工事現場にこんな優男いるか!!
というのが、この看板から受けた、第一の印象。

昨年の大型連休に盛岡にて発見。
早朝、散歩してたら見つけたのだこの看板。
繁華街では、まだ若人達がウロウロと、ムラムラとしていた…。

2014jigiri.jpg

玉掛け、というのは知っております。
クレーンでものを吊り下げる際に必要な固定作業のことだ(多分)。
では、地切とはなんだ。
検索すればすぐ分かるのだろうが、つまらないから推測。

取っ手が付いている金属製の工具。
先っちょに何か付いていて、玉掛けしたところを
チョンチョン
とすると、玉掛けがしっかりできているかどうかが分かる。

などということはないだろうな。
どちらかというと、「行為」のような気がします。

でだ、優男の件。
この人は、大学を出て大手ゼネコンに何とか就職し、
さっそく監督補佐として配属されたのだ。
で、まだ紅顔の美少年で、現場の荒くれ者達にもまれつつ、
すくすくと成長し、10年後には荒くれ者達を
言葉一つで動かすことのできる頼もしい現場監督になるのだ。
(池井戸潤の小説みたい)

8の「微動」というのが面白い。
動作が複雑(この中では)。

看板の中に、「危険予知」とあるが、
おそらく「KY」と言われていると思う。
なんでかというと、町内会の同じ班の土木建築関係の仕事をしている二人が
「KY」は大変だ大変だ、と言っていて、
何のことかと聞いたら、「危険予測」の配慮を大切にしなければならず、
それを報告しなければいけないとか何とかで、
それは確かに命を守るためには大切なことであり、
大変なことであります。


で、話は変わり、こんな巨大な非常階段があったのだ。

2014lader02.jpg

世に名高い、デパート、「カワトク」だ。
裏側に回ると、このような幅の広い、ゆったりと避難できそうな
非常階段が見える。

2014lader01.jpg

さすがデパートだ。
ホテルの非常階段なんぞは、建物の外に張り付くようにちょっぴりとあるものだが、
この階段は広々だ。
何かあっても押し合いへし合いにならず、
落ち着いて避難できます。

カワトクといえば、地下の食料品売り場。
肉屋がありまして、そこで売っている「テキサス」というスパイスに
いたく嵌ったのが今から10年ほど前のこと。
もう、最高に旨い調味料だった。
なぜに過去形かというと、嵌りすぎて飽きてしまったのだ。

基本的に、焼いた肉にかけます。
最初は、安い牛ヒレ肉でした。
もう、最高に旨い。
何にでもかけていたときがありました。
ご飯にかけても旨い。
でも、ある時、突然飽きた。
その味しかしないから。

今ではもう、使っとらんのです。
あんなに愛していたのに。

興味のある方、検索してみてくだされ。
カワトク以外では売ってるの見たことない、希少なテキサスです。


次回予告!! 自分カレー部 「ラッキー」でカツカレー大盛りはカレーをもっとかけてくれる
<<前のページ >>次のページ