山谷!!
それだけで心惹き付けられるものがあるのだ。

konくんからの投稿、というか、kon君がフェイスブックに掲載していたのを、
無理をいって転載させてもらったのだ。
そして、勝手に「投稿」という形をとらせてもらう!!

yoda01.jpg

kon君のコメント******

採集場所が山谷ってのがまた味わい深い。たしか木賃宿の軒下だったはず。
このフィギュア(?)のクオリティがやけに高いのがまた謎なんだよなー。

**************

とのことで、「だれがどうしてこうしたのか」というのは常に
軒下観察上、或いは路上観察上の問題になるのであるが、
そのあたりはこちらで勝手に考えればよいことなのであって、
この場合、
「なんでまたヨーダ?」
が問題となる。

yoda02.jpg

必ずしも、スターウォーズ好きが施した行いとも限らない。
いわゆる「ほんのイタズラ心」が最も大きく考えられるのだが、
何らかのメッセージがこめられている可能性も強い。
まず、目印。
そして、指示。
または、崇拝。
街ゆく労務者のみなさんが、ここではちょっと足を止め、
その日一日の健康と無事故と高収入を祈願する。
ヨーダは街を見下ろし、悪事を行うものがいないかと睨みをきかせる。
このヨーダが設置されて以来、山谷の街はすっかり平和になったという。
・・・などということはあるわけもなく、

それにしても、山谷!!
りんご農家にお婿さんになった先輩の結婚式の折、
かの有名なNONOさんが遠路屋久島から訪れ、
3次会の会場となったカラオケボックスで歌った曲が、
「山谷ブルース」…。
「なんでこんなときにそんな歌うんだー!!」
と非難がなかったわけでもないが、結婚式で、というギャップが
地元りんご農家の青年会の皆さんにバカ受けで、
「やっくん」と呼ばれ(屋久島から来たから)、
NONOさんはご満悦の様子で人事不承に陥っていったのだった…。

konくんが掲載してくれたおかげで、思い出に浸ることができました。
掲載許可にも感謝いたします。

スターウォーズの新編が公開されるのは何時のことだろうと
首を長くして待っておるのだが、まぁ、そのうち観られるだろうと
焦ることなく、今は、「ホビットの冒険」の2作目を楽しみにしている次第。
前作は、もう、ドワーフ全盛期の掘削の場面があまりにも煌びやかで、
観たことないけど「踊るマハラジャ」のようでありました。
あまりにキラキラで。
そして、何時見ても、ヨーダの目の所のホクロが気になるのだ。
>>次のページ