これらは春先の画像なので、今となってはもう、季節遅れも甚だしいのだが、
また同じような姿になっているであろうと気を取り直し、
掲載する次第。

cover02.jpg

ご覧の通り、正にご覧の通り、クーラーの室外機が
シートでくるまれておる。
カラフルなシートだ。
いわゆるレジャーシートだ。
「流用されたもの」というのは、小生の路上観察において
けっこう大切なテーマでありまして、
それは蔵で有名な増田地区のとある通り沿いの民家のガスボンベの蓋が
ほとんどポンプの蓋の流用であることは有名であるように(自分の中で)、
こういった流用ものはなかなかに垂涎の的であります。
(ホントに涎垂らしていたら怖い)

cover01.jpg
拡大してみて驚いた。
撮影時には何とも思わなかった。
こんなにも丁寧に縛られていたとは。
ここんちの人って一体…。
(ちびまるこちゃんのナレーター風)
昔ながらの結び方というのがあるのでしょうなきっと。
大したものです。
今、どうなっているかを見に行かないと。


ちょっと意味合いが違うのだが、
室外機が彩られているという意味で、共通しているかな、という物件。

cover03.jpg

今はもう閉店してしまったスナックの軒下にあった室外機。
煉瓦風の壁(けっこうしっかり煉瓦だ)の色に合わせたのでありましょう。
この斜めっぷりや、下に置かれたブロックの朽ち塩梅が得もいわれず、
郷愁をも誘ってしまうわけです。
こういうの見つけると、ついつい呆然と見とれてしまうのだが、
読者諸氏はいかがか。

いっときスナックの魅力にとりつかれ、(前は嫌だったんだけど)
躊躇なく2次会や3次会で行ったものでした。
結局のところ、ママさんや店の女の子との軽い疑似恋愛(キャバクラ程ではない)
なんですよなきっと。
勿論、一人で行っている人は。
で、ちょっともてた気分になり、ほんわかした気分で帰宅する。
家に着いたころ、店の女の子から「とっても楽しかったです。また来てくださいね」
などの営業メールが届き、「今度はいつ行ったろか」と思いを新たにする訳なんだな。
スナック談義はいつの日か是非ともしてみたいものであります。

さぁ、今週末は冬支度をするぞ!!
ご近所さんに先駆けて、木の囲いその他をやる気満々です。
でも雨が降ったらあっさり延期になることであろう。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/285-e6afcb6c