ちんまりしたものは良いですな。
物足りなさがあるかも知れぬが,品がある。
全角文字と半角文字のようなものだ(なんのこっちゃ)。

おそらく暖房機の排気口であろうものを囲うカバー。
これってじつは重要。
もちろん,カバーの存在が,だ。

2016yuzawahaikiko01.jpg

カバーがあるお陰で,こぢんまりとしてはいるものの,
雪で排気口が塞がることを阻止しようと。
そういう存在だ。

2016yuzawahaikiko02.jpg

でも,この大きさは,ちょこっともの足りぬ。
一夜の雪で,埋もれてしまう恐れもある。
人力は,必要ですな。

ただ,地面との高低差が結構ありますからな。
何とかなるでしょう。

それよりも!!
材質に目がいっておらなかった。
この腐食っぷりには感服です。
感服の至りだ。
金属ならではの質感!!
と,朝から興奮することもないのだが,
大したものです。

2016yuzawahaikiko03.jpg

おまけというか何というか。
手前に写りこんでいた支柱と針金(と釘)。
この針金の必要性がどの程度あるのか,というところが
目を付けるべきところであります。
軽く雑に設置されているが,設置当初は崇高な理念のもと,
適切に結ばれていたであろうことが伺える(伺えないか)。



ちなみにこの場所,世に名高い「Bar Pocket」の裏手であります。
今日,飲みに行けそうだ。
楽しみなのだ。イヒヒ。




次回予告( ´∀`)/ 民家の軒下 保温性バッチリのペット籠か(しかしなぜ外に)

コメント

おはようございます。
ご訪問ありがとうございます。
何か楽しそうな「探検隊」なので、ついつい1ページ分読んでしまいました。
よろしければ、またぜひ遊びにいらして下さい!
コメントしてくださったことに感謝致します。
大したことのない記事ばかりですが,
小生は密かに興奮しているのです。
今後ともどうぞよろしく。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/419-bbbe2620