いやはや、いつのまにやら秋が深まり、紅葉しないうちに
白いものが降ってきそうな勢い(寒さが)でありますが、
皆様いかがお過ごしでありましょうか。
明日からまた青森に行ってきます。
「また」とは、8月末以来ということです。
早くゆっくりしたい…。

たまに利用する図書館のお向かいの理容室に気になる記述があったのだ。

「ヤングアイドルヘア」。

young01.jpg

こういう店です。

young02.jpg

昭和の香りが香りまくる理容室。
おじさん達(小生も含めてだ)は、こういう店の方が落ち着くに違いない。
小1まで住んでいた家の隣は床屋であった。
顔剃りの立派なカミソリが忘れられぬ。
あれ、皮で研ぐんですよな。
大変な刃物であります。

で、「ヤングアイドルヘア」。
「ヤ」と入力するだけで小生のパソコンは「ヤングアイドルヘア」と
変換予想を提案してくるようになりました。
「ヤング」は修飾語だが、「アイドル」はどうか。
固有名詞的な修飾語か。
そもそも小生の「アイドル」観というのは、昭和に放映していた
「レッツゴーヤング」に基づく。
「明星」というアイドル雑誌もありましたなぁ…(遠い目)。
そのうち、新しい年号になり、
かつての「昭和ヒトケタ生まれ」のような揶揄のされ方を
我々の世代もされるようになるのだろうなぁ。
「古きよき時代」などと言われたら、きっと激しく反感をもつのだろう。

当時はきっと最先端であることを示していた「ヤング」という言葉を
しみじみと感じた次第であります。

そろそろ軒下に柿が下がり始めました。
乞うご期待!!
でも次回は「加茂青砂集落にて」です。

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ご指摘ありがとうございました。
ほんとだ、ヘアーでした。
思いこみが激しい小生です。
アイパーは分かっていました。特に触れなかったのでした。

いよいよ秋が深まってきました。
面白い農産物がぶら下がっていたらご一報ください。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/241-56498722