FC2ブログ
これは,どうなのだろうか…。

2018tomasontobira.jpg

この扉を開け閉めしなくとも,向こうに行けるではないか。
この扉は,こちら側と,何とを区切っているのだろうか。
この扉を通ることで,どこか違うところに行けるのか?
「軒下徘徊」と検索しようとしたらたまたまHitした,
「軒下は異界」なのですが,これは,まぁ,ぐみやんという,
知り合いではあるのですけどね,
その,「異界」に行けるのではな異界?(駄洒落)と思えるような,
そんな扉な訳であります。

小学生の時,オカルトブームがやってきまして,
ユリゲラーのスプーン曲げから始まりましたそれは,
月刊「ムー」(アトランティスにしなかったのは何故だ)が発刊され,
「恐怖新聞」を,怖いのに夢中になって読み,
そのうちに,「教室の隅っこから,異次元に行ける」という,
奇妙な噂が流れ,
一人では異次元に行きたくないもんだから,友と手を繋いで
挑戦してみたが,行くことは叶わず,
まぁ,今になって思うと行かなくて良かったかな,と思える訳であります。



明日から上京しますぞ。
一応,仕事。












それがどうした!?
と言われそうではあるのですが…。

2018blocktoi01.jpg

賢明なる読者諸氏の皆様ならば分かって貰えるはずと自らを鼓舞しまして,
紹介であります。
この,ドアの横にある雨樋,というか,雨管のようなもの。
右側のドアの老衰っぷりもなかなかでありますが,
やはり,このブロックと雨管に,???だったのであります。

2018blocktoi02.jpg

拡大して,分かったことは,ない…。
結局,そういう状態にある,ということだけでしかない。
一体どういうことなんじゃラホイ(←ホイってなんだ。かけ声の一種かね)。

が,とにかく,こういうものにも目を向けていかなければならないんじゃ!!(急に西日本のヒト)













これはまるで,防空頭巾ではないか…。

2018keiryo.jpg

実質的なところ,防空頭巾は如何ほどの,防御能力があったのだろうと思うのだ。
竹槍と同じく,気休めに過ぎなかったのではないか。
考えると,なんとも遣り切れない…。

この物件のことを楽しく考えましょう。

まぁ,こんなの滅多に見ませんよな。
そもそも,こういう計器類は,雨風或いは風雪に耐えられるように
製作されておると思うのだが,
ここんちのヒトは,機械に対する温かい思いやりの持ち主なのであろう。
景気たちも喜んでおるよきっと。




毎日いろいろなことが起こるものだ。
良いことばかりではない。
むしろ,悪いことの方が多い。
受け入れて,乗り越えて,耐えていっているのだな,世の中の人たちは。
小生なぞ,ほんとにいつもボサッとしておる。
ヒトの役に立とう。
(今日,プールに行ったとき,脱ぎ捨てられていたスリッパたちを整列させた)













穴でもあいているのかな。

2018dumpryuyou.jpg

何の気なしに撮った一枚ではあるが,
モノクロ的な周囲の色の中にポッカリと浮かんだイエローが美しい。
(一端の写真家気取り)

にしても,何でまたこんなところにダンプのヘラの部分が?
そして,右側のすのこ状のものが取り付けられておるのも
解せぬ。

ま,楽しい状況だから良いのだけどさ。




昨日,一つの山を越えた……(仕事の上で)。
疲労で,今朝は,起きれませんでした。
(といっても5時過ぎには起きた)

今欲しいのは,小さいPC。
前のPCに繋いでいたモニター(プリンストン製)が
無用の長物と化して,部屋に転がっている(実際は転がっていないが)。
せっかくだから,という,なんとも無駄遣い感露わな考えであります。
手のひらサイズので,3万円くらいの,ないかな。














曇天といえば思い出す。
福岡に旅した時のことを。

2018negi.jpg

春先の曇ったある日、初めてのところで
(今まで干されているの見たことない、という意)
葱が軒下に並べられておるのを見つけた。
これも、白菜と同様、冬の間、雪の下に、
シートか新聞紙などに包まれて、保存されていたものだろうと
推測できる。

葱は、日本のハーブだと、常々思っています。
いえ、ミントみたいに爽やか~な香りがする訳ではないが、
刺激を与える、という意味では、ハーブです。
葱、大好きだ。
すき焼きに入れるとき、シャキシャキのままで食べる派と、
くったりと煮込んでから食べる派とあると思うのだが
(コミック「昨日何食べた」による)
小生は、食ったりと煮込んだのが好きですな。
酒もご飯も進みます。








>>次のページ