煙突,といえば,煙を排気するための筒を言いますな。
が,これは,違いますな。
何といっても,金属製ではない。
煙突は金属でないと,熱で溶けてしまう訳であります。

2017kurokawahaiki01.jpg

大体,こんな低いところから伸びている訳がない。
そして,手前のマンホールに石が置かれておるのも,なかなかだ。
バキュームカーが吸入するホースを差し込む穴のマンホールも,
マンホール界隈の人たちは気にするのでしょうか? 傭兵鉄子さん。

2017kurokawahaiki02.jpg

左側にあるタンクが灯油タンクであることからも明らかなように,
これは,お便所の排気口と推察される。
臭いを逃す訳ですな。
というか,あの,発生するガスを逃してやらないと,
穴の中が破裂寸前になってしまうのであろう!!

といっても,周囲が臭くて仕方ない,という訳ではないです。
爽やかな朝でありましたよ。






かつての記事で,
男鹿市のとある地域で,2階に昇る梯子が,
煙突の支えにもなっている。
そういうのがありました。

これは,どうか。

2017masudaentotusasae01.jpg

ま,梯子には見えませんな。
煙突にはつながっておる。
この特異な形状,市販品とは思えませぬ。
それどころか,煙突に届くまでの部分が長すぎるのではないか。
煙突に届くまで,3m位はあるよ。
もしかして,これは,流用だろうか…。

2017masudaentotusasae02.jpg

にしても,この煙突の先っぽ!!
一酸化炭素中毒を引き起こしてしまうよ。
ぐんにゃりと折れて(雪のせいだ),
先が塞がっておる。
こんなんだったら,排気口だけで良い。
なにもかも,仰々しすぎる。

…と批評するほどの立場にはありません。
何かしらお考えがあってのことでしょう。
予測推測推論類推して楽しむだけであります。






連休だ!!
先日止まってしまった映画は,「ブレードランナー2049」でした。
もういいかな,と思ったけど,
主演がライアンゴズリングだったのが余りに意外で,
それに加えて,途中から先輩ブレードランナー(ハリソンフォード)を探しに行くというのだから,
やっぱり観なきゃ!!(予備知識なさ過ぎ)なのであります。

あと,猿の惑星も観なきゃいけない。
大変です。年末に向けて,5本くらい観たい映画(勿論スターウォーズも)があり,
大変です。









ブリキって何でできているのだろう。
国語辞典(新明解)で引いてみたのだ。

すると,合金のことではなかったのだ…。
(ちょっとショック)
薄い鉄,つまり,鉄板ですな。
その表面に錫をメッキしたもの,とのことでありました。

へぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇ(古い)

ま,そういうことで,久しぶりのガスボンベカバーですたい。

2017sakanositaburiki01.jpg

なんだか,ぞんざいなかぶせ方のバケツです。
が,これ以上,どうにもならなそうでは,ある。

それよりも,手前の,左側の,鉄パイプ群が,
良い感じに腐食しておりまして。
これはこれで魅力。
触ったら手が赤くなりそうだけどね。

2017sakanositaburiki02.jpg

この神々しい姿!!(大袈裟)
チェーンで保護されておるのもまた,得も言われぬ。








昨日,なかなかに得がたい体験をしました。

簡単に言うと,映画館で観ていた映画が,途中で止まった。

なかなかないでしょう?









ゆうべ,ドカン,と地震が起きた。
隣の隣の市が震源で,内陸で,一瞬で終わった地震であった。
が,ドキドキがなかなか治まらなかった…。
北朝鮮には関係あるまいと思いつつ。


懐かしいロゴを発見したのだ。
ガイシュツの「子ども会ラジオエコバッグ」の物件と同じ玄関だ。

2017nakayosi01.jpg

なかよし。
幼少の頃,よく遊びに行っていた叔母の家のそばにあったスーパーだ。
もう,スーパーの代名詞にすらなっていた,なかよし。

それを,こんなにも離れたところで,しかも,そのスーパーの籠が
何故このようなところに。
青い籠です。
拡大してご覧くだされ。

2017nakayosi02.jpg

鳩が何かをくわえて飛んでおる。
鳩といったら何をくわえて飛ぶのでしょうね。


あぁそれにしても,本日,北朝鮮の建国記念日。
細長いものを発射しないでほしいものだ。






Steely Danのギタリスト,Walter Beckerが死去した。
古い古いバンドでありますが,
20代の頃,つまり,90年代から00年代にかけて,それはもう
よく聴いていた。
Bar Pocketとのマスターとは,このバンド(特にDonald Fagenだけど)が縁で
仲よくなったというものだ。
もう少しでDonald Fagenが来日するというのに,
こんなことになってしまうなんて,という気持ちで一杯だ。
当分,Steely Danを聴き続ける。

ご存じない方も,ちょっと,興味をもってくだされ。



さてさて,夏の思い出であります。
飲み会がありまして(お盆前日の!!),
翌日,電車に乗って車を取りに行ったのです。
そして,駅からの道中,といっても数百メートル,
見つけたのがこれだ。

2017kodomokairadio02.jpg

最初は何とも思いませんでしたが,
よく見ると,衝撃の事実。

2017kodomokairadio01.jpg

この袋の中にはラジオが入っておるらしい。
朝のラジオ体操に使うラジオが入っていて,
おそらくは当番の人がここから持っていって
かけるんだなきっと。

段ボールの切れ端(切れ端,というのが味わい深い)に,
「子ども会 ラジオ」と書いてある。
エコバック(かつてかなり流行ったが,今では日常~)に,
紐でくくりつけられているのも味わい深いというもの。

葡萄か!?と思える植物の瑞々しさもなかなかであります。
真夏の朝の,爽やかな軒下であります。









>>次のページ