それにしても…,と思うのは,
「なぜブルーシートはブルーなの?」
ということである。

2015blue01.jpg

工事現場に欠かせない,ブルーシート。
お花見でも活躍するブルーシート。
敷くか覆うか。
工事現場で「敷く」ということはほぼ,あるまい。
おおよそが「覆う」ために使われていると思われます。

ちなみにここんち,1階部分だけを抜いて改修し,
そのまま改築が終わってしまったという家。
驚いた。

2015blue02.jpg

ごくまれに,「オレンジシート」を見ることもあります。
でもそれはなんだか緊張感がなく,
シートにしてみれば,「何だか居心地が悪い」という思いに
とらわれているに違いないのだ。

ブルーシートは,結構劣化が激しい。
光に弱い気がする。
長い間,光を浴びていると,ボロボロになってしまう。
知ってます?
ブルーシートの材質は勿論,石油由来のものと思われますが,
細い繊維を編んで作っておるとですよ(なんとなく長崎弁)。


はぁああああぁああ…。
週末,気が重い用事がありまして,
気が重いです。
週明けには,もう,スッキリして,明るい社会生活をおくることができるように
なるのではないかと思われます。
今年の秋は,今んとこ,チクノウにもなっておりませんし,健康そのものです。
(心は健康じゃないけど)
仕事の忙しさにかまけて軒下をやっていないなんて,
言い訳にもならぬので,この項を更新した訳です。

ではみなさま,ごきげんよう。



次回予告( ´∀`)/ よしなし事 「クリフサイド倶楽部」で遂に食いましたスペアリブ

コメント

『青色が選ばれた理由は、「空や海の色に近い」「青色の顔料が一番安かった」
など色々ありますが、「さわやかな色」というのが一番の理由のようです』
と、確か読売新聞か?に、あった様に記憶します。

これらの理由の中でも、私は「青色の顔料が一番安かった」が、大きな理由だと思います。
ポリバケツの多くが青いのも、顔料が安いからと聞いた気がします。

オレンジ色は、稀に農家等で見かけたりしますが、ブルーシートを使っている農家も
①青い製品が安い(たぶん)
②手に入れやすい から多いですよね^^
ブルーシートには全く関係ないのですが,
わたしの好きな色は,青です。蒼というより,碧というより,
水色っぽい青です。
もので云えば,会津若松の郵便局の送水口のまわりに付いていた
滑り止めラバーの青です。
グーグルビューで見られるかも知れせん。

ブルーシートを扱った,新聞記事があったとは,
その記者を誉めてやりたいですな。
目の付け所がいいぞ!! と。
色に関する問題としては,拙サイトでもかつて度々扱った,
「退色」に関する問題があります。
特に,赤が退色しやすい,という話です。
実に興味深いです。
光の力を,思わず意識してしまいます。

いずれにせよ,工場で大量に生産することを考えると,
安く,単一のものを,というところに落ち着くのでしょうな。

そういえば,職場では,「グリーンシート」も使っています。
よく考えると,ちょっとレア。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/364-f36ba555