沢内村と云うところがある。
たまたま車を停車させたところでたまたま発見。

sawautihosidaikon.jpg
見どころは二点。

まず、干し大根だ。
葉っぱがない。先っちょがない。
すぐにタクアンにできるような状態で干されているところが、
今まで見つけたものとはちょいと違う。
かなりしなびてきている。
しなびるというのは、水分が抜けてしわしわになると云うことだ。
それにしても、山の中なのに雪があまりに少ない。
酷い!!(何がだ)
ついでにいえば、影がくっきりと美しい。
干し大根の影。

そして、左側の、作り物のような木の切り株だ。
よく見ると、右端の風除室の中にも切り株が見える。
家人は、切り株を捨てられない人なのであろう。

切り株といえば、北海道開拓時代の苦労が偲ばれる。
満州に行った人達はその結末は別として、ある程度豊かな生活であったろう。
幕末、第二次大戦後に半分騙されて北海道に送り込まれた人達は、
初めっから苦労の連続であったろう。
切り株といえば開拓なのですよ。

コメント

本年もどーぞよろしゅ。

沢内村といえば豪雪地帯ではありませんか。
岩手でも屋根の角度が垂直にかなり近い地域ですよ。
雪、少ないの~?
秋田はもっさり積もってましたなぁ、ニュースで見ましたよ、横手。
毎日お疲れサマです…
あけましておめでとうございます。
今年もたのしくやりましょう。

さて、沢内村。
いつもなら大変多くの雪が積もっているはずなのですが…。
横手の方が勝っています。
こんなことで勝ちたくないです。

今朝は静かだなぁ、と思うとき、結構雪が積もっていて、
今日もこれから雪寄せなのですが、結構がっくりきます。

ま、春を楽しみに頑張りますよ。
トホホ。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/158-b2ac3acf