「♪どうしておなかがへるのかな」という歌がありますが,
あの呑気感,実に秀逸です。
母親との絆(←あまり好きな言葉ではない),いえ,繋がりのような物も,
如実に表れている,素晴らしくほのぼのした歌だと,オラは思っております。

で,♪どうして,簀の子があるのかな。

2018kameda_20180402050923c80.jpg

2階の軒下が物置になっているというのは世界的にあまり例がなく(大袈裟),
大体,いざ使おうという時に手に取るのに難儀するのは明らか。

これはどうか。
簀の子でも何でも良かったのだ。
壁の穴を塞ぐために,置かれているのだ。
見てご覧。
上の方が壁に結わえ付けられているよ。

…納得いかず。
ま,こういう不可解な物が,あってこその路上観察であります。
家人にとっては目的のあるものなのだよきっと。










とある飲み会(「とある」も何もないが)の帰り道,
見つけたのだ,この,雨だれによって
氷柱とかしてしまったガスボンベを。

2018icebonbe.jpg

降雪期は雨だれはないものの,2月になるとたまにお天道様が
顔を見せたりして,
そうすると一気に雪解けは進みます。
或いは,雨の日もあったりする。
そういうことからこういう事態になってしまうのだ。と思ふ。

カバーがかけられたガスボンベはこれまで数多く見てきたのだが,
全く逆の意味での覆いをされたこの状態は,
ガスボンベにとってはとんだ災難であります。

にしても,どこから管がつながっておるのかな。
ホントにガスボンベか!?










特殊な状況があるとき,何かしらの違和感を覚えるのだ。
で,このポストなのだ。

2017postandbrasi01.jpg

まず,民家の車庫にある。
そしてなんなんだ,この小ささは。

小人の国か!?
小人は,侏儒とも申しますな。
侏儒は,「こぞう」とも読むらしい。
目下の者を侮蔑するときに使うらしい。
全て,「銀河英雄伝説」で知ったことです…。

それはそうと,ポストが小さい。
さらに,奥にあるブラシがなんともアメリカンネイティブの雰囲気を醸し出しておる。
つまり,インディアン。

2017postandbrasi02.jpg

下には,ブラシとちりとりのセットみたいなものもありますが,
このブラシ,柄のところの色合いといい,ブラシの穂先の形状といい,
未だ嘗て見たことがないものだ。
(「ヤマダかつてないテレビ」という番組がありましたな)

意外に家人はフツーのヒトであったりするのだが,
フツーが一番怪しい。

以上,他には特にありません。

(「特にありませんが…」と言ってから,長々と話す人,おりますよな!!)









なんぼ奇跡と言っても,
それは小生にとってだけのことでしかなく,
読者諸氏におかれましては,
「それがどーした」
というレベルの話なんですけどね。
それを分かった上で,日々,細々と記録しております。
何かがあって,中断しなければならないときが
いつかやってくるのだろうな…。
それを考えると寂しいものです。


…気を取り直して,キセキのコラボだ!!!

2017kakisitugaiki.jpg

今はもう,明らかに,室外機の方が好きだ。
軒下の探検を始めるきっかけとなったのは,
干し柿と干し大根でありましたが,
図り難きは人心と申しますが,
物事への興味関心というものは,これはもう,完全に,
変化していくものであります。
が,軒下,というジャンルに関しては貫徹する勢い,
これだけは貫き通さないといけませんな。
と,所信表明です。

さて,干し柿と室外機です。
室外機のカバー(布製)が色違いであるところが
なんとも趣のあるところです。
して,干し柿の干し場所!!
窓の外とかベランダとか,安易な場所ではないのだ!!
どこからどうやって出てここに干すのであろう。
よく見ますと,青色カバーの室外機の上にあるとは,
窓には見えない形状。
フツーの扉に見えるのだ。
2階なのに。
開けると,自動で伸びる一寸した階段などがあるのかしらん。


という訳で,コラボという視点は希薄なままの
記事であります。







とある目的地に向かっての道すがら,
ふと違和感を覚え,
よく見てみますとこんなものが。

2017jah01.jpg

なんだこれは。
バケツかと思いきや,
炊飯器の釜ではないか。
なるほど,釜は,内側の加工が剥がれてくると,
なんとも使い物にならず,
釜だけ売っておれば良いのだが,
そういうことはあんましなくて,
本体を買い換える羽目になるものだ。
そして,釜ごと捨ててしまうものだとばかり思っていたが。

2017jah02.jpg

ここで作業をすることが多いのだろうと思われる。
先ずはブラシ。
これは,分かりますな。
そして,亀の子たわしと金たわし。
さらには,たわしの下に置かれたまな板か!?
なるほど,地べたにたわしを置くのは気が引ける
ということでありましょう。
にしても,この板!!
趣がありますよ。

更には,矢のような,先端が尖った棒が立てかけられておる。
一体何だこれは。

赤瀬川先生が仰るとおり,
不可解なものに対してあーだこーだと推論するのが
路上観察の醍醐味であり,
その正体をはっきりさせるのが目的ではないのだ。
家人が作業しているところを見てみたいものだが,
ま,そういう機会に巡り会うことはないでしょうから,
この状況を楽しむことに集中すれば宜しい。





一昨日,初めて観た。
ネットで映画を。
100円払って。
本日,観に行こうと思っている「キングスマン」の続編の為に,
1作目を。
ヨウツベでありましたが,
IEでは再生できず,グーグルクロームでも観られず,
ファイアフォックスを導入してなんとか観られた。
ホントは映画館で観たかったな。
で,今日は,観てくる,「キングスマン ゴールデンサークル」を。








<<前のページ >>次のページ