新年あけましておめでとうございます。
2013年です。
2013という数に全くもって馴染まないです。
小生の誕生日は12月なのだが、もう既に年が一つ増えた感じがします。
年齢なんて一つの記号に過ぎないと思いつつ、
それでも物理的に生物学的に体が古びていくのは確かなのです。
困ったものです。
しかしながら、無事に年を越せたのは何にも代え難いのだ。
読者諸氏の方々、本年度もしょうもない路上観察にお付き合い下さい。

さて、真冬なのに外に出たままの干し柿があちらこちらにちらほらと
見受けられます。

2012kaki07.jpg

どうにかして救済してやりたいとも思うのだが、
家人はもっともっと干したいのであろうと遠慮する次第。

2012kaki08.jpg

決して忘れたわけではないのであろうが、
雪の降りしきる(或いは雪の吹きすさぶ)中、干し柿が下がったままなのを見るのは、
少なからず心寂しい。
無くなるのも寂しいものだが、忘れ去られるのも寂しい。
「そろそろ取り込んだらいかがでしょうか」と家人に声をかけるのも、
小さな親切大きなお世話な訳で、
せめて自分も人様から忘れ去られないように心がけるしかないと
新年早々思い至った次第。

それにしても雪は降る。降り続けます。
今月いっぱいが勝負だ(何と?)。
では本年もよろしくお願いいたします。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/250-6e3ac271