前回に引き続きまして、ガスボンベの蓋、いきたいと思います。
の前に、どこに行って見つけたかについて少し述べます。
雄物川町には横手市中央図書館つうものがありまして、小生しょっちゅう通っているのでありますが、
そのそばにあるのが、<なおこそば>。
ホルモン中華をこよなく愛する。

これです。↓
naokosoba.jpg

柔らかく煮込まれたホルモンが昔ながらの中華そばの上に乗せられていて(今日は天麩羅も乗せてもらった)、実に旨い。
一緒に半ライスを頼んで、ライスの上にも乗せて食うとホルモンライス。
実に旨い。
図書館に行って本を借りて(今回は知らない作家のを5冊)、なおこそばやっているかなと前を通ったらやっていたのでUターンして北都銀行の駐車場に車を置いて徒歩3分。
その道中見つけたのがこれ、といよいよお披露目。

omono01.jpg

見た通り、スーパーの袋でぴっちりと包まれておりますガスボンベの上部が。
蓋というよりも、被いといった方がよいかとも思う。
ちなみに見た通り、世に名高い(小生はいつか崩壊すると思う)○EONグループの袋でありますな。
今のような車社会が変化し、かつてのようにバスや電車中心の世の中になってしまったとしたら、
郊外型の大型店舗には人が行かなくなり、寂れてしまうのがこのあと10年後というのは小生の持論。
何といっても車を駐めてから買いたいものに行き着くまで5分かかるというのはどういうことだ。
車で行かずともよいところに商店街があって、それぞれの店から必要なものを買うかつてのような世の中に戻ってほしいと切に願います。

omono02.jpg
そんなことを思いつつ隣家を見るとさらに発見。
これはベーシックに容器であります。
取っ手が付いているこの容器、多分漬け物が入って販売されていたものと思われます。
ハタハタ寿司とかかもしれぬ。
この手の蓋の欠点は、容器が軽いため、風に弱いというところですな。
そして隣のボンベには何ら蓋がなく、その差別化に何かしらの家人の意図があるのだろうかと思いつつ、なおこそばに向かったのでありました。

omono03.jpg

食後さらに発見したのがこれ。
発泡スチロールは軽量ではありますが、しっかりとひもで結わえ付けられております。
これならば大概の風にも敵うことでしょう(変な日本語)。
そして、何だかヘルメットみたいだなぁと思いつつ眺めていると顔が見えてきた!!

omono04.jpg

どうでしょうか。
軒下の擬人化。随分とひさしぶりな気がいたします。
ちょっと豊かな気分で探訪&昼食を終えた本日の昼下がりなのであった。
めでたしめでたし。

コメント

ガスボンベの蓋・・・素晴らしい♪
目にすることはあっても、全然気にも留めなかった蓋。
こうやって見ると、実に楽しいものですね~。
最後の写真は顔に見えてしまうという優れもの!!ぶはははっ おかしい・・・
こういう視点 私も持ちたいものです!

ホルモン中華・・・美味しそうです( ̄¬ ̄*)
ホル中、というと、何だかホルモン中毒の略みたいでありますが、
それが可笑しくないくらい、はまってしまうおいしさです。

実はnadesuさんちでも蓋してたりしません?
何かやっていそうな感じが…。
もしやっていたら撮影&投稿宜しく頼んます。

ものの見方というのは人によってそれぞれですよな。
「こう見よう」と思っていれば見えたりするものですが、
多分にも思いこみなどもありますから、まぁあれです、適当です。

箱根駅伝を見て、選手の体重を見て、仰天。
小生もそこまでとはいいませんが、かなり落とせるのではないかと、
取り敢えず家で酒を飲むのを辞めてみようかと画策中。
できるかな。
初めてお邪魔します。
管理人さんの視点がやたらウケます。

我が家にもガスボンベあるんですが・・・
普通外にありますよね。
我が家は、外のみんじゃ(もう一つの台所)にあり、ほぼ家の中にあるんですよ。
危険ですよね。

我が家のガスボンベは、親父の作業用の帽子やら、時には作業ズボンやら、いろんな物がぶら下がっていますよ。

いつか写真に撮りますね。
どうも、初めまして。今後とも宜しくどうぞ~。

さて、ガスボンベの件ですが、家の中にあるとは驚きであります。
それにしても、“外のみんじゃ”って凄いです。
それは農作物処理用の場所であるのでしょうか。
まずは画像をお待ちしております。
久しぶりの投稿に胸躍るであります。いただく前から…。
ただ、屋外にないと軒下ではないのですよな残念ながら。
でも、目を瞑りましょう。って何様のつもりだ。
あ、いゃ、悪い意味じゃありませんから。

擬人化したボンベのリボンに
釣られたヤツです(わっはっはっ
(そんな大笑い?)
擬人化に思いが及んだのは、その場ではなかったのです。
帰ってきて、早速アップしようと張り切ってPCに向かっていたときにふと思ったわけであります。
山の写真が人の顔みたいに見えたりすることってないですか?
ないでしょうね…。

やっぱり冬は冬でして、着実に雪が積もっていきます。
今日は庭木の囲いの上の雪を決死の覚悟で降ろさないとなりません。
トホホ。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/57-88c0a907