全国の皆様,おはようございます。
ご機嫌いかがですか(といったら“つぼいこのみです”)。
小生,逆流性なんとかというのを患ったらしく,
まぁ,騙し騙し暮らしております。
一時,あんまり調子悪くて,悪性の腫瘍なんぞが出来ていたらどうしよう的な
不安モードに入りまして,そのことばかり考えておりましたが,
胃腸薬を飲み,症状が治まると,そんなこと忘れてしまうもんだな。

というような話はさておき,
久方ぶりに純正の軒下でありますよ。

2017pumpwater01.jpg

車の整備工場というか,まぁそんなところの軒下が,
ずっと気になっていて,その割に放っておいたのだが,
見るからに,にぎやかな状態でありますよ。
パイプホース類の連結っぷりが得も言われぬ。
(連結といったらソウスイコー)

2017pumpwater02.jpg

手押しポンプは地下水を汲み上げますよ。
上部の排出口のみならず,横にもホース(パイプか?)が
つながっておりますから,
その水が何かしらに使われておるのだろうな。
使い古されたタオルが得も言われぬ。

2017pumpwater03.jpg
そしてこの水溜!!
水たまりではありません。
みずため です。
雨水をここに溜めておくんだな。
そして,拭いたり洗ったりするのに使うんだなきっと。
雨水導入管にぶら下がっているタワシのみならず,
レンチ(スパナ?)が威圧感あります。

他の場所でも,雨水を甕などに導入するところは見かけるが,
この,ミニ風呂桶(業界では普通に使われておるのだろう)に溜める
っつーのは,なかなかありません。
ものを大切に,有効に使おうという整備工場経営者の思いに
頭が下がりますことよ。






おはようございます。
昨夜,寝るようなときに(といっても小生は21時ころ),
急に降雨し,驚いた。
雨というものは,久しぶりでありました。

地域のほ場では田植えが大体終わり,
蛙が元気に鳴いておりますことよ。


さて,湯田温泉郷を歩くシリーズ,やっと終わります。
この,煙突で締めます。
煙突であることに特に意味はありませぬが。

2017yudachimny01.jpg

煙突が,妙な感じで突き出しておったのだ。
外に出す部分,これだけでよいの?
と疑問に感じたのだ。

ちなみに,下に転がっている石達にも興味津々でありますが。

2017yudachimny02.jpg

右の,下に向かっている,煙突と呼んでよいか分からないので,
排気口と呼ぼうと決めた金属の筒も,不思議な感じ。
この取り付け部が,金属で覆われているところに,
家人,或いは大工さんの思いやりが感じられます。

そして,奥のBSアンテナとの対比も面白いですな。


湯田温泉郷,決して立派な温泉旅館ホテルはないものの,
風情や旅情を味わうのならば!! ぴったりでしょう。
という小生は,23歳の時に,職場の懇親旅行で1度行ったきりですけど。




ところで,何を思ったんだか,10代20代の頃は
決して聴かなかったアランパーソンズプロジェクトという洋楽バンドの曲を
しょっちゅう聴いております。
この曲は,いつ聴いても,何度聴いても,良い。

Alan Parsons - 「Sirius / Eye In The Sky 」





という訳で,湯田温泉郷を歩くシリーズ,おしまい。





これはつまり,昨今よく見かける,
冬季の,雪国では使用されないエアーコンディショナーのカバーであります。

201sushieisuke01.jpg

チェーン回転寿司店(チェーンで回っているようだ)の軒下です。
この造作には,品が感じられますな。
正に,「和」。
(「わ」といえば,友達の輪の「笑っていいとも」ですな)

201sushieisuke02.jpg

冬季に使用することもちょぴっと考えているのでありましょうか。
格子になっていて,排気ができるようだ。
きっと使わないでありましょうけど。

…いや,民家とは違う。
暖房に,このエアーコンディショナーを使っている可能性もあります。
厳冬期にはあまり役に立たないように思うが…,どうか。


寿司店。
行きたい…。
回っていてもいいから,ちょっとくらい高くてもいいから,
良いものを食いたいと切実に思います。
寿司,万歳。




まるで蛇か龍かが絡みついているようであります。
ほぼ,蛇ですな。
女性にこんなに絡みつかれたら,と思うと苦痛に思える年頃の小生です。

2017snake.jpg

もう,店名に関しては,あまりに有名すぎるから,
隠す必要もないでありましょう。
そばには,名だたる名店が軒を連ね,
お金持ちの皆さんは,この辺に足を運べば大体の用は足りるであろうと,
そういう地区です。
(お向かいの,“カ”のつく店のロゴが映っている)

それにしても,よくもまぁ…,というのが
一番の感想です。
大したデザインです。
大した発想です。
此処のお店と蛇がどんな関係があるのかは窺い知れぬものがあるが,
とにかく大したものであります。

よく,「俺はこんなんじゃ終わらねぇ!!どでかいことを成し遂げてやるぜ!!」的な,
自己実現を最終目標にする人のことが小説やら映画やらドラマやらで
描かれるものですが,
「大したこと」というのは,人が判断するものであり,
おそらくその,どでかいことをしたい人の考える「大したこと」は,
周囲の人が考える「大したこと」とはずれており,
いささか滑稽な結果に終わる,というか,
結局何もしないまま終わってしまう,或いは帰って人に迷惑をかけてしまうもの
なのだよなぁと,
この店の蛇を見て思うのでありましたよ。

今シーズン,大丈夫かなと思っていたが,全然大丈夫でなかったようだ,
花粉症。
今日にでも薬を貰いに行かぬと,大変。
えー,ゆるキャラというものは,全国に2300体くらいいるようです。
いい加減,ゆるキャラ離れしないかね。
と,苦言を呈しつつ今朝はスタートでありますよ。

2016mizumo.jpg

清水の里では,「ミズモ」なる水を大切にしそうなゆるキャラを開発。
或いは,提案。
ぬいぐるみ着ているのを見たことあるような気もする。
あるのでしょうきっと。
そして,近隣小学校の学習で水に関することやったんでしょうな。
そして,ここんちの壁面に描かせてもらったと。
腹には「み」と書かれておる。
あぁもう,何の感情も湧いてきません。
食傷気味ではないか,ゆるキャラ。
ゆるいの反対で「きつキャラ」はどうか。
ぐいぐいと押しまくる。
きつくヒトの想いを縛りまくる。
なんだそれは。

それはそうと,脱ゆるキャラですよ。
みんなで同じことやっていたってホニャララなのだ。








>>次のページ