FC2ブログ
手が引っかかる。
思いも寄らぬものに,手が引っかかる。
40代中盤を過ぎ,一体どうしたことでしょう。
考えられるのは,筋力と空間イメージ力の低下,ですな。
走るとき,膝が上がらなくなったのも,然り。
瞼も垂れ下がってきた。実に年寄りくさい。
あぁ!! 軒下を始めた頃は,弛んでいるところなんてなかったのに!!
(財布はかなり緩かった。貯金ゼロ)

さて,たまには行きたい焼き肉屋。
でも,それほど行きたい訳ではない焼き肉屋(胸焼けする)。
そこの軒下の雨樋,といって良いのだろうか。
とにかく,雨を集めて下に流すパイプ。
大きかった。

2018yonezawaamadoi.jpg

ど~ですかお客さん(客はいない)。
やや稚拙な作りではあるが(←偉そう),
屋根の傾斜を利用して,その端っこにこのように洗面器状のものを広げておけば,
雨水もたっぷり回収できるというもの。
そして,回収した雨水は,地面に流されていくのであった。
これは,自然の摂理に逆らわない。
流してやった方が良い。

昨日朝,横に伸びる“光芒”を見た。
日の出の時間であった。
山から昇ろうとする太陽の光が,
その横の山の隙間から伸びていき,
光芒となっていたのだ。
良いものを見ました。

だからといって,自分に良いことが起こる訳でもなく,
ま,いつも通りでした。
いえ,むしろ,不完全燃焼な一日だったな。








大変だ!!
ふと気づくと、6:10。
サンデーフリッカーズが始まっているではないか!!
ボサッとしていました(←特技)
取り急ぎ、要件のみ。

2018ikyutomason01.jpg

とある蕎麦屋がありまして、それは左側の蔵状の
建物なのだが、
その隣の住居(でかい)の裏側に気になる階段が。

2018ikyutomason02.jpg

上がって下りる。
一体何のためにあるのやら。

こういうのを、古来より「トマソン」と呼びますね。
VOWというものもありました。
一時、ヒジョーに流行りましたね。
そういうものの見方考え方が大切なのです。
そういう人材を育てなければならないのだドン!!(←机を叩いた)


という訳で、皆様にもお勧めです。
日曜朝のFM番組、サンデーフリッカーズ。
メインパーソナリティーの発言(結構下品で毒舌)にいちいち共感しております。










3月に見つけたのは岩手大学そばにてオレンジのガスボンベ蓋で
ありましたが、
職場に随分とそばのところにこんなにたくさん見つけた。  

2018yakuodogasubonbehuta.jpg
青です。

青というと思い出すなぁ(この辺り、「居酒屋兆治」の高倉健風)、
会津若松郵便局の送水口、青かったなぁ。
(「居酒屋兆治」で大原麗子が演じる人妻役はあまりに悲惨)

青は、良いのだよ(この辺り、ギャンを褒めるマ・クベ風)。
あれは、良いものだ……。

ところで、蓋を外しておくのは、
どういった意図があるのでしょうねぇ。
ノズルを出しておくことがそんなに大切なのだろうか。
そんなに大切ではないんじゃないかなぁ~。


よく分からない演出で綴ってしまいましたが、
これから、
ウォーキング(もっとほかの言い方はないのかな)
に行ってくるのだ。
ほぼ毎日行っています。
公園を数周します。
頭の中でピアノを奏でながら、
ラジオ体操第1と第2を踊ります。
運動不足は、長寿の敵です。
なにしろ、120歳まで生きたいと思っていますからね。













まこさんが、秋田に、泊まった……。
会いたかった(自分が行けば良いのだが)なぁ。

ところで、これから、野菜の苗を買って、
献血しに行くであります。

2018kuraitasan02.jpg

タイトルの通り、杉玉が板さんのように鉢巻をしております。
それほど、珍しくはないのかもしれない。
がしかし、小生にとっては驚きであったのだ、
杉玉に注連縄が巻かれ、更には御幣まで挟まっておる。

御幣といえば、「幣もとりあえず手向山~」ですな。

2018kuraitasan01.jpg

この、藁ではない方の、毛氈みたいなやつは、名称が分からぬ。
出雲神社なんかにぶら下がっていそうではあるが。

注連縄が巻かれると、
杉玉が一気に神々しいものになりますな。
もっと、装飾できないかな。

では、出かけます。












秋田にもすりばち学会があるということを、ゆんべ、初めて知りました。
そしてそこに、あの、新潟の「まこさん」がやってくるというではないですか!!

ご近所路上観察ファイルを参照せよ!!】

少しコーフンしましたが、それほどすりばちに関心がある訳でもなく、
まこさんに会うというためだけで押しかけてもなぁと
思ったりして、
押しかけるのはやめました。
ゆうべ、飲み放題で酒を飲みまくって、まだ少しばかりムカムカします。
胸のあたりが、です。

さて、蔵の町増田にて猫が繋がれておった。
猫、自体に関心はないのだが、繋がれている、というところに
関心が高い訳です。

2018masudacat01.jpg

青い紐に豹柄の紐が(紐といえばシャーロキアンには堪らない、『まだらの紐』ですな!!)
つながっておりまして、
まずそこが着眼点の一つです。

2018masudacat02.jpg

更に面白く感じたのが、この、重しの石ですな。
その辺の石を拾ってきたのでしょうが、
この、ワゴンの足の部分に絶妙に食い込んでおり、
転がっていったりしない。
実に良い塩梅であります。



というわけで、まこさんが来る!!
秋田にやってくる!!
まこさんが、やってくる!!
(『がんばれ元気』のラストシーン風)












>>次のページ