すっかり遅くなってしまったのだが、わが軒下の定番、干し物であります。

aki01.jpg
まだ新鮮な大根。
水分が抜けるのを待ちわびていたであろう、ここんちのヒトは。

aki02.jpg
隠匿されるかのように干されていた柿。
イタリアでは「kaki」というそうだ。
「persimmon」というのは英語だけか。或いは、「柿の木」という意味で使うのだろうか。
そしてその上につり下げられている円筒形のものは、田植えの時に目印を付けるために使う「かたっこ」だ。
意図的であるかのように感じられる配置の軒下。
無意識は美徳であります。
それはそうと、アップ。

aki03.jpg
よく見えぬ。

aki04.jpg
やや水分が抜けた大根。
干せてくると、しんなりして、両端がだらんと下がるのだ。

aki05.jpg
近くによって撮ることが叶わなかった干し柿。

まとめ。
いや~、軒下ってものを干すのにとっても良い場所なんですね。

さてときは2月。
まだまだ雪が降る、積もる。
これから雪寄せです。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/101-db804660