タイトルの割に大したことのない内容であることをお詫びいたします。
自転車のスタンドの下に発泡スチロールが置かれているだけなのです。

2017uenositawo01.jpg

これをどう見るか。
軒下探検家としましては,
「大いなる工夫」
と見るのだが,それはやはりいささか大袈裟で,
どうということもないのだが,
そこにある生活感というものが,
家人の意識無意識を問わず,
当然ながら人からどう見られているかなんて決して意識しないであろう,
自転車をキチンと停めておくためだけになされた
この発泡スチロールを挟むという工夫に
うっすらとした敬意を表したいのだよ。

2017uenositawo02.jpg

もう,正に,収納場所たる軒下の純然たる物件なのだ。
他にも突っ込みどころ満載なのでありますが,
やはりこのスタンド下の発泡スチロールに尽きる。

網戸はどこから外してきたのかな。

2017uenositawo03.jpg

場所は変わりまして,郵便受けの下です。
円い筒の中に軍手が押し込まれておる。
これも,収納の一つ。
軒下の利活用ですな。
郵便受けに貼り付けられている意匠は何かな。
ホルンかな。
鍵がついているというところが,都会っぽい。
初めて見たかも知れない。
鍵をなくさぬように注意,だ。


そういえば,皆で歩いていてのエピソードなのだが,
「洋風居酒屋 ビストロ」(だったような気がする)という店を見つけた。
飲食店ですね。
ビストロ,というのは飲食店の形態の一つなのではなかろうか。
ビストロ,というのが店名なのはどうなのだろうか。
ビストロ,になりたい憧れなのだろうか。
ビストロ,を目指しているのだろうか。

そこからちょっと歩いて,「ビストロ ○○○」というような飲食店の看板を見つけ,
いろいろと思いを巡らせたのであった…。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/508-5760aa39