仕事というか、仕事ではないっちゅうか、まぁ、半分は仕事に生きるかという、
そういう、仕事のスキルをアップするための集まりに参加すべく、
明石に行ってきたのであります。
で、ここに記すのは、その際の「夜の記録」的なものであり、
まぁ、いつもの居酒屋放浪記であります。
どうぞお付き合い下さい。
(前回、次回予告で「干し柿云々」とありますが延期です。ご了承下さい)


神戸市は元町駅(横浜にもありますな)を降り立つと、
長靴をはいたお嬢さん達が目につく。
初めはブーツかと思ったのです。
よく見ると、レインブーツでした。
「神戸では長靴が流行ってる…?」
それが神戸の第一印象であったのだ。
で、着いた時刻が時刻だったもので、すぐにホテルを目指し、
でも、一応(つまり飲み屋があるかを確かめるため)商店街の中を通り抜け、
ホテルに荷物を置き、必要なものだけを携えて、
あと1時間で日付が変わるという時刻に出陣した訳なのだ!!

で、ウロウロする(つまり探索)こと約20分。
焼き肉が多い。
中華料理店は全て閉まっている。
焼き鳥屋もあるけど…。
そんな中で奇跡的に(それは結果的にも)発見したのがこの、
「いまや」
だったのだ。

kobe1-01.jpg
(翌朝撮影)

カウンターに5席ほど。
2階にも席があるようだ。
お客さんは男性が1名。
店の人は男女。
夫婦だとは思わなかったのだが、後に夫婦と判明。

座って、「晩酌セット」のようなものを注文。
のちに写真を見ると、
「ちょいと一杯のつもりセット」
とある。
“つもり”というところがミソだな。
で、まずは生ビールが届き、祝杯。
なににだ。
それは、ついに神戸で飲むということにですね。

そして、おつまみ盛り合わせがやってくる。
仙台の「一心」、秋田の「酒盃」を思わせる、
お重に四種類の肴が盛られるスタイル。
それぞれ小鉢か小皿に綺麗にちんまりと盛りつけられている。

・刺身(おそらく鰹それともイサキ?)
・マカロニサラダ(手作りマヨネーズがかけられており、それが秀逸)
・蕪と鶏肉と厚揚げの煮物(たしか)
・茄子と胡瓜の揚げだし

茄子と胡瓜の揚げ出しが特においしくて、
単品で改めて注文する。

kobe1-02.jpg

酒は、「男山」(熱燗)→「香住鶴」(冷たく)と進む。
もう、遅いので、初めはさっさと引き上げようと思っていたのだ。

奥様が「仕事帰りですか?」と話しかけてきてくれ、
そこから徐々に自分のことを話しはじめ、
しばらくの間、秋田ネタ、食物の違いなどで話が進む。
初めから店にいらした常連さん、N山さんも、
何かしら大きめのメモ帳に書き込みながらも会話にたまに
入ってきてくれる。
「王立宇宙軍オネアミスの翼」に登場するロケット打ち上げ主任だったかの
男性に似ている。

で、話は「なぜ若い女子が長靴を履いているのか」というところに。
奥様によると、昨年だったかに、そばの大丸でそういうのを打ち出して、
それ以来、お洒落として、雨の日に履くことが多くなった、
というような話であったと思う。
マスター+N山さん曰く、
「神戸は坂が多くて、雨の日は道を水がたくさん流れる。水たまりも多い」
とのことで、実用性もあるのだと納得。
でも、長靴はどう考えても実用性が高い。
だって、靴下が濡れないでしょう?
雪国では膝くらいまである、カラフルな長靴か、
ちょっとシンプル目のAIGLEっぽい長靴が主流だが、
今年職場に異動してきた後輩は、昔からよくある、
つるつるぴかぴかの、ふくらはぎ丈の長靴を履いていて、
こりゃあいい、と思ったのでありました。

憧れの、「金杯 森井本店」についても取材しました。
(森井本店については、翌日悲劇が訪れる)
曰く、
「八島食堂がいい」
「いや、八島さんは閉めましたよ」
「森井もいいけどね」
とのことで、あまり情報は得られなかったのだが、
期待は膨らんだ。
(翌日しぼむ)

で、話しは広がっていく。
もう翌日になったいたのだが、「黒霧島」を一杯だけと、
ロックで注文。
水割りと見紛うほどの大盛りで、
氷を追加してもらいながら飲み進む。

ここから「いまや」でのクライマックスが訪れる。

マスターがCDをかけ替え、それは声からいって
クラプトンであろうと思い、訊くとその通りで、
ジャケットを持ってきてくれる。
で、そのついでに、「音がすごくいい」というようなことを伝え、
上を見ると、左右に木製の筐体に入ったスピーカーが見える。
冗談半分で
「手作りですか?」
と訊くと、なんと、正にその通り。
そこからスピーカー話が始まったのだ。

kobe1-03.jpg

何だかの経緯で(この辺の話しは忘れた)スピーカーを作ることにして、
作ってみた。
初めは音の抜けが悪かった。
もっと良い音にするために、ぼろきれとティーバッグ(!!)を入れてみた。
すると、良くなった。
お客さんにあるとき、「位相が逆なんじゃないか」と言われて、直した。
そして今に至る。

というようなマスターの話でありました。
んー、面白かった。
そして、N山さんのギターの話になり、
多分、おそらく、エレキギターの方だと思うのだが、
多分、おそらく、今もバンド活動をしているようであった。
で、私も少し…、という話しから、どんなのやるの?
と訊かれてあーだこーだと話しているうちに、
「80年代のブリティッシュロックが好きなんです。例えばALARM、…」
というところで、知っている人は幼なじみのNちゃん以外、
身の回りにはあまりいなかったのだが、なんと、まさか、N山さん、知っているとのことで、
奥様もアルバムを一枚持っているとのことで、ビックリ!!
BIG COUNTRYの名前まで出てくる。
すごい!! ここに来て良かった!!
さらにはHOOTERSは?と奥様に訊かれ、小生はライブ盤しか持っていないのだが、
実に好きで(ピアニカを吹くところが)、そのことも伝え、
帰り際になって更に楽しく過ごすことができたのであった。

神戸のお土産のことを訊くと、
・四興楼(しこうろう)の豚まん
・ユーハイム本店で買うバームクーヘン
を勧められ、それらは翌日購入したのだが、まだ食しておらず、
早く食いたいです。(ゆうべ食べました。美味しかった)

で、お会計は、2980円。(スーパーで売っているものの価格のようだ)
心もお腹も満たされて、店を後にする。
また行きたいなぁ…。
関西に出張ないだろうか。
で、その心を満たすため、昨日、「いまや」のコミュに加入したのだ。

その後、食べログなどで目にしていた
「神戸ラーメン 第一旭」
に行き、Bラーメン(700円)を食す。

kobe1-04.jpg

Aラーメンだと、チャーシューなしです。
肉は、もも肉で、柔らかいわけではないのだが、
こんくらい堅い方が、人間退化しないですむと、思うわけであります。
店の人たちは、中華街そばだけあって(あまり関係ないかもしれないが)、
互いのやり取りは全て中国語の中国の皆さん。
異国で頑張ってくだされ。
日中は大学で学業に勤しんでいる人たちなのかもしれぬ。

kobe1-05.jpg
(翌朝撮影)


帰りに発見。

kobe1-06.jpg

白おでんとは何だ。
そして、それが店名になっているBARはいかに。
滞在中、ずっと閉まったままのようであったけど…。


そんなこんなで、実に楽しく過ごした「いまや」での時間。
もっといろいろ食べたかったのだ。
また行きたいのだ。
嬉しい気持ちで眠りについたのだった。
翌朝の朝食はうどんにするぞと心に誓いつつ。

次回予告!! 神戸居酒屋放浪記2/3遂に実現した集いはガンダムバーに向かう

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/274-3f34f9af