小生としましてはむしろ苔むした植木鉢風岩石の方が気になるのではあるが,
今回の主となるのはヒョウタンなのである。

ヒョウタンといえば,古来,液体を持ち歩くのに使われてきたのであるが,
今となってはほとんど民芸品の一つでしかなくなってしまった,ように思う。

2016narukohyoutan01.jpg

そういえばと思い出したのが,ジャッキーチェン主演の「酔拳」で,
ジャッキーチェンは腰からヒョウタンをぶら下げて,
それを飲みながら敵と戦ったいてのではあるまいか。

2016narukohyoutan02.jpg

ヒョウタンはこのくびれがあるからこそ,だ。
くびれがなければただの瓜です。
一回すぼまり,また広がるあたりがまた,なんとも,得も言われぬ感じであることよ。

「瓢箪から駒」ということわざ(っつーか慣用句か?)がありますが,
これは,正確には「瓢箪から駒が出る」と言うようですが,
小生,ヒョウタンからサイコロでも出てくるのかと思っていたのであるが,
駒って,馬のことなんですな。
そういう思いがけないことは,世の中にありすぎる…。
最近読んだ東直巳の「ススキノ探偵シリーズ」では,
男だと思っていた犯人が実は女が男装していたものだったという!!!
(読む人はおるまいと思って結末を言っちゃう)
ヒョウタンのことわざはあまりあてはまらぬが,
思いがけないことは,あまりに多い。
これって,「そうではあるまい」という人の思いこみも
多大なる要因となっているに違いはないのだが,
ニュアンスとしては,「わらしべ長者」という成功譚に近いものは
あるのではないかと思っております。




次回予告( ´∀`)/ 商店の軒下 猫用ボウル(鳴子で見付けたよ篇)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/414-4d59c7e5