小生が「ガスボンベ道」に入ったのは、言わずと知れた(知れていない)
ガスボンベの腐食防止にと施された蓋からであったのだが、
近年、そればかりが腐食防止なのではないという状況に気付かされたのだ。

それはビニル(わざと伸ばさない)。

まずは白チームだ。

kurumaregasubonbe05.jpg

いわゆるビニル風呂敷で頭部を包みあげている。
レジ袋では(レジ袋でくるんでいる例もあります)心許ない。
ビニル風呂敷の方が強度はありそうだ。
しかも、白水玉。
ガスボンベの色合いに良く合います。

kurumaregasubonbe04.jpg

これは、頭部の腐食防止とは明らかに一線を画す。
周囲の保護。
いったい何の必要性が合ってのことでありましょう。
でも、ここんちのヒトにとっては必要だったんだなきっと。
ガスボンベへの愛(哀)であります。

そして青チーム。

kurumaregasubonbe02.jpg

気が付くと、同じガスボンベを撮影していたのだった。
しかし、印象が違う。

そうです、一度ほどいた痕がある。
ビニル紐の結びが違うでしょう?
こちらの方が新鮮なビニル。

kurumaregasubonbe01.jpg

これはもう、くたびれてしまっています。
小生も人生にくたびれてしまい、
「もう、人生の半分以上は生きたのかな…」と、
寂しく感じることもあったりするのだが、
今は前向き、イケイケドンドンゴーゴゴー!!といった感じです(何のこっちゃ)。

ガスボンベ頭部の腐食防止は、ものを乗せるタイプが多かったのでありますが、
(ポンプの蓋がとてもフィット)
このように、くるむタイプもあるのですよ。
と、誰に呼びかけているのかは分からぬが、自分では再確認。

auのWi-fiスポットの機器が無料でレンタルできることを知り、
さっそく申し込み、送られてきて、設置。
したものの、タブレット(サイズとしてはファブレット)や携帯ゲーム機(恥ずかしながら、ある…)を
つないで、でも特に生活に劇的な変化はなく、
ちょっと拍子抜け。
つながってて良かった!!!!と認識する日が来るのであろうか。
過度な期待であった…。


次回予告!!「ぐるぐる巻かれた」シリーズその2 シツガイキ

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/306-eafaba70