秋田ではもう既に夏は過ぎ去ろうとしているのであるが、
夏の食べ物である。
冷たいラーメンである。

冷たいラーメンというと、山形市の何とかというところが有名であるが、
これは小生がこよなく愛する「ホル中」で有名(自分の中で)な「なをこそばや」の
冷たいラーメンだ。

watyu.jpg
<和風中華大盛り>
「和中!!」と注文する人が多い。
小生は何となく「冷たい中華お願いします…」と恥ずかしそうに注文してしまう。
和風中華と言えばもれなく冷たくなって出てくるらしい。
そこに未だ納得できていないんだな。
あと、では普通の中華は何風だ?と思ってしまう、というのもある。

冷たいのってするするいけちゃう気がして(つけ麺然り)、大盛りで頼んだのであった。
で、前は甘辛く煮た肉(多分<肉そば>などのトッピング)が乗っていたのだが、
今回は無かった。
ちょっと期待していたのにさ。
あと、ワカメがぐんぐん増えてきます。
驚くほどに。

で、おつゆは、和風だけあって魚介類の出汁であろうと思われます。
十分に美味しいです。
また食べたくなります。次の日にでも。
思いの外冷たいので、寒いときにはやめた方がよかろうと思う。
あと、「和風中華にホルモン乗せて」
という注文はできるのであろうか。

次は、高昭食堂を目指す。
>>次のページ