2017thekali01.jpg

一番乗りでした。
異常なまでのやる気。
だって,この店に来るためだけに上京したようなものだ(例え話)。
そして,開店前に待つ。

2017thekali02.jpg

このお水は何だろうと思いながら,待つ。
さっきは,バケツがあったのに。

2017thekali03.jpg

自分しかいないのに異様な緊張感。
開店数分前に,お婆さんが小生の後ろに。
そして,スーツの人も数人。
と,開店でございます。

一番乗りに入って奥の席を指示され座って
すかさず「ビーフ」と注文。
ついでに,言う必要もなかったらしいのだが,
「ポテトでお願いします」
と口走る。
付け合わせのことです。
キャベツにして欲しいときだけ,申告するらしい。
だれもポテトなんて言ってなかったよ。

持ち帰り専用の窓がある。
結構ヒトが訪れるよ。

で,じーっと観察しておると,
ご飯盛りつけ担当の女の人がご飯を盛って
店主がカレーをかける,と。
それだけのことです。
が,カレーは,前の日,昼過ぎの営業終了と同時に
作り始めるのでありましょう。
一晩おかないと,カレーは旨くなりません,とここに断言。
スパイスを多用するカレーは特に。

2017thekali04.jpg
ビーフ(辛口) 910円

遂に,
遂にこの日がやってきたのだよ。
憧れ続けて2年半くらい。
このカレー目指して何度も作っています(練習)。
で,いただきますと,辛さが,何というか,
頭に抜けていくようで,
それでいて爽やかで,
でも,まず頭から発汗し,
そのあと,涙が出てきました。

これは,感動のあまりか?
辛すぎてか?

いろいろ考えつつ,一気に食べ上げた。
ジャガイモの付け合わせは,インド料理でいうところの
サブジ,或いはポリヤルか。
舌を休めるには格好の存在だ。

お会計して出ようとしたら,ドアの横に蜜柑の箱が置いておる。
「ご自由にどうぞ」
的に描かれていたが,
一瞥して出てきてしまった。

だって,そのあと,もう1回昼飯を食わねばならなかったからだ。
学生のときにアルバイトでお世話になったクマさんだ。
アルバイト学生をつかって,子ども達をキャンプに連れて行くという
パッケージツアーを仕切っていたヒトだ。
N旅行というかPJという会社の人で,
久しぶりに新橋なので新橋で昼飯でもと誘い,
待ち合わせ場所で,今の勤務先は浜松町だと聞き,
わざわざ済みませんと謝りつつ,ランチの場所の候補3店から
早めに入れそうだったのが宇和島料理の店でありました。
既出(ガイシュツと言うのがかつて流行ったな)の,
店先に何故かビニル袋のかけられたバケツのあるとこですな。

2017shinbashiuwajima.jpg

こんなに豪華でしたよ,ランチ。
先ほどカレーを食べていたのは内緒でしたが,
ご飯は普通盛りでおかわりもせず,
こんなに豪華なおかずなのにご飯をちょびちょびと食べ,
最終的に,ダシ醤油につけられた鯛の刺身を
汁ごとご飯にかけ(最初からやりたかった),
むしゃむしゃ食いましたが,旨かった…(遠い目)。
空腹でなくてもこれほど旨いのだから…,とやや残念。

その後,ビルの地下に連れて行ってもらい,
飲食店ばかりなのだが,その中に
「カレーは飲み物」
というカウンターだけの,非常にオープンなカレー屋があり,
おぉすごい,と感心して,お別れしました。
クマさんとのことが結構長くなってしまった。
今度は酒でも飲まないと。
というか,飲むのは酒しかないが。




あぁそれにしても昨日の建国記念日が土曜日に重なるなんて,
なんだか損した気分であることよ。



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/510-99bf6919