鍵って自分で動けるのかな。
などということがある訳もなく,

http://nokishita08.blog50.fc2.com/blog-entry-345.html

で報告した,ドアの横に下げられた鍵が,なくなっていたのであります。
というか,別のところにあったのだ!!

2015keyless01.jpg

ご覧の通り,なくなっています。
ついに!! 常識的な行動をされるようになったのかママさん!!
と思ったのも一瞬のこと。

2015keyless02.jpg

あれれ。
あるではないか,鍵がこんなところに。

2015keyless03.jpg

片隅に,うち捨てられ(“うち”という接頭辞,好きだなぁ~)ていたのだ。
しんみりと,ちんまりと,置かれている。
置かれたとしたら,そこに置くまで手を離さなかったということだ。
丁寧で,鍵に対しての愛着が感じられます。
うち捨てられていたのだとしたら,ポイッと放り投げられ,
つまり,宙を移動したということになり,愛着は,感じられぬ。
まぁどちらでもよいのだが,はやく,この,Nブ子というスナックに
行ってみねばならぬのだ。

勿論,一人で。

入ったが最後,でられなくなるかも知れぬが,
そんときは,『そして神戸』を熱唱し,
その下手っぷりで店内の皆様の耳朶を破壊し,
すかさず逃げ出そうという算段だ。
(これほどに“算段”という言葉を上手に使えたためしがない)

こういう状況をネット上に上げるのは,防犯上いかがなものかと思いつつ,
我慢しきれずやってます。
おしかりの言葉は,甘んじて受け入れようではないか。

という訳で,次回,やっと食ったというか,予定が予定通りにならず,
それでは,と行ったカツカレーの話であります。

次回予告( ´∀`)/ 自分カレー部 「大森飯店」のカツカレーののち,恩師に出会う 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/347-b6549318