あぁ間もなく正月休みが終わるぅ~、と悶絶してしまう本日であります。
が、おそらくそういう気持ちでいるのは日本全国7千万人くらいの皆さんで
あるでしょうから、我が儘いっていられません。
実際昨日なんかは、一日中特にやることもなく、熊のようにウロウロするか
熊のように居眠りするかしていたわけですから。

今回は、ちょっと軽めのものを。
(この語尾、好きじゃないのだ。よく料理記事で「上からソースをかけても」みたいに
提案しているんだけどちょっとお洒落感があり、「結局のところあなたに委ねてるのよ」
という料理研究家の声が聞こえてきそうでちょっと嫌)

rakugaki02.jpg

久しぶりの軒下の落書きは、悪意のあるものではなく、
全くもって微笑ましい、童女の作品だ(と思う)。
そもそもチョークで描くこと自体が微笑ましい。
小生が子どものころは、「かけ石」と呼ばれる石があった。
つまり、「かける石」。
白、黄色、黄土色の石膏的な石、ありますよねぇ。
それらを使って、道路や家のまわりのコンクリートにいろいろと描いたものです。
名称は忘れたのだが、
円グラフのようなものを描き、その中に周囲の場所(電柱とか大木とか)を書き、
自分の石をその円グラフに放り投げて自分の行き先を決め、
よーいドンでそこまで行って戻ってくる早さを競う、
という遊びがあった。
その時によく使ったものです。
チョークなんて、学校にしかないと思っていた。
でも、いまじゃ100円ショップとかで売ってますもんな。

rakugaki01.jpg

拡大してみるに、ちょっとばかり勉強した痕もある!!
「4」がはっきり見えます。
覚えたての筆算でもやってみたのかもしれません。
落書きのよいところは自由なところです。
結果的に誰かに叱られることはあろうとも、
その行為の最中は基本的に自由なのだ。
己の才能を気の赴くままに噴出させるもってこいの瞬間なのだ!!
(大袈裟)

さー、明日から仕事だ。
正月休みって、休んだ気がしない。
明日の昼飯をどうするか、つまり何を食べるか、が喫緊の課題です。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/293-21a51f52