やいや(まこさん風)。
モノとコトは今んとこ、まだ見えていないのだ。
それよりも大変でした。
流行に遅れて乗っかるのが常の小生が、
それほど遅れずに乗っかってしまったインフルエンザB型!!
金曜日。何だか咳が出るなーと思った。
土曜日。とあるミスを取り繕うために朝早く出勤し、帰る車の途中悪寒を感じ、
病院へ行こうと決意。
いったん家に帰って朝食後にお医者様へ。
熱はそれほどなく、一応検査しようとのことで鼻水を採取し、
インフルエンザの検査をするも陰性。
で、帰って寝たら熱がぐんぐん上がる。
翌日も高熱のまま。
月曜日。朝は微熱だったが、10時くらいにやはり高熱になり慌ててお医者様へ。
再びインフルエンザの検査をし、すぐに反応が出て陽性。
目出度くインフルエンザB型罹患。

ここからが長かった…。
「イナビル」という、「キル・ビル」みたいな特効薬を口から吸入し、
おうちで大人しくしていても、待てど暮らせど熱は下がらず。
結局5日間、高熱が続いたのだ。
こんなにたくさん寝てたの、大人になってから初めてだった。
反省点は、特にないです。
仕方ない。

さて!!
本題に戻るぞ!!

JR御茶ノ水駅に降り立った我々は、取り敢えずお茶でもしようと
お茶をしたのは前回に印した通りなのでありますが、
その前に愉快なものを発見。

hongo-s01.jpg

お分かりだろうか。
はじめ、『イワンのばか』かと思ったのだ。
ロシア文学の。

hongo-s02.jpg

よく見ると、(いや、よく見なくても)「ワインのばか」なのだ。
シャレ系の(この「系」という言い方も嫌だが)コピーは、軽く虫酸が走るが、
「もじって」いる雰囲気のタイトルは嫌いではないのだ。
何だかよく分からないけど、いつか行かなければならない。
一杯飲むだけでも。
で、店主にインタビューしたい。

お茶した後、結構てくてくとビル街を歩き、橋を渡り、大きな通りを渡り、
古い住宅街に入っていくと…、いい感じだ。
古い古い文房具屋があった。
ショーウィンドーには鉄道の模型(詳しくないがおそらくNゲージ)が何点か飾られておる。
ジオラマ用の小物もあったような。

で、その商品その他を覗き込みながら一同でワイワイやって、歩き始めると視界の隅に何か。
何でしょうとよく見ると狸だ。

hongo-s03.jpg

頭にコルクが付いておる。
これは、やっぱり、抜かずばなるまい。
抜いてみようと爪に力を入れた。

hongo-s04.jpg

なんと...抜けませんでした。
いや、頑張れば抜けたのかのう。
中にはソースが入っていたのかもしれない(妄想)。

暫し歩くと、いや、この狸の前だったかもしれない。
いい感じの旅館を見つけた。
「○○館」だ。「館」が付くと、つげ義春先生の作品に出てくる旅館ぽいんだなぁ。

大いなる期待と共に周囲を探索すると、
窓から座布団が飛び出している。

hongo-s05.jpg

まぁあれですな。
陰干ししている訳なんだな。
人々のお尻の下で苦節一晩。
やっと解放され、のびのびと干されているわけだ。
関係ないが、今回の上京で、「ゴーゴーカレー」というチェーンカレー店を目にしたのだ。
我慢して行かなかったのだが、行けばよかったなぁあああああ!!
などと強く後悔するのも何だな。
今度上京したら必ず行くことその2。

hongo-s06.jpg

下から見るとまた乙なものです。
軒下はやはり、下から見てこそ軒下だ。
ヘリコプターや人工衛星から見下ろしても、軒下の価値は感じられぬ。
うむ、これが見えたコトだな。
納得だ。

話は変わりまして、ズンズンズンと進み、中略にて、樋口一葉にまつわる地域に近づき、
その、ガイド的な場所というか、掲示物があるところというか、
そういうところのそばというか、まぁ「そこ」です。
喫茶店の軒下に、こんな水槽が。

hongo-s07.jpg

いわゆる、戦時中の防火水槽です。
思い出します。
『はだしのゲン』で、原爆を投下された広島で、全身を灼かれ、
防火水槽に入ったまま息絶えた人の描写を。
それほどは大きくない。
が、表記に時代を感じる。

hongo-s08.jpg

右から「新城本町」と読める。最後の字は読めぬ。
「隊」?「會」?←あまりそうは見えぬ。
ジョージくんが「おそらくよそから持ってきたものでしょう」と話す。
小生もそう思います。

あぁ、今回、筆の(使ってないけど)ノリが著しく悪いのは、
インフルエンザB型の毒素に冒されているせいなんだ。
と、言い訳するヤツは人間のクズなんだ(灰谷先生談)。

次回何とかしないと。
今日からやっと出勤できるぞぉおおお。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/300-74662ef4