♪ゆーきのふるまちをー と歌いたくなるわけがない積雪ぶり。
いよいよ屋根も軽くピンチになりつつあり、
明日明後日で軽く降ろさねばならぬが、荒天だったら延期~、
と早くも逃げの姿勢でいるときに限って好天だったりするもので、
まぁなるようにしかならぬ(3年前に実感として認識した教訓)。

さてさて、新年早々、軽く放浪してきたのだ。K先輩と。
K先輩は我が町に奥様の実家があり、盆正月は大体一緒に帰省するのだが、
前お盆には激務のため帰ってこられず、おそらくは1年ぶりくらいかのう。
べちゃべちゃの甘雪が降りしきる中を湯沢へいざ出陣。

1軒目は「河童の川太郎」という老舗を目指したのだが、まだ正月休みか、
開ける気配無し。
で、国道からやっているのを確認した「みの屋」へ。
こちらの入り口がすばらしい。
暖簾というか、なんというのだあれは、でかい布に墨痕も鮮やかに
「湯沢だ!みの屋だ!!」というような言葉が紺地に白字で染め抜かれ、
その布が入り口横にぴんと張られ、飲み客をいざなうわけだ。

入るとほとんど予約席の間隙にちょぴっとあいた席があり、
そこに何とか座らせてもらう。

募る話はあるものだが、なかなかスタートが鈍い。
恥ずかしいのか?自分、と感じつつ自らを鼓舞しつつ、
お酒にも励む。
「スタミナ豆腐」は予想を凌駕するものであったのだ。
8等分した豆腐1丁に挽き割り納豆、芥子、ネギ、鰹節などが乗り、
しょうゆをかけて食う。
正月料理を食べ過ぎたというほどでもない腹ではあるが、こういうのは
ありがたい。
ここの店、熱燗が1合の設定が無く、初めから2合とっくりが出てくる。
串焼きなどの焼き物を担当しながら注文全般を差配する口元のほくろが印象的なお姉さんは
なかなかにキビキビと働いていて、こっそり一人で後日来たいと思わせる
魅力をもっているのだ。
ちなみにK先輩は相変わらず「幸薄そうな」女性が好きで、
そんなこと本人に言ったら失礼であろうこと間違いないのだが、
もう一人の女性が良かったと述懐する。

いや、女性の話をするために飲んできたのではないのだ。

意外に長く、3時間ほどいたのでしょう。
ビールバーに行きましょうと小生も初めての「コルサ・ロッソ」にご案内するも、
予約客で満席で、このまま〆にはいるのも(まだ9時前!!)なんだなぁと、
かねてから気になっており、少し前に蕎麦を食べるだけに入ってみた
駅前の写真館居酒屋(名前が分からぬ)に入ってみたのだ。

この店はもう明らかに、もともと写真館で、今も写真に関する営業はしていると
思われるのだが、一年奮起して夜の店になったらしいことを
地元情報誌にて読んだ気がする(銀行で)。
で、小生はワンカップ(美酒爛漫)、K先輩はハイボールを注文。
どちらも容器入りです。
「あけましておめでとうございます」と2度目の乾杯をし、
小生はカウンターの上にあったゆで卵を一つ手に取り皮を剥き、
容器の底に少量残る味塩をふってかぶりつくとそれは正に半熟卵。
もったいないから、ちびちび食べることにする。

photo01.jpg

店内にはメニューの張り紙があるが、気になったのは
「卵(“らん”という振り仮名)カレーうどん・そば」。
カレーに生卵だとしたら少なからず厳しいものになりそうだが、
他のメニューに「かき玉うどん・そば」があったので、
生ではないと期待したい。いつか食べたい。
あと、各種缶詰もあります。
温かい(温かそうな)メニューは、
「ベーコン焼き」
「ソーセージ醤油焼き(今になってかなり心揺れ動かされる)」
「玉子焼き」
「煮込み」
「牛皿」
であります。

photo02.jpg

我々には柿ピー(柿のタネだけでよい)や韓国海苔も供され、
ちびちびと小1時間ほど飲み、お会計はまあそれくらいかなと思いつつも
驚愕の二人で700円!!
K先輩のご馳走になり、いざ「ポケット」へ。
ちなみに、我々がいる間に、年配男性4名がやってきてですね、
厨房とは反対側の(入り口が二つあるのだ!!)テーブル席で楽しそうに飲んでいたのだ。

今年初めての、「ポケット」であります。
迷うことなくマンハッタン、ウィスキー、「こまち」というショートカクテルなどに続き、
久しぶりにジントニックも飲み、
K先輩は「ラガブーリン」を痛くお気に召したようで、
驚くほどのスピードで飲み続けておられた。
初めは閑散としていた店内。
気づくと人で充満していたのだ。
で、0時頃にお会計してもらって帰ることに。

ここからが大変でした…。
よんだ代行がなかなか来ない…。
K先輩と車内にて延々と喋りながら待つことなんと1時間半。
気の長いのにも程があると、今一度代行に電話したわけです。
すると、「あーさっきの」と言われ、覚えていてくれたことには感謝しつつも、
ずっと待っているのだから来てくれと懇願し、
「あと20分くらいで行きます~」とのことで、
実際にはあと何分で来るのだろうと思いきや、ホントに20分で来て、
結局のところ2時間ほどかかって車にやっと乗ったわけで、
主要道路には既に巨大な除雪車が行き交い、
コンビニエンスストアでK先輩を降ろしつつこれ↓
photo03.jpg
を購入し、家に帰りますと我が家から人が出てくる。
ワッと心の中で思いつつよく見ると新聞配達員で、
あぁそんな時間になっていたのかでも代行来なかったのだからしょうがないと、
愚にもつかぬ言い訳をしつつ家に入ってさっそく
上記食品を食したのであった。
時計を見ると4時近く。
いつも起きている時間に近づきつつあるではないか。
このまま起きていようかと思ったが、それもあんまりだと思い、
いろいろ思ってばかりなのだがとりあえず寝たのでありました。
長い長い時間が過ぎたのでありました…。
<<前のページ >>次のページ