「モーター」

motor.jpg

随筆とかにも書いたのでありますが、長崎に行って、あまり近づきたくなかった坂に(坂を登らないと行けない名所は多々あるのだが)やっと登っていったわけであります。それも、軒下を探すために。敢えて、車の通れない、ほっそい階段を上がって行きます。足を踏み外さないための工夫なのか、階段一段一段の角のところに白いペンキが塗ってあります。確かに階段は全部灰色だから、それが延々続くと上から灰色の川みたいに見えて、足を踏み外しそう。いや、これは、帰りの話しなのだが。

長崎に来て、汗をかくことに対して開き直る気持ちはとうの昔に(二日前だが)できていた。平地を歩いていても汗をかくのだから、坂道ではその5倍くらい汗をかく。聞茶(最近はまっている。妙に香りがよい)がうまい。

さて、こんな山の上なのになんで~?というものがあった。確かに海の近くだけどさあ。

ボートに使うモーターである。

ここまで運んでくるの、大変だったんだろうなと思いつつ、階段を下りていく。だって、家の前は道路なんてなくて、細い階段が延々と続くところ。そこまでして、持ってこなければいけなかったんだろうか。
モーターとホースの関係は、分かりませぬ。
(01/08)  


「三猫」

cats.jpg

長崎って、猫が多い!猫好きにはたまらんですバイ!(同行のKくんに、「バイ、なんてつけませんよ」とよくたしなめられた)

これも、坂道をかなり上っていったところなのだが、この状態で、ずっと猫が日陰で休んでいるのだ。ほんで、3匹ともずっと小生の顔を見ていて、写真を撮っている間も見ていて、前を歩いて通り過ぎるときも3匹そろって顔の向きを変えて小生を見つめていたのだ。機械のようでありました。
ちなみに、この調和を崩したくなくて、近くに寄ることはしなかったのだ。

ところで、長崎弁のことなのだが、「好きだよ」をいうとき、「すいとっと」というゆだが、じゃあ、「空いている」というときはどう言うのだ!?これも、「すいとっと」でよか?ちなみに、一番気に入った言葉は、バスの中のパンフレットに紹介されていた「めしば はらいっぱい くうた」だ。めしばはらいっぱい食いすぎて3kg増量し(自分が)、目下減量中。 
(01/08)  


「ハローページ」

hallo.jpg

調べていたのだろうか、ここで。

こんなちょっとしたベランダにハローページが広げてあるのだ。

ぬれて乾かしていたとも考えられるが。

ところで、プロレスラーってさあ、「おれはすごい握力をしてるんじゃー」ということを誇示するために、電話帳を破ってみたりするんだよね。特に、昔の外国人選手。日本人はあんまりやらないなあ。つーか、日本人はそんなに巨大な人がいないからなあ。いまじゃ、荒技「俺が田上だ」でおなじみの田上明ぐらいでしょうか。

ほんで、小生も電話帳を破いてみようと試みてみました。
結果。こう、なんつーか、一度には無理だけど、手前から1枚ずつだったら可能であります。いや、5枚ずつくらいは自信あり。

あぁ、プロレスラーってすごいなあ。幻想は高まるばかり(無理に高めようとしている)。 
(01/08) 


「2ヘルメット」

mets.jpg

みなさんの地域の中学生(もしかして小学生も)は、自転車での登下校時にヘルメットをかぶって(かぶらされて)いますか~?ご自分もかぶった経験はおありだろうか。

小生は徒歩通学だったので経験はないのだが、母校はいまだにヘルメット通学をさせているのだ。いや、自転車は軽車両の一種なのだから、別に不自然なことではないのだ。
でもね、近隣のヘルメットをかぶらなくてもよい中学校から「ヘル中」といわれるのはかわいそうだ。「ヘルメット中学校」の略である。まるで、「地獄の中学校」!ショッカーがみんなで勉強していそうだ。
そういえば、「♪せまるー、ショッカー、じごくのぐーんだん」というのは仮面ライダーの主題歌なのだが、あの人達のグループは、ヘルショッカーというのでしたっけ、あの「ヒー」とも、「フェー」とも聞こえる声は、現場で誰かの思いつきでそう言わせたんだろうな。

なんだか、しょうもない話で終わるのが恐縮なのだが、坂道の途中には、こんなものもあったのだった。
(01/08)

<友人達との初めての長崎旅行。学生のとき行ったことがあるにはあるのだが、よく分からぬままに帰ってきてしまったので、実質今回が初めて。思案橋の名店“桃若”に二晩続けて行ったりしたのが大変良い思い出なのだが、このとき、最終日に同行者達の都合により、小生だけ午後から長崎に独りぼっちになり、最後まで一緒にいた同行者から「坂に登ってみたら?」と言われて仰せのままに坂の探検をしたわけであった。徒歩で2時間ほど歩いたろうか。灼熱の、赤熱の太陽の下を。で、「3猫」といった名作が産まれたわけであります(大袈裟)。 実際、長崎は坂に住宅地がありまして、平らなところに繁華街やら商店街やらが密集しているのでありましょうなぁ。早くまた行きたい長崎。ヨーロッパに行くんだったら、その分3回長崎に行きたい。そして“西湖”でトンポーロー萬頭食いたい。>

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/74-0c1d3927