図らずも再びラーメンの話であります。
本日、近所の道の駅にあるラーメン店のラーメンの味を検証に。
なぜ検証なぞしなければならなかったのかというと、それはこういう訳なのだ。
先日(昨年末です)、職場の先輩にそのラーメン店のラーメンはどうかと訊かれ、
「結構良いですよ」と、秋に行ったときにバタバタと食べたことが1回あるだけなのに何となくそう答えてしまい、後日その先輩から「行ってみたけど…、今イチ。家庭的な味だった。」という感想を聞き、誠に申し訳なく思うと共に、ちゃんと味わってみようと思い立ち、世に名高いショットバー「Pocket」で吸うcigerを買いに行きがてら(結局は煙草店が休みで買えなかったが)道の駅に行ってみたのだった…。

さて、問題のラーメンであります。
こういう画像を載せると、ラーメンブロガー(ある意味凄い肩書きだ。過剰な表現であるとも云える)みたいで気恥ずかしいのだが。

mitinoeki.jpg

ダシは何で取っているとか麺がどうとか講釈を垂れるつもりは毛頭ない。
専門店として出すべきラーメンのレベルを持しているのか。
それが問題だ。

見た目は普通だ。
チャーシュー(ちゃんと味がして安心)は2枚乗っているが実に薄い。
厚さでいえば画用紙を3枚重ねたくらい。
メンマが細くて味があまりしない。
そしてスープ。
ダシが効いていない。
そこそこの味ではあるのだが、結局はそこそこ。
イートインコーナーであるのならばこの程度でよいのだろう。
しかしながら我が町のSML(スーパーモールラッキー)のイートインコーナーのラーメンはレベルが高いぞ。

しょっぱくて味が濃いのと、ダシが効いていて味が濃いのとは違う。
ダシが効いていないのは空虚。
やっぱり勧めてしまったことを後悔。
道の駅に寄ったついでに食べるのなら充分。
わざわざ食べに行くラーメンとしては不充分。

以上、検証終了であります。


今年の夏の目標。というか、実現したいことは、この道の駅に仕事帰りに寄り、
ビール飲んで帰ること。
そのためには、走って出勤しないとな。
そのためにも、早く雪に溶けてほしいものだのう。

コメント

まめでらがぁのラーメンですね。
拙者、そこの横手やきそばを食したことはありますが、ラーメンは未経験です。
ラーメンはそこそこ好きですが、チャーシューとやらが得意ではなく、ラーメン評論家にはなれません。
拙者「ラーメンで何が一番好き?」と聞かれたら、「メンマ!」と即答します。
なので、このラーメンにのっているメンマの様子を知るに、このラーメンは食さなくても良いということになりますね(笑)
貴重な情報ありがとうございました。
にあたると、ちょっと幸せな気分になりますよな。
メンマはおいしくするには手がかかるようで、そういうことをしっかりやっている店には好感がもてるわけですよな。

まぁあれですよ、家族で寄ったときに食べる、程度なら何にも問題ないわけで、そもそも食堂なんて出かけたときに食事をとる場所として生まれたわけで(多分)、滅茶苦茶おいしいことを望む必要もないわけです。
食べることを趣味として高めさせるとしたとき、やはり“美味しく”あるべきなのが前提でしょうから、味の良否が視点となるわけなんですな。

と、当たり前のことを分析しちまいましたが、早くも水曜日。
時の過ぎるのが早い…。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/60-8a09c506