実は,特筆すべきことは無いのだが…。

2017kamedasprayer.jpg

初めてこの乗り物を目にしたのは,10年ちょっと前のことだと思う。
林檎の里,という別称をもつ地域に転勤した際,
初めて,この乗り物の用途を知った!!

簡単に言えば,「噴霧器(機)」ですな。
後ろから,ファンによって,林檎樹木に対する農薬を
噴霧するのだ。
しかも,大々的に!!

ドライバーは,そのままでは思いっきり農薬を吸ってしまうので,
結構大袈裟なマスクをしたり,
或いは,ヘルメットをかぶって管をつなぎ,
空気を吸いながら運転するのだ。

あんまり,軒下という意味合いのない物件ではありますが,
ご容赦くだされ。

左側に立てかけられた鉄板も興味深いですな。
水路の水の量を調節するためのものと思われます。

水量調節と言えば,
雪国ならではの「流雪溝」について調べようと,
市に問い合わせた際,担当者に冷たくあしらわれた,
悲しい過去を思い出した…。
向こうにとっては「何を面倒なことを!!」と思われたのだろうけどさ。
「けんもほろろ」
とはこのことかと,人様には決してこのような対応をすまいと
心に誓ったのでありますよ(←ホントか)。










この週末は,冬に備えての囲いを,やる!!







まだ行っていないのです。
「コロッケの富屋」にラーメンを再び食いに。
向こうに貸しができたというのは,ガイシュツでありますが,
ま,それほど返して欲しい貸しでもなく,
どちらかというと,あの店主のおばさまにまた会いたいという
気持ちの方が強かったりするのだが,
ま,そのうち行くかな。

で,そこの,元工場の軒下なのであります。

2017tomiyaarei.jpg

建物裏,といっても,実際は正面だったのだろうな。
工場が稼働していたときは,正面。

2017tomiyaarei02.jpg

軒下には,いろいろ置きたくなるものです。
で,なぜか,まな板状の板の上に鎮座まします。

2017tomiyaarei03.jpg

なぜ鉄亜鈴!!
というような,突っ込みたくなるような経験は,
これまでも多かったのだが,今回も同様。
ここに置かれる意味が全く分からぬ。
そこが軒下の愉しさなんですな!!

板をのけると,異界へと通ずる通路が口を開けている,とかさ。




異界はいいですな。
あと,並列宇宙,とかも考え始めると愉しい。
先日読んだ,JPホーガン(こればかりだ)の「未来からのホットライン」は,
まさに並列宇宙ですな。
タイムパラドックスに関する論を話中では封じ込め,
あくまで,過去未来とのつながりのみに目を向けた,
なかなかに心温まる名作でありました。
ちなみに,ノーベル賞受賞科学者が,「10秒前に10文字のメールを送ることができる機械」
というのを作り出したことからスタートする話なんですけどね。
「タウ波」というものを使うと,できるみたい。



という訳で,これはきっと,重しなんだな!!









今週末は久々の休日出勤しない週末だ!!
電車でゴーです。
田沢湖の食堂にダムカレー食いに行ってきます。
新幹線こまちに乗らないと行けないから,
なかなかに出費が痛い遠足であります。












寺社仏閣,というか,神社は違うか。
お寺の軒下は動物の宝庫だ(大袈裟)。

2017toun01.jpg

とあるお寺を訪問した際,
真新しい様子の動物たちを見つけたのだ。

2017toun02.jpg

…なんというか,股のあたりが,かなりアヤシイ。
猿っぽいしね。
黒い棒は,根太というか,梁の類とは思われるのだが
場所が如何せん,こんな場所だ!!

2017toun03.jpg

仏教の源流は印度ですな。
南印度が好きです。
「エリックサウス」が好きだからです。(八重洲地下街のカレー屋)

印度だからこそ,象なども登場するのですな。

2017toun04.jpg

獅子です。
目がつぶら。
現代人の作による雰囲気満載であります。

2017toun05.jpg

象だ。
足が可愛らしい。

いずれも,まだ,匂い立つような色新しい木材による工作物。
すすけてくると,風格も出てくるというもの。
下でBBQやるといいな。







いま,JPホーガンの『星を継ぐもの』シリーズの最終作を読んでおります。
たまたま,市の図書館で見つけたのだ。
まさか図書館にあるとは!!
ハードSF万歳!!






近くに,県の果樹試験場というものがあるのです。
近隣では果実の栽培が盛んで,
例えば林檎や葡萄,桜桃といった感じですな。

で,主に林檎の規模がでかい。
大学のときの先輩(バイト先の)も,林檎農家にお婿さんに来たくらい。
あんときはびっくらこいたな。
まさか,隣町にやってくるなんて,夢にもおもわなんだ。
で,今では奥様にも大変お世話になっておりますな。
結婚式のときは,かのNONOさんも,屋久島から,駆け付けた!!
地域の林檎農家の青年部の皆さんに,
「やっくん」
と呼ばれ,人気でした。
ちなみに,屋久島から来たから,やっくん。
そして,NONOさんは,結婚式の3次会で,なぜか,
『山谷ブルース』
という曲を唄い,妙な雰囲気を作り出したのだった…。

と,話が逸れすぎました。
果樹試験場の参観デーというものがありまして,
果樹の試食やら,ブルーベリー苗木プレゼントやらがあるというので
行ってみたら,開始直後というのにスゴイ人。
人数がスゴイということです。

で,苗木の交換券を長蛇の列に並んだあげく手に入れまして
(こういうのを「ゲットだぜ!!」というのだな)
ぶらぶらしていたら,こういうものを見つけた。

2017kajutubo01.jpg

拡大すると,こんなの。

2017kajutubo02.jpg

かの有名なスネークマンショーに出てきますな。
「痰壺小僧」
…汚い話で相済みません。
そういう壺かと思ったのだ。

でも,蓋が付いているはずないしなと思い,
意を決して,というか,それほど勇気を奮った訳でもないのだが,
蓋を開けてみますと,
何の意外性もない,吸い殻入れでありました。








とっぴんぱらりのぷぅ。


全量純米酒の酒蔵の倉庫軒下です。
このドーム型の金属物体。

2017amanotodome.jpg

思うに,鍋,ですな。
米を蒸かすためのものではないかと考えられますが,いかに。

にしても,こんな所に雨ざらしにしておくなんて,勿体ない。
いつか使うつもりでもあるのかもしれぬが,
ちょっと可哀想。
そして,立派すぎる放置物。








あと2週間で送水口ナイト。
今回,なんと,九州のポンタさんが参戦するというではないか!!
行きたいという気持ちは募るばかりだが…。
残念…。




>>次のページ