厳密に言いますと,これは建物内なので,
あまり撮影は好ましくないだろうし,
軒下でもないのだが,
あまりにも,面白くて。

2018onegai.jpg

何が面白いのか,よく分かりませんな。
拡大してみませう。

2018akiuonegai.jpg

何をお願いしておるのか,まっっっっっったく分からぬのだ。
店に(確か蕎麦屋)来てほしいのか,何かをやめてほしいのか,
一体何なのだ。
そしてこの少女。
髪が風にそよいでおるではないか。
全く以て大したもんだ。(何がだ)



週末週末週末です。
「素敵な週末を,お過ごしください」
などとラジオのパーソナリティーは宣うが,
どうすれば素敵なんじゃ!!












毎週日曜日の早朝にやっておる,
春風亭某というヒトのやっておる「サンデーフリッカーズ」というラジオ番組が楽しい。
全く以て素晴らしいお人柄だ。
素晴らしい,というのは,常識に則った誰にでも優しいヒト,
という訳ではなく,アシスタント女子にいちいち仕様も無いことを
述べるところに大いに共感するのだ。
突然挟まる一寸した落語も聴き逃せないところです。
もう,始まっておるので,さっさとこの記事をでかす(仕上げる)のだ。


もう閉店してしまった温泉街のスナックの軒下に,
季節度外視の鯉幟(風のおもちゃ)だ。

2018satakei.jpg

季節に関係ない状態に置かれるものはままあるものです。
大方が,取り込み忘れ,仕舞い忘れではなかろうか。
もしかして,大急ぎで夜にどこかに行ってしまったのかもしれぬ。
止むに止まれぬ逃亡。
でも,店頭,というかドアには「諸事情により閉店します」というような
張り紙がしてあったから,どうかな。






2月中旬だ。
春は直ぐそこだ。
やること,さっさとやってしまおう!!










既出の元・豆腐店の軒下なのだった。

毎度,という訳ではないが,
まだまだどこにでもある,
昭和の遺産,ボンカレーでありますよ。
なぜ,着物か。

2018akiukanban02.jpg

牛肉,というのが,贅沢ではないか!!
如何なる出自の牛肉かは別として,
大いに期待をもたせる文句ではないか!!
下手な宣伝文句よりも,「牛肉入り」というだけで,
購買意欲倍増,というものでありますよ。

煙突やら雨受けやらとの共存もまた,趣深い。


そしてこの看板は,古いな。

2018akiukanban01.jpg

この,ペプシの看板も,まだまだ健在だ。
この当時の二大看板かもしれぬよ。
そもそも,紙のポスターは,直ぐに駄目になってしまう。
かといって,安価なプラスチック製品なぞ,
この当時はほぼ無かったであろう。
そうすっと,金属ですよな。
ブリキか鉄です。

タイル風の壁と共にあってこそのこの趣。
錆び具合が得も言われませぬ。




あぁそれにしても真冬にしてこの道路。
小生から見れば,もう,小春日和だ。
実に羨ましい。











既出の元・豆腐店の軒下なのだった。(その2)

動物に与える餌を入れる皿がたくさん並んでいたのだ。

2018esazara.jpg

どう見ても,複数の猫向けの皿の準備だ。
そして,隣の袋には,餌の空き缶が多数入っておる。

あと,特になし。

なぜ,このような低めのテンションなのか。
それはね,用事というか会合があったのをすっかり忘れており,
もう,終了間近なんだね,今。
こんなこと,かなり久しぶりであります。
行くって言ってたのに…。
大変申し訳ないことをしました。
こんなところで謝罪しても何にもならないのだけどさ…。









家の中に老婆の動くのが見えたのであったが,
勇気を出して撮影。

2018mototofuya.jpg

多分,豆腐作りに使われたものであろう,
そういう器具が外に出されておる。
嘗ては大活躍したのだろう。
大豆が絞られて,豆乳が出てきたのかな。
手前の寸胴は,結構新しめであります。
が,使われては,おらないのだろうな。

ごちゃごちゃあると,美しくないものだが,
それはまぁ良しとして,
紙袋は,大豆が入っていた袋でしょうな。
計量器がずいぶんと下にあるものです。
水が流れっぱなしです。
もしかしたら,今も細々と生産しているのだろうかと,
思わされるような水の流れっぷり。

中は,お婆さんが一人です。













>>次のページ