どこでかというと、食堂「上海」にて。
しかも、二人(別々)ものお客さんに会ってしまったのだ。
とある昼下がりに。

ずっとずっと雨が降らない日が続き、
一昨日あたりからやっとのことで雨が降り始め、
(「やっとのことで」といったら、「マカオに着いた」なのだが)
で、その雨とは全く関係ないのだが、この日の昼食は上海で、と決めていたのだ。

店に入ると、作業服を着た男性がカウンターに。
食事を終えたようで、店主と談笑している。
小生、何ら迷うことなく、「ラーメンチャーハンセットお願いします」とオーダー。
そして、席につく。
テーブル席だ。
SLの写真の前の。

で、男性は元気に支払いを済ませ、帰って行き、
待つこと10分弱。
遂に<ラーメンチャーハンセット>が供せられた。

set.jpg
<ラーメンチャーハンセット> 700円

サラダがついているのが実に嬉しいではないか。
いや別に野菜不足というわけではないのだが、
こういうサービスというのは個人経営の食堂ならではのものであろうと
大袈裟に捉え、嬉しく思ってみる。

で、さっそくチャーハンにチャレンジ。いや別に挑戦しなくても食べられるのだが。

…これは、粘りけのあるご飯を無理矢理チャーハンに仕立て上げたように
感じられる。
パラパラ感はありません。
味は薄い。
今後、チャーハンを単品で頼むのは避けようと心に誓う。

ただのラーメンは、初めて食す。
実に普通である。
ちなみに具の配列は、ほぼ十字型。
なるとを中心として、お麩、海苔、チャーシュー、メンマ(味が濃くて旨かった)が
並べられている。
お麩がラーメンに乗るのは秋田県南部の特徴らしい。
普通においしくいただく。

と、人が入って来るではないか。
しかも女性だ。
「すいません~、いいですか~」と。
店の二人が元気に出迎え、その女性(中年と老年の間くらい)は、
「ラーメンお願いします~」と注文。
そのラーメンができる前に小生は食事を終え、
颯爽と店を後にしたのであった。
外に出たら大雨だったのであった。

これまで食したメニューは6つ。
まだまだ先は長い。
思い出したようにやり直しているFF7も、まだまだ先は長い。
まだメテオ前。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/194-66e88415