凍み大根は,一晩で仕上げるものだ。

先日の近所のみなさんとの花見で,幼なじみのお母様に聞いたのだ。
一気に凍らせて,水分を抜くと,良いものができる。
まさにその煮物が,そのお母様の作って持ってきてくれた料理の中に
あったのだよ。

2016simidaikon201.jpg

意外なところに凍み大根を見付けた。
といっても,かなり前の話ですけど。

なんと,こんなところにあったとは。
たまに通る道沿いであったよ。

2016simidaikon202.jpg

この分量に,やる気を感じるではないか。
処理が丁寧である。
が,結構長い間,干さっていたのだ。
一晩完結ではない。


うららかな春の日に,また,別のところで見付けてしまったのだ。
これはもう,凍らせて乾燥させる,というよりも,
発酵させているに近い。
なぜって,近寄ったら,そういう発酵臭がしたのだよ。

2016simidaikon203.jpg

毎日の通勤経路沿いにあったのだそれは。

2016simidaikon204.jpg

結構よい感じで干せていますが,でも,水っぽい。
しなび感が干せているように見せてしまうのだな。

2016simidaikon205.jpg

なんというか,外に漬け物を吊している感じになってしまっていたのだ。
それにしても,うららかな春の日であった。

そばにある,「阿部旅館」というところに泊まってみたい。
素泊まり4000円くらいではないかとタカをくくっている。
飲み会の帰りに,どうか。


そういえば,と,羽後町の「かゆ餅(だったっけ?)」を思い出した。
あれも,さっさと完成させないといけませんな。
フリーズドライ製法です。
まだ,現物を見たことないけど。


次回予告( ´∀`)/ 自分カレー部 喫茶店だと思っていた「リブ」は、レストランだったのだ

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/405-ce37db3a