皆様おはようございます。
3夜連続飲み会を元気に乗り越えた割には内臓がなかなか元に戻らず、
モヤモヤとしとります、朝から。
今日はラーメン食いたいのに。

かなり寝かせてしまった東京神田間探索集であります。
都会は都会のよさがあるな。


「肉」
niku.jpg
焼き肉屋の屋号みたいなものなのであろう。この一文字は。
まぁ、肉、ということを伝えたいという気持ちは伝わってくる。
なんのこっちゃ。
お盆過ぎの連休中の神田は、夜になっても実に静かであったのだ。


「ショーとつくのは」
show.jpg
この表記、妙に艶めかしい。
やはり、“ショー”という言葉が、あれやこれやを連想させるんだな。
これが、「解体実演」と書かれていれば、ちょっと堅苦しい感じがして、
余計なことなど一切考えぬ。
妙に人を惹きつけますな。この表記は。
しかしながら世はお盆であったのだ。
日付に“日”をつけて、ほしい。


「願いは通るか」
KC3A0087.jpg
荻窪で飲んだとき、煙草を買いに&用を足しにローソンへ走った帰りに見つけた。
検針は、それほど多く訪れるとは思わぬのだが、
店主の苦肉の策というか、案であったのだろうな。
ないよりはあったほうがましというもの。
いうことを聞く人はなんぼかいるであろう。


「ポール受け」
base01.jpg
大銀行の店頭のおそらく国旗を立てるときのポールを受けるもとと思われる。
base05.jpg
そんなにたくさん撮る必要はないと思いつつ、汚れのない光沢に惹かれて、
たくさん撮る。
base03.jpg
穴の向きの部妙な角度が得も言われぬ。
あらぬ想像をしてしまう。


「いろいろあった」
sousui01.jpg
清水義範の「国語問題必勝法」にある回答例を想起していただけると有り難い。
読んだ方は。
この送水口が柵に囲まれている様子に興奮し、撮影後、
興奮冷めやらぬままデジカメをしまおうと、電源を切ったのだが。
その直後、手からポロッと。
電源が落ちる直前に強い衝撃を受けたそれは、
それっきり、帰らぬ人となってしまったのだ。
sousui02.jpg
レンズが戻りきらず、液晶にはひびが入り、微弱な振動を繰り返すばかり。
高価な、非常に高価な中華料理の後はこれかいと、不幸な出来事の連鎖にくじけそうになる。
などと、大袈裟に考えるわけもなかったが、激しく落ち込んで、神田に向かったわけだ。
sousui03.jpg
ちなみにこの状態、他のものから送水口を防御するためなのですよな、
AYAさん(送水口倶楽部総帥)。

このあとの三つめの出来事としては、「鳥もと」の項でも説明した、
荻窪駅ホームに幼児がスポッと事件なのだが、あれもビックリしたなぁ。
そういうわけで、この日は「いろいろあった」だったのだった。

昨日のザリガニ釣りは、大漁であった。
ただし、近所に住む、一人で遊びに来ていた幼稚園児にちょっかい出され、
最初は相手をしてやっていたのだが途中からこちらの釣り具を、
あたかも自分のものであるかのように使い出し、
大人げないとは思いつつも、終盤、冷たくしちゃったのだった。

コメント

『肉』筋肉マンの家かと思いましたよ。
筋肉マンが住んでいたらもっとウケましたわね。
おでこに字を書くなんてな。
小学生の頃、燃えに燃えて読んでいたものだなキン肉マン。
因みに小生が一番好きなのは、ウォーズマンだな。
爪が最高。

今度の飲み会はいつにいたしましょうか。年末かね。やっぱし。

今季最後 解体ショー ←オススメ
ゴミを捨てたり立小便をしたり
汚れのない光沢に惹かれて穴の向きの部妙な角度が得も言われぬ
拘束され監禁され緊縛状態の送水口

なんというサイトだ(読む側のせいだよな、
禁止用語のせいで書き込めません(>_<)
おはようございますいしいさん。
今場所は朝青龍でいっちゃうのですな。
秋田県出身力士、豪風をよろしく。

それはそうと、確かにとらえようによっては
とんでもないことを表現している気もしないわけでもありません。
潜在意識なのでしょうなぁ、小生の。
いたく反省しております。
ホントはしてませんが。

“(今も”のタイトルに痺れました。勉強になります。

柵にかこまれてちゃあ、実際使うときに邪魔になりそうですな。

『肉』一番わかりやすい看板に笑ってしまった。勿論、わたくしもキン肉まんを連想しました。
実際、使いづらそうですな。
しかしながら、送水口がその建物に実際に緊急的に火急的に使われるのなんて、
火事のときでしょう。
使われないままにその生涯を終える送水口の方が圧倒的に多いのでしょうな。
火災報知器も、消防訓練のときくらいしか、その用を為さない。
ま、「いざ」というときのためだろうからね。

「いざ」という詩を書いてみて下さい。要望。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/91-8d8e0e7e