gomi2.jpg
小生、学生時代は東京で過ごした。
一人暮らしにあこがれていたが、寮に入っていた方が金がかからなそうだとわかり、寮にはいることに。
1年生の頃は暗黒時代で(彼女がいなくて)クリスマスイブの日などは他の部屋から廊下を通して響く嬌声を耳にして、「神も仏もないものか・・・」をつぶやきつつやることもなく9時頃に寝たものである。今思い出してみても、なんとかわいそうなあのころの自分!
今でこそクリスマスに何の価値観も抱くことはないが、あのころは最重要問題だったわけですよ!どん! 
寮といえば(個室です)、部屋を汚くしているものが大勢いるものである。一発奮起して掃除をすると出るわ出るわゴミ袋が廊下に数え切れぬほど並ぶものでありました。

そんなことを思い出したのが、会社にほど近い木工製作所(?)の軒下。このゴミ袋の中は木屑でしょうが、燃やすのは他の場所かなあ?

それよりも、寮では、今でも忘れられぬ強烈な体験があったことを今思い出した。
そのころ小生は寮長となっていた。特に仕事をしない寮長であった。
寮生から、「補食室(自炊する場所)からよく食べ物がなくなる」という苦情が相次いだ。
「猫とかじゃないのーー?」
とのほほんとしていたのだが、ある日、風雲急を告げる。
「プレハブ(寮生の会議をしたり、卓球をしたりする)に怪しい人影がある」
という通報に、他の寮生と駆けつけると、窓から人が飛び出して行くではないか。
すっかりびびった小生は、警察に連絡してパトカーを呼び、おまわりさんに(ちょっと苦手)その男を捕まえてもらった。
すると、その男は1ヶ月前に寮から出ていったHではないか。大学をやめ、寮からも出ざろうえなくなり、放浪しているという噂は伝わってきていた。しかし、まさか、こんなそばに潜んでしかも盗みを働いてひもじさから逃れていたとは・・・。
その後、プレハブの物陰に毛布やら食べ物のゴミやらが散乱しているのが見つかった。寮生として引き続きこっそり暮らしていたわけだ。なんだかとても寂しい気持ちになる事件であった。あまり人に言う気にもなれなかったことを思い出す。 (98/9/15) 

monpet.jpg
「モンペット・クワ」
何なの、「モンペット・クワ」って!? 
びっくりしちゃうよ私には。
前にはってある看板は、宣伝ではなく、金を払わずに野菜を持っていく輩に対する警告文。
主語が、「私(野菜)」となっており、その辺の注釈をつけるあたりに、「野菜さんがおこっているんだよー」という主張を感じる。
それにしても何なんだー、「モンペット・クワ」って!?気になるー!
ところでこれは、ミニ軒下だな。 (98/7/28) 

yasai.jpg

yasai2.jpg
「新鮮でおいしい」
こういうのは、概して看板に書いてある言葉が笑えるものだ。
たいてい思いつきで、その場で書くから。
あと、一個じゃなくて、一袋でしょうね。  (98/9/6) 

marutake.jpg
「昔のラーメン屋」
小生の住む十文字町は、昔から二つの麺製造業者がしのぎを削るラーメンの町である。訴訟まで起きている。どっちが元祖かで。
ラーメン屋では「丸玉」、「三角」、「丸竹」という3店が、御三家といったところか。「佐々木食堂」も捨てがたい。
十文字ラーメンの特徴は、かん水薄目、ごく細縮れ麺。人によっては、「とろとろしてるラーメン(のびてるということ?)」というが、超あっさりスープによく合うらしく、他市町村のみならず、他県からも食べに来る人がいる。
こんなの宣伝してもしょうがないのだが、この軒下は、上記「丸竹」のかつて営業していた方の軒下なのだ。
新しい店に行ってから10年にもなるだろうか。こんな中途半端なところにわざわざコーラのケースを置いて、どうするつもりだったのだろうか。さらに、その上のものは何?気になる---! (98/9/26)

<ラーメン屋の話での“佐々木食堂”は残念ながら閉店してしまったのである。子どもの頃から食べ慣れた中華そば、唯一出前が取れる近所の食堂であったのだが、事情があるのだから仕方がないです。なくなった飲食店といえば、たくさんあるのだが、今年ショックだったのが“いこい”という店が閉店してしまったのが、我々唐草保存会としては大打撃だったのだ。なんといっても忘年会をする場所がなくなってしまったのだ。トホホ。そんなわけで、いつもの30日は家にいます。>

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/53-423b8dd8