でかいタイフーンが迫ってきております。
今いちばんやらねばと思っていることは,
家の周りの飛びそうなものを片付けておくこと,ですな。
どんどこい,タイフーン。

さて,我が町内のいつも盛大に行われる納涼祭りの準備のため,
行ったり来たりをしているときに見つけたのだ,
会場のすぐ裏手にあるアパート前で。

2016umebosi01.jpg

これは,梅ですよな。
確証がもてないのは,
梅というものを見慣れていないからである。
本来,青緑色のものが,
ホントにこういう色に変わるのかと,
よく分からんからです。

2016umebosi02.jpg

どういう製造過程にあるのかがよく分からん。
あの酸味は味付けというよりも,
梅自身がもつ梅由来の味と思われ,
塩気は,塩ですよな。
どのタイミングで種を抜くのか。
いや,種は抜かれていないよな梅干し。
だとしたらこれは何だ。
どう見ても種が抜かれているではないか。
いや,抜かれていないか?
萎んでぺちゃんこになっているからそう見えるだけか?

とにかく,知らない,というのは苦しいことであります。
とにかく,これは,梅だ。梅干しだ。
そういう確証を自分に押しつけて,よしとしたい。


それにしてもどんなタイフーンが来るのかな。
ドキドキします。






次回の軒下は( ´∀`)/ 自分カレー部 某喫茶店のサマリンダカレーとほぐし牛肉のカレー

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/445-d8afa592