えー読者のみなさん、こんにちは。
 1通だけだったのですが、貴重な投稿がございましたので紹介します。
 岩手県在住の男子大生の佐藤さん、いってみよう(欽ちゃん風に)!

 私ではないですが、うちの親父のはなしです。しかも、オナラ!
それは、ある晩のことでした。親父は、いつものようにお酒を飲んでいい気分。そして、ガス警報器って臭いから鳴るのか、それともガスと判断するからなるのかという議論から、親父が酒の勢いでかは定かではないですが、警報器の前で「ブッ!!」そしたら、ビーと警報器が鳴ってしまいました。
この夜家族は、親父のオナラがガスと同じであるのか、警報器が異臭に反応するのかわからないまま就寝しました。
(原文ママ)

 なんといい話ではありませんか。家族愛に満ちあふれていますね。
 それにしても、かなりナイスなお父様です。臭いから鳴るという判断をしてよいのでしょうか、これは。

 ところで、布団の中で屁をこくと、かなりいいですよね~。オナラに包まれて眠る。この幸せなこと!!なんといってもあたたかい感じがしますからね。あと、寝ションベンをする瞬間も幸せでいっぱいになりますね。これもあたたかいです。その直後に耐え難い慚愧の念がこみ上げてきますが。

 えー、話がきたなくなりそうなので、きょうはこれでおしまいっ(欽ちゃん風に)!

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://nokishita08.blog50.fc2.com/tb.php/10-19471c21