まぁあああ,こういうのは滅多にありませんな。

2016ship.jpg

世に名高い,仙台は国分町であります。
ど真ん中に,この店は,あった。
いえ,行った訳ではないのだ。
この時は,全く別の,寿司屋に入り,その後,
定善寺通り沿いのオシャレーなカフェ風の店で飲んだものの
料理がなかなか出てこなくて(確かに混んでいた),
飲物を追加する気にもならず,
さっさと食い上げて店を出て,
仕上げにここに行こうと決めていたショットバーに行ったろかと行ったところ,
席が空いておらず,諦めて帰った,ということがありました,
それはそうと,こういう盛大な飾り付けをする店は,
大したもんだと思う次第。

「上の家」。
小生はよく「上の空」になりますな。
あと,「渡りに船」という言葉がありますが。
船というものは,何だか縁起のよい感じがするもので,
こうやって飾っておけば千客万来といったところでありましょう。

それにしても,小生は,仙台の牛タン焼きが好きだ。
前にも記したことがあるが,
焼き肉屋の牛タンはもの足りぬ。
生,だからですね。
仙台の牛タンは,いつの頃からか,カットした後,
味付けをして,熟成させるようなのだ。
それがあの,独特の美味しさにつながるのか知らんと,
また早く食べに行きたいと思う所存であります。
近くに「利休」とかできぬものかな,と思います。
できないか。





次回の軒下は( ´∀`)/ 商店の軒下 軒下に瓶!?

コメント

国分町、もう長い事行ってません^^;
で、行けばお目当てのお店に一目散。
なかなか軒下には目がいかないものです。
でも、この光景は面白い!

地震が来ても、落下したりしないですよね!?
そっちが心配ですーー^^;

牛たんは私も大好き♪
焼き肉屋さんのは薄っぺらで・・
やっぱり分厚い牛タンじゃないと・・・ね。
この「上の家」,何となく興味が生じ(変な言い回しですが)
検索してみたところ,テーブルの上で魚介類を
焼きながら食える,という店でありました。
ま,あんまり食指が動かされるような
魅力的な店ではないですが,
この軒下は魅力的です。

東北一の繁華街は,いろんな人がいますな。
深夜,ホスト風の集団がいて,
先輩が後輩を(多分)ひっぱたいているのを見たことがありました。
悲喜交々ですな。

あぁ牛タン食いたい。
宮崎には牛タンの串焼きの美味しい店があります。
いつも満員です。
それって、文字通り串に刺さっているのですよな!!
ボリュームありそうです。
そして、宮崎は我が同級生、池袋くんの出身地であります。
九州の中でまだ行っていないのは大分と宮崎だけです!!
生きているうちに一度は行きますよ。
そして、牛タン串焼き見ます。
(食べる自信ない)
味付けは多分塩のみ。炭火焼きです。
この店、牛タンの串焼きと鶏のモモ焼きと甘煮と湯豆腐しかメニューにありませんが、どれも逸品です。
pontaさん,おはようございます。

鳥モモの甘煮,というのが,ノスタルジック。
泣かせますねぇ!!

ますます宮崎に行きたいですよ。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/448-6c40f2d6