只者ではない。
本石亭のマスター,只者ではない。

そもそもこの店も,雑誌で知り,穴が開くほど眺め(穴は開いていない),
もう,頭の中に幻想となって…
というほどの憧れのお店でありましたよ。

ここです。
神田駅から少し歩く。
分かりにくい曲がり角からの小路にある。

2017hongokutei01.jpg

ここ,「本石町」という地名なのだ。
本石小学校という学校もある。
都心の学校は,凄いな。
都心に住んでいるというだけで頭が下がります(何にだ)。

で,勇んで店に入ると誰もおらぬ。
客が。
マスターが,カウンターでビールを飲んでおる。
しかも瓶ビール。
渋い。
で,着席して,特に迷いもせずにジントニックを注文。
ジントニックと共に出てきたお通しは,
さすがチャージ料があるだけに,立派な海老でありました。
で,半分くらいジントニックを飲んだところで,
いつも早く売り切れてしまうらしいキーマカレーはあるかどうかを確認し,
キーマカレーを注文だ。

そこからがなかなかでした。
もともと銀座でバーを営んでいたというマスターが,
カレーの調理に取りかかる。

なかなか① カレーを温めるための鍋をかき混ぜるのが高速。

なかなか② ご飯を皿に盛りつけるときにしゃもじでペタペタとならすのが
      丁寧。というか,かなり時間をかける。

そんなこんなでワクワクしながら待っていたキーマカレーはこちらだ。

2017hongokutei02.jpg
チャージ料とジントニックとキーマカレーで2,100円くらい

この直前まで,飲み会に参加していたため(上野探索の皆さんとの),
軽く酩酊状態であったかも知れぬ。
が,素面であったとしても,だ。
この盛りつけこの外見は美しすぎる。
食べるのが勿体ないくらいでありました。
(写真で,改めてみてみるとそうでもない…)
が,ガツガツ食いました。
キャベツの添え物は,インド風ジャパニーズカレーには必須ですな。
小生もよく作る。
最近は,シャキシャキ感は重視せず,むしろねっとりとした茹で具合にしております。
どうでもよいですな。

大変美味しくいただき,
マスターに変に話しかけて無反応だったらなと思って
小生は黙っておったのだが,
お会計時にマスターに「神田にお泊まり?」と訊かれ,
そうですと答え,そこからついつい堰を切ったように話しかけ,
そしたら,「ガタイがいいから自衛隊の人かと思った」と言われ,
それはそれで面白かったのだが,
カレーの話には言及できず,ちょっと残念。
でもでも,なかなかのオーラだ本石亭のマスター。
また行けるかな。



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/512-cfa3c076