珍しく,ちょっと洗練された,生活感のない感じの軒下であります。
生活感があんまり感じられません。
普段,あまり,というか滅多に近寄らぬであろうところです。

2015himo01.jpg

軒下に紐とか棒とかがあると,おそらくものを干すためのものであろうと
予想できてしまうのですが,
これはちょっと雰囲気が違う…。

2015himo02.jpg

拡大して見るに,結び目に趣が感じられる。
適当感がない。
雪下ろしのときに命綱を結ぶためのものとも思われぬ。
(ちょっと思った)
いったい何だこれは。
皆目見当が付かぬ。

ちなみにこれを撮影したのは,「内蔵」で近年著しく有名になった
地区であります。
その商店街にはかき氷屋というかソフトクリーム屋があり,
友人が跡を継いで経営をしているのだが,
その雰囲気たるや,まったり感が生半可なものではない。
(「ぱねっす」という現代語がありますが,今度来るのは
「かねっす!!」であろう)


それにしても,いきなり!!秋が深まっております。
毛布かけて寝てます。
季節って,劇的に変わるものですな。
そして,身体の弱い小生は,だいたい,季節の変わり目に
体調不良というか,喉が痛くなり,元気がなくなります。

今週末は野外音楽イベントですので,燃え尽きてきたい所存であります。


次回予告( ´∀`)/ 民家の軒下 着物の陰干し

コメント

しっかりと紐が、固定されてますね~
紐だけなら、小窓の日覆い等も考えられますが・・・

それより、下の屋根のアルミ製?の横棒2本が、気になります!
上下2本の横棒に、雪国特有の意味がなければ、横断幕などの設置の為、必要なものでは?
おはようございます。
いつもご感想ありがとうございます。
紐の役目,全く分からん,です。

> それより、下の屋根のアルミ製?の横棒2本が、気になります!
> 上下2本の横棒に、雪国特有の意味がなければ、横断幕などの設置の為、必要なものでは?

これ,小生にとってあまりに当たり前のもので,何も考えなかったのでした。
この棒が何かというと,ズバリ,雪下ろしするときの滑り止めです。
或いは,雪が簡単に滑り落ちないようにするためのもの,ともいえるのです。
近年では,雪下ろしの労を嫌い,雪が滑り落ちるように建てた家も多いのですが,
大半の家の屋根にはこの横棒がついています。
小生の家にも,勿論です。
この棒に足をかけて,雪下ろしをするのです。
というか,雪下ろし開始時は雪の遥か下にあるんですけど。
雪下ろしの足場でしたか!
私には、紐よりも横棒の方が気になったのですが~
まったく触れておられなかったので・・・

積雪や雪下ろしに、まったく縁のない地域から、失礼しました^^;
見方というものは,いろいろあるものですな(しみじみ)。
ネットさんが,当たり前,と思っているものでも,
わたしには衝撃的なものがきっとあると思います。
面白いもの,見付けたら,教えてくだされ。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/358-5945aed5