え~,ガイシュツの(しつこい),森のみみずくのカレーを食いに向かわんとしているときに,
いろいろ見つけた訳です。
飲屋街の,明るいときは,暗いときに見えないものがよく見える。
明るいときに入る風呂の中であちこち汚れているのが見えて
見て見ぬ振りするみたいに(なんのこっちゃ)。

いきなりの大物でありました。

2017entotusasae01.jpg

あまりにネタ満載で,切り取ってご紹介致します。
とにかく,この,佇まいからいって,もう,只者ではないと,
ついつい句読点でたくさん区切ってしまうほどの畏れを抱いたのだった。

2017entotusasae02.jpg

DIY感,満載です。
後から後から継ぎ足されていったであろう付帯物が,たっぷり。
この鉄の階段でありますが,
登るためにはどうするのだろう。
窓から出るしかないか。
階段から上って何をするかといえば,雪下ろししか考えられぬが,
北上の地でそれほど多くの雪が降るとも思えぬ。
(太平洋側だから)

2017entotusasae03.jpg

冷房の室外機があって,クリーム色のポストがあって,
ガスボンベがあって,鉢が置かれていて室外機の放熱効率が心配され,
電線が伸びていて,
雨樋があって,赤茶けた鉄板のような壁があって,と,
この部分を切り取っただけですでに混沌としている。
ザ・カオスです。(プロレスラーにいそう)

2017entotusasae04.jpg

この物件の一番の目の付け所はこれであります。
煙突を塩ビ管で支えているところだ!!

…と,今になってよく見ると,違いますな。
奥に雨樋があって,その手前に煙突があるだけだ。
そもそもこの煙突は何の煙突だ。
今となっては懐かしい,石油ストーブ(ヒーターではない)を
使用していてもおかしくない佇まいの建物だ。

とにかく,見事なまでの佇まいの建物でありました。
夜はどうなるのかな。









猫といえば,長崎LOVEだった(今もそうだけど)16年前(!!)の
この記事が蘇るのであります。


*****************************************
「三猫」

cats.jpg

長崎って、猫が多い!猫好きにはたまらんですバイ!(同行のKくんに、「バイ、なんてつけませんよ」とよくたしなめられた)

これも、坂道をかなり上っていったところなのだが、この状態で、ずっと猫が日陰で休んでいるのだ。ほんで、3匹ともずっと小生の顔を見ていて、写真を撮っている間も見ていて、前を歩いて通り過ぎるときも3匹そろって顔の向きを変えて小生を見つめていたのだ。機械のようでありました。
ちなみに、この調和を崩したくなくて、近くに寄ることはしなかったのだ。

ところで、長崎弁のことなのだが、「好きだよ」をいうとき、「すいとっと」というゆだが、じゃあ、「空いている」というときはどう言うのだ!?これも、「すいとっと」でよか?ちなみに、一番気に入った言葉は、バスの中のパンフレットに紹介されていた「めしば はらいっぱい くうた」だ。めしばはらいっぱい食いすぎて3kg増量し(自分が)、目下減量中。 
(01/08)  
*****************************************


あぁぁぁぁ,楽しい旅でありました…。
なんというか,無邪気に生きていたよな,この頃。
全てのことが楽しく思えました。

で,最近見つけた猫が,このシャム猫だったのです。

2017syam01.jpg

シャム猫っつぅのは近頃あまり見かけなくなった気がする。
前は,たくさんいた気がする。
そもそも,シャム,というのは国の名前ですな。

2017syam02.jpg

そもそも,紐を付けられている猫,というのは,
なんだか飼い主に束縛されているようで,
そもそも,自由度100%なのがそもそもの猫の存在なのでありましょうから,
紐を付けるなんて,飼い主のエゴイズムなんですよ(机をドン)。
といいつつ,結構どうでもよいと思っています。
一番好きなペットは,熱帯魚です。






梅雨,まっただ中,という毎日です。
が,それほど蒸すこともなく,
毎日長袖シャツを着ております。
歳,とったもんだ。









POPといえば,小生の中では,アンディウォーホールだ。
まっっっっったく詳しくはないのだが。
そもそも,全然POPではないかも知れぬが。
で,この,ロゴですよ。

2017kubota01.jpg

農機具界の最大手,クボタであります。
何かの重しであろうと察する以外,何も分からぬ。
せっかくだから(なにがだ)拡大すると,
こんな文字です。

2017kubota02.jpg

何に使うのか,まっっっっったく分かりません。
下の台が,妙にフィットしているのが興味深いです。
もともと,水色であったのだろうな。
昭和の製品であろうな。
まさか,「クホク」ということはないだろうな。
突然,不安になってきました。
それくらいで不安になる必要もないのだけどさ。





いま,一番したいこと。
畑の草むしりでありますよ。








春になると,除雪機は仕舞われますな。
でも,春先は,まだ外にありますよ。

2017josetukiooi.jpg

雪の排出口が,ゴミ箱とおぼしきもので覆われております。
まさか,ゴミ箱とは。
このままで,夏の間,置かれておくのだろうか。
あと,エンジンの排気口らしきところが,
ペットボトル(ホントに便利なものだ,ペットボトル)で覆われています。

それにしても,ローターというか,
回転する羽の部分が,むき出してありますな。
このままでは,危険。

もろもろ,今,どういう状況かよく分からないのも,
乙なものであります。
路上観察の醍醐味。
よく分からないものをあーだこーだと言うのが楽しいのだと,
赤瀬川先生も仰っておられる(確か)。





昨日から梅雨入りだというが,雨が降ったのは昨日だけ。
今日からずっと晴れ続きの予報。
ま,それはそれでよし。
明日,『ハクソーリッジ』という映画を観に行こうと思う。
県内でやっておらぬので,
北上まで行かねばならぬのだ。







鶏胸肉です。
服も,網も,何もかも,煙の匂いになります。
でも,鼻炎発動中で,匂いがよく分からぬ。
で,ま,それなりにできました。

という話ではなく,季節はずれの,
これは放置か?と思わせる干し大根であります。
干し大根といったら大概は秋なのにねぇ。

2017yudahosidaikonn01.jpg

といっても,撮影したのは3月下旬。
そして,いま,5月であります。
この時間差をお許しください。

2017yudahosidaikonn02.jpg

結構な量です。
左側の中の4つが下の段にあるのは,
もともと上にあったのだと思われますが,
何らかの都合で下に移したのだと思われる。

だから何だと思われることでしょうが,
探検家としては,まぁ,なんというか,そういうところにでも
目を付けないと,話が続かないというか,なんちゅうか。


この,漬け物を目的とするのではなく,煮物にすることを
目的とした干し大根,
煮ると,スカスカになったところに煮汁が染みこみ,
なかなか独特の美味しさがあるものですよ。

“サク”や蒟蒻,人参などと煮るのが一般的です。
ちなみに小生はそういうものを調理したことはない。






きのう,動物園に行ったのだ。
ビッグフォレストマウンンテンの。
孔雀,英語でいうたらピーコックですな。
鳴き声が「ミャ~」というもので,ビックリ仰天しました。









>>次のページ