年,いろいろ失敗がありましたが,
失敗のない人生なんて面白みがないと言い訳がましく振り返る次第。
それより年賀状の準備をしないと。
買ってはあるのだ。





次回の軒下は( ´∀`)/ その他の軒下 柿ってやっぱり一気にたくさんとれる
一言でいうと,寒かった…。

2016kurikomaya01.jpg

山の上の上の方の紅葉を観に行こうと,
帰りの温泉の準備をして,山に向かったのが昼過ぎだ。
山の上にはヒトだらけ。
車も凄い。
路上駐車だらけ。
車を降りると,風がビュービュー吹いておる。
でも,天気はよかったのだ。
で,おみやげ屋が凄い。
いちいちしまわないのだろうな,これらのぶら下げもの達。

こういう店構えで,
立派なお面が軒下にぶら下がり,
これを見ると,鳴子温泉の太鼓屋のお面達を思い出すな。
あと,宮崎県はpontaさんの「オドロ面」。
なぜか,軒下にはお面をぶら下げたくなるものなんだな。
そもそも,お面とは,と語りたいところだが,
まだ勉強が足りないので,
折原信夫の全集が我が家にはありますので,ちょいと研究してみたい。

で,下の軒下を切り取ってみたのだが…

2016kurikomaya02.jpg

よく分かりませんな。
暗くて,よく分かりません。
何か,が,ぶら下がっているということだけは分かるのだが。
まぁ兎に角,いろいろある,ということだ。
ただし売り物ではないでしょうけど。








次回の軒下は( ´∀`)/ その他の軒下 なぜか大黒様がいる
<<前のページ >>次のページ