<前回のまでの放浪>
久しぶりに集った居酒屋放浪メンバー(“酒場放浪”ではないのだ!!)の我々は,
1軒目の「河童の川太郎」を大いに満喫し,次の店に向かって放浪するのであった。



というわけで,滅多にメンバーが訪れないこの地を案内するつもりで
あちらこちらと巡って歩くも,
店を見るたびにK嬢が「行きたい行きたい」と言うもので,
あまり店のことは喋らないように心がけ,
次の店,「17」を目指す。

近年,湯沢市サンロードにオープンした,気鋭の店でありますが,
実のところ,居酒屋ではなくて,お洒落な蒸し物屋 という感じ。
焼売が売り,の店です。

外には,「湯沢しゃぶ」という幟が何本も翻っておる。
「しゃぶ」といったら…,シャブでしょう…。


幸い,席は結構空いていて,すぐに座れました。
店主がお洒落。

で,メニューを見たK嬢にすかさず激しく突っ込まれる。

「シュウマイ,1種類しかないじゃん!!」

全く反論できず,それを一つと肉の蒸し物やらを注文。
あと,赤ワインを1本(4人ですぐに飲み干した)。

2017yuzawahoro14.jpg

「ワインにはあまり合わないと思いますが…」と店主が持ってきた
漬け物盛り合わせ。
つまみながら,確かに合わないと一同うなずき合う。
特に,黄色みを帯びた大根は特に合わない。
「ミスマッチ」という言葉があるが,あれは「合わない感」を楽しむものであり,
明らかに合わないものは,なんというか,楽しめないものだと
当たり前のことながら実感だ。

2017yuzawahoro15.jpg

そして,これが問題の幟だ。
赤い旗が見えますね?
コミュニズムとは関係ないです。
赤地に白抜きといったら中華料理屋かラーメン屋かといった感がありますが,
これは,とにかく目立たせたい,と。
そういう意図でありましょう。

で,何の話かというと,どこに行っても幟だらけで,
林立しすぎていると,全てが,お互いを消し合い,
大切なものが伝わってこなくなる,と。
あと,品がないとも言えますな。
特に,こういったお洒落なお店なら尚更だ。

敢えて,このような取り組みをしておるのかも知れぬが,
「周知」という目的を考えたとき,当たり前すぎる行為は,
いかがなもんでしょうね,ということを話したんだったなきっと。

2017yuzawahoro16.jpg

豚ロース肉とバラ肉の蒸し物です。
コルクのお盆が秀逸。
あと,蒸籠の中に敷かれたキャベツが旨い。
高温の蒸気で(といっても100℃くらいでしょうけど)一気に蒸し上げるのだろうな。

つけだれは,フツーにポン酢とごまだれです。

2017yuzawahoro17.jpg

これが!! 唯一あった焼売だ!!
トマトとモッツァレラチーズの入ったという,変わり種だ。

結構旨かったのだこれが。
奇を衒ったものというのは,「うん…,まぁ…」という反応を
生み出してしまうものだが,これは,成功例ですな。
ちゃんと,ワインに合う食べ物です。



この後,K嬢が仕事で新潟に行って,さらに,別の機会に
K君といっしょに村上市に行った話になり,
その後,住宅メーカーのモデルハウスを見に行きながら八戸で飲んだ話となり,
今回最大の盛り上がりを見せる。
福岡以来だな。

要点を申しますと,
・前に八戸に行ったときに,入りたかったのだけど,ちょっと怖くて入れなかった店があった。
・店の名前は,平仮名3文字で,おそらく,女将さんの名前だ。
・住宅メーカーの営業マンというかウーマンが店を予約してくれていた。
・店に入ったら,店主(60~70歳くらいの女性というか女傑だな)が,
 営業ウーマン(たぶんのその日初対面)に「お~い,花子(勝手に名前付けたらしい),
 ビール持っちこい!!!!」と既に店員扱いする女将さんに驚愕した。
・K嬢の,もの真似が凄い(八戸弁と福島弁と茨城弁のミックスに聞こえる)
・「豆腐を食いたい」と言ったら女将さんが魚屋に電話して持ってこさせた。
・女将さんは,仙台に彼氏がいるらしい。それも20歳くらい下の。
 月イチで彼氏のところに行っていたらしいが,先日,部屋に行ったら他の女性がいた。
・とにかく凄かった。

とのことで,ここからK嬢は店を出てからもずっと八戸弁で,
我々を閉口させたのであった…。


ふだんこういう所に来慣れていない我々は,
そろそろ行くべぇかとお会計を済ませて,次に向かう。
焼売を少ししか食べられなかったから,
さっき覗いた餃子居酒屋に行ってみようかと前進。

2017yuzawahoro18.jpg

こういううら悲しいアーケードでがんばっている店なのだ。
がんばっている店には,ちゃんと人は来ますな。
でも,赤い幟は,どうでしょう。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/539-2b8a0123