そもそも「香ばしい」とは、主に煎ったり焼いたりした食物のいい匂い
のことなのであろう。
しかしながら、好ましい匂いがするときもその言葉は使われるときがある。
ただし、「彼女の香水が香ばしい」とは言わないだろうけど。
んー、そうすると、対象はやっぱり食物に対してなのであろうな。

で、香ばしかったのが、秋田県境を越えた湯田町にある「湯田ドライブイン」の
<ラーメン>であったわけだ。

yudara-.jpg
<ラーメン> 500円
席に届けられた瞬間に感じたその香り。
それは、ゴマ油だ。
ちょっとこれは珍しい。
店主の工夫なのであろう。
あぁなるほどと強く感じる。
実際、スープによく合っていると感じる。

で、ルックスだ。
これは、何というか、「○型配列」とは言い難い。
ごちゃごちゃであります。
ネギ二種類はちょっと嬉しい。
でも、規則性がない。
まぁ、腹の中に入ってしまえば一緒ですけどさ。

で、美味しくいただく。
麺も具も、実に伝統的なスタイルである。
中華料理でいう「汁そば」というものは、まさにこれなのだ。
店主はそんなこと、意識していないだろうけどさ。


このドライブイン、<ジンギスカン定食>1,000円がお勧めなのだ。
メニューにも「お勧め」と明記してある。
昔ながらの、各テーブルに設置されたガスコンロに、
鉄鍋を乗せてジュージューと肉や野菜を焼いて食べるのだ。
前に何度か食した。
楽しいのだが、肉がちょっと少ない。
そんなのものなのだろうか。
少ないという状態は、人を寂しくさせる。
イベントに人が少ないと、寂しい。
パーティーに人が少ないと、盛り上がらない。寂しい。
カレーの盛りが少ないと、寂しい。
財布にお金が少ないと、寂しい。(というか、物が買えない)

なんだか寂しい気持ちになりつつ、この項を終える。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/175-df9fc2ff