こういった干し方は,おそらく珍しいのだ。

2015yokodaizu01.jpg

これもまた,盛岡からの帰り。
盛岡といったらカワトクデパートに行きたいのだが,
行くとなんやかんやで2時間はかかってしまうし,
行こうという思いすらもたず,さっさと帰ってきた訳。
で,これを見付けた訳。

そういえば,昨夜というか今朝方の夢は,
とっても旨くないと評判の中華料理屋
(そういうのが,今読んでいる東直己の本に出てくる)
を訪問する際に,火の見櫓に干し大根が下がっていて,
おぉ珍しいと思って撮影する場面が出てくるのだが,
夢にまで軒下のことが出てくるなんて,大したもんだ自分。
AYAさん,送水口のことは夢に出てきますか。

2015yokodaizu02.jpg

で,これはおそらく大豆で,大豆ならば実の方を下にして
干されるのが一般的だと思っていたのだが,そうでもないようで,
確かにこれならば場所の節約につながるのかも知れぬ。

それよりも,杭によって作られた「ぶら下げ場」も秀逸である。
いろいろなものを干すのに活躍するのであろう。
全くもって,軒下という場所は風通しもよいし,
雨風も多少は防げるから,便利な場所ですね!!(宣伝)


さて,行く年来る年であります(毎年これだ)。
今年の大きな出来事は…,これといってないな。
祖母が遂に介護を受けるようになったことくらいか。
カレー作りに精を出した1年ではあった。
カレーといえば,加齢です。
老化と戦いつつ,やんわりと受け入れ,
できないものはできない,と開き直って生きていこうと思う。
そして,退職後の人生設計だ。
それよりも60歳まで生きられると良いな。

では皆様,良いお年を(良い年ってどんな年だ)。
2016年もよろしくお願い致します。



次回予告( ´∀`)/ 商店の軒下 凄い数の室外機
>>次のページ