もしかしたら,既出(ガイシュツと読むネタがかつて2chであったなぁ…と遠い目)か
もしれぬのだが,
再掲載と思って許しておくんなさい。

2017isitani01.jpg

世に名高い横手焼きそばの麺を生産している,製麺屋であります。
貸し出しをしているのであろうか,
それとも,自社の出前営業で使用するのであろうか,
立派な,年季の入った鉄板が,
軒下に置かれておるのです。
こういう,非日常性のある状況こそが,
軒下道の真髄です。(←偉そう)

2017isitani02.jpg

一般に,薄い鉄板は加熱したり冷やしたりしていると
どんどん捻れていくといわれておりますが,
分厚い鉄板だと,そういうこともあるまい。
また,材料を展開しても,簡単に温度が下がらず,
上手に焼きそばを制作することができるのでありましょう。

横手焼きそば。

家ではまぁ滅多に作りませんな。
遠い親戚が営んでいる焼きそば屋というか,喫茶店というか,
そういうところに行ってたまに食べるくらい。
その店,量が尋常でない。
「中」サイズですら,食っても食っても減らない,
まるで泉のように焼きそばが湧きいずるような皿でありますよ。

しかしまぁ,観光で横手を訪れたならば,
居酒屋とかでも普通に提供しておるので,
召し上がってみるとよいでありましょう。












コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/563-9ef83518