夏だ夏だ!!
というわけで、ホテルに生ビールを飲みに行ってきたわけであります。
初夏に購入した、生ビールチケット2,500円分は、10杯の生ビールになる。
10枚綴りだから、1杯250円で飲めるわけだ。
行かずばなるまい!!
で、舞台俳優を副業とするM先輩と行ってきたわけだ。

KC3A0063.jpg

薄暮の中、照明が灯り、浮かび上がるCホテル。
料理は、中華を頼んでおいた。一人あたり2,000円の費用。
で、前菜盛り合わせであります。

KC3A0064.jpg

かなり好きなピータン、豚の耳の和え物、鶏レバー、サーモンのパイ包み、そして特筆すべきがこれだ。

KC3A0065.jpg

中華腸詰めであろうこれは。
初めて食した。で、ついついドイツ系のソーセージを考えてしまうのだが、全く違う。
スパイスはそれほど効いておらず、甘みが強い。なかなかだ。

KC3A0066.jpg

烏賊とシメジの炒め物。海鮮ものは嬉しいし、薄味がまた何とも。ビールが進む。

KC3A0067.jpg

豚バラの角煮。いわゆるトンポーローだな。
八角が効いている。沖縄料理ではないのだ中華なのだ。

KC3A0068.jpg

そして最後に出てきたご飯ものは、お焦げの餡かけだ。
この料理にこのトマト味の餡がかかっているのは初体験だ。
これまでは、塩味が醤油味のものしか食べたことがなかった。
中洋の融合でありますな(今風にいえば夢のコラボ)。

全体を通して、ガブガブビールを飲みながら、出てきた料理をガツガツと食い、
延々としょうもない話をしていたのだが、
2軒目に「餃子を食いに行こう」と連れて行かれたM先輩から、衝撃的な発言。
とある盆踊りのお囃子を習い始めたというではないか。
この日、小生最も驚く。
舞台一辺倒だと思っていたのだが、そういうこともして芸の幅を広げるのか、
あるいは純粋に習いたいと思ってのことか。
小生、少なからず影響を受け、とりあえず「そのうち連れて行ってください」とお願いする。

そうこうしているうちに、小生は電車の時間が迫り、ガヤガヤと入ってきたお客さん達がM先輩の知り合いだったこともあり、辞去。

中華は、酒を飲んでいるということを忘れてしまう。
料理で頭がいっぱい。

コメント

これで2,000円ですか?!
かなり魅力的です。
ピータンと豚の耳はご遠慮したいところですが・・・
画像見てるだけでビールが呑めそうです。
美味しそう!!
中華好きのワタクシとしてはたまらん写真ですな~。
Beerさん、こんだけあれば腹一杯ッスよ。
ビールも飲むしね。
で、珍味は苦手なのね?
ホヤとかもきっと…。
真魚さん、これは、広東系の中華でありましょうか。
最近、辛いものがさっぱりダメになっちまいまして、四川はダメだよ…。
麻婆豆腐がかなり好きなのだが。
そういえば、阿佐ヶ谷駅と新阿佐ヶ谷駅の間の小洒落た中華屋はまだあるだろうか。
こんど確認しませう。
無理ですねぇ~
珍味で美味しいと思えるのはイカの塩辛くらいでしょうか・・・
庶民派なのでありまする。
ビールがあればそれでいいのでありまする。
塩辛は果たして「珍味」といえるのだろうか。
小生にとっては、どちらともいえぬなぁ。
どちらかというと、「刺身の肝和え」といったとらえであるのだよなぁ。
かつて勤務していた寿司屋ではその場で作って提供していたからなぁ(店のヒトがですが)。
だから、どちらともいえぬグレーゾーン。

まあでもやっぱりビールですよな。
尿酸値には気を付けましょうな。
女性でも20%くらいは痛風になるヒトがいるらしいゾ。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/87-929f70c1