既報ではあるが、2009年6月13日に広島にてプロレスラー三沢光晴が、相手の技を受け損ねて頸髄離断(けいずいりだん)、そのまま帰らぬ人となった。
三沢光晴は、プロレスリングNOAHの中心選手且つ社長。
その多忙さと経営のための心労は如何ばかりかと思われる。
今年中に引退をすることを内輪に話したのが事故の起こる2日前だという。
三沢光晴を偲び、思い出を綴る。

そもそも小生がプロレスというものを本格的に観るようになったのは、
大学の寮で一緒になった友人に影響を受けてのことであった。
週末の深夜、全日本プロレスを幾名かで観戦しているうちに、
「観に行こう」
という話になり、初めて訪れた武道館。
たしかチャンピオンカーニバル。
シングル戦も熱いのだが、それ以上に熱いのが、三沢光晴率いる「超世代軍」であったのだ。
どんな世界でもそうだと思うのだが、「対立概念」というのは、物事を高めるためには不可欠。
三沢達は、故ジャンボ鶴田率いる正規軍といつも真っ向からぶつかり、
我々を燃えさせてくれた。
ちなみに我々は、三沢達を応援している割に、ジャンボ鶴田が技を決めた後の「おー!!」も
無節操に呼応していたのだった。
途中からやめたけど。

とにかく、三沢は格好がよくて、強くて、男らしくて、堂々としていて、でも下ネタが好きだったらしくて、
スパルタンXがよく似合っていて、緑色もよく似合っていて、
非の打ち所がないレスラーだったわけですよ。
そんな三沢がリング上で息を引き取るなんて、
それは誰にとっても信じたくないような事実であって、
しかしながら受け入れていかなければならないことであり、
つまり、三沢は皆の心の中にいつまでも残り、語り継がれていくであろうと思うわけです。

かつて、皆瀬村とことん山大会で、酔った1ファンが叫んでいた。
「みさわー、おまえはにっぽんのたからだー」

三沢の遺志が残されたレスラーに受け継がれ、日本のプロレスが再び盛り上がることを祈念する。



コメント

三沢氏の死は衝撃的でしたね。
拙者の小学生時期、プロレスは男女ともブームでした。

兄には常にプロレス技を試され・・・

自分はクラッシュギャルズに憧れ、学校で書く将来の夢に「女子プロレスラー」と書いたのを今でも忘れません。

最近は、すっかり弱虫になり、プロレスを見るのは怖くて嫌だったのですが・・・

ある日,三沢氏、カッコイイ人だと思いました。

直感でいい男だと感じさせる人間でしたね。
自分を抑える力、耐える力が抜きんでていたのだと思う、三沢光晴は。
そしてそれがいい男であるために必要な要素なんだなきっと。

それにしても!!
小さい頃の夢が女子プロレスラーだったとは…。
妙に納得であります。

最近のプロレスはよく分からんです。
とりあえず、新日の深夜のプロレスを録ってみることにした。
分かるだろうか。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/81-e85f862a