ずっと,願っていたのだ。
クリフサイド倶楽部のKさんが作るスペアリブを食すことを。

Kさんは,オーナーであるから,店では比較的自由な立場におられるが,
スタッフの休みの関係か,自らの腕を鈍らせないためか,
毎週水曜日に厨房にはいることにしているそうだ。
その日には,Kさん特製(いい響きだ)のスペアリブが食べられますよ,
とのことで,水曜日をねらって宴会を設定し,
行ってきた訳だ。

2015clif lib

まずは,柔らかさが大切だ。
BBQにおけるスペアリブは,歯ごたえがあって然るべきだが,
屋内でのスペアリブ(変な言い回しだ)は,柔らかい方がよい。
圧力鍋で柔らかくし,味付けしたそうだ。
甘辛さ+スパイス感。
おそらく,小生が思いもつかないようなスパイス,或いはシーズニングを
施しているのであろう。
Kさんになんぼか訊いたけど,よく分からなかった。
もう,家庭料理ではほぼ不可能な味付けだ。
プロの味付けだ。
旨すぎて,参りました。


「週末の気が重い行事」を乗りこえ,今はルンルン気分で暮らしています。
習字を習いに行こうと考えています。
来月から行こうかと思いましたら,あまりにいろいろありまして,
再来月から行けるであろうか。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/365-bd69bf6b