ずいぶん久方ぶりの更新と相成りましたが、
読者の皆様におかれましてはご健勝のことと存じます。
何というか、いろいろと忙しく(よくある言い訳)、
中でも毎朝のようにシコシコと取り組んでいたのが
とある原稿執筆(大袈裟)でありまして、
それを提出したことでそれなりに心の余裕もでき…、
などという心情の吐露はどうでもよいのであり、
本題に入ります。

今シーズンは劇的な豪雪でありました。
何といっても、止まない。
1月中は枝の道路が実に狭くなり、通勤するのに大いに難儀したものです。
で、雪はいろいろなものを破壊するのです。

まずはこれ。

tume01.jpg
何の理由もなくこの煙突がひしゃげるわけがないのです。
そうです、雪の重みによるのです。

tume02.jpg
2軒の家の間に何か挟まっています。
これは、エアコンの室外機でありました。
下まで落ちなくてよかったというか何ちゅうか本中華(懐かしい)。

tume03.jpg
これ、我が家もそうなのです。
雨樋が、つらら(或いは雨樋についた氷塊)の重みで垂れ下がるのです。
一昨年はこの修理に4万円を出費したのでした。
今シーズンも破壊されました。
ここんちは修理するのだろうか。


雪が一段落して、ちょっと雨が降ったある日、悲劇が起きました。
雪による倒壊であります。

tume04.jpg
もう人が住んでいなかった元肉屋なのでありますが、
もう、酷いの一言に尽きる。
雪と建材がぐちゃぐちゃに混じり合って、片付けるにも片付けられない。
人が住んでいないところはどうしても雪下ろしが後手後手になり、
重みに耐えきれずに潰れてしまうのですな。
この倒壊が、24時間内に200m圏内で他に2軒あったのです。
恐ろしや雪と雨のコラボレーション(唾棄すべき表現であります)。

そして本日3/11。
まだ冬です。零下です。
春はいつになったら来るのやら。
いや、一回きた気はしたのですけどね。

ところで、昨日、敬愛する坂上二郎が逝ってしまった。
合掌であります。
<<前のページ