桜の花が散り始め、小生の花粉症も終わりを告げようとしているのだが、なかなかしつこく鼻水等があふれ出るため、まだ終わりを告げられませぬ。
相変わらずのガスボンベ探訪であります。
そういえばと思い出したのが、かつての大館居酒屋放浪の際のガスボンベ画像。
bonbe4.jpg
大館地方では、これがスタンダードなようなんだよな。
他にも数件見つけたこの被せものは、映画「グランブルー」のジャックマイヨールの父親が被っていた潜水具を彷彿とさせるのだ、ということを言いたくてこの項目があるわけではなく、早速のガスボンベ物件はこちら。

kanamonoya.jpg

kanamonoya03.jpg

見ての通り、金属製のほぼ新品と思われるバケツを被せているわけであります。
先日はプラスティックのバケツが二つ仲良く被せられていましたな。
ちなみにここんちは、金物屋さんでもあるのだよな。

そしてこれは、複合型であります。

nisihara.jpg

タイヤのホイールキャップと思われるものをブロックで固定。
地球には空気があるから風というものがあり(当たり前だ)、風によって薄いものは飛ばされてしまうわけですね(どうでもいいこと当たり前のことを文字にすると文章を長くできる)。
んー、そろそろ分類のことも考えていかないと。


おまけです。
近所で発見。エキセントリック。

lion02.jpg

温泉のお湯の吹き出し口であろうか。

lion.jpg

多分にユニークな方であろうな。
誰がやったかは知っているんだけど。

コメント

金属製は懐かしいですね~♪
最近はとんと見かけないような…。
昔、小学校の掃除の時間にはこのバケツが活躍してましたね。水を入れてよし、叩いてよし・・・(笑)

近所で楽しいもの見つけると、つい写メ撮りたくなっちゃう。でも、「あやしいヤツ」に見えたら困るから、サッと撮ってサッと逃げてます。(ますます怪しいかも(^^;))
どうしても腐食してしまいますものな。まぁ、それが味があることにもつながるのだけど、穴が空いてしまいますものな。
穴あきバケツは、液体はもう入れられぬ。
野菜とか豆とかを入れるしかないですな。

それはそうと、路上観察には開き直りが大切です。
怪しい奴に見られてもよいという開き直り。
自分のやっていることに無理矢理正当性を持たせるのも良し。
『開き直り』ですね!
怪しいヤツになりきってみまする。ご教示ありがとうございまするo(`へ')○☆

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/77-dc87e35e