全国の軒下ファンの皆様、おはようございます。
ただいま私、悪戦苦闘しとります。
この文章、PCでなく、いわゆるタブレットで入力してるんですよぉおおお!!
キーボード画面に慣れず、関係ないところばかり触ってしまうんですなぁ。

ま、それはそうと、雪庇です。
読み方は「せっぴ」であります。
半濁点というものは、何だか可愛らしいものですな。

nuka.jpg

まず、この「糠ハウス」が何なのか、といいますと、
玄米を精米する、セルフ精米所というものが、
あちこちにあるわけなんです。
そこで、たまに、精米してその米をいただきますと、
大変美味しい訳なんですな。
「つきたてフレッシュ!!」という感じで。
(ホントのところはよくわからん)

で、その精米機に付随してあるのが、この
糠ハウス
なんですなぁ。
いわば副産物。
糠はいろいろと用途があるんでしょうけど、
我が家では「畑にまく」が主たる用途であります。

次に雪庇です。
これまでもいくつか、雪庇に関しまして扱ってきたわけですが、
一言で言えば「恐怖」であります。
その中途半端な固定感。
今すぐでないにしても、近い将来、確実に落ちるであろう。
ま、その大きさにもよるんですけどな。

さて、いよいよ春が近づいてきたでありますよ。
辛く長い冬があったからこそ春が嬉しいのだ。
でもな~、花粉症が始まったようで、それはそれで辛い…。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/302-0c7293aa