みなさまおはようございます。
(『Dr.スランプあられちゃん』で「おはこんばんちわ」という便利な言葉があったな)
梅雨入り宣言です。
宣言,という言葉は,かなり力強いですな。
小生は,節度ある,デリカシーある暮らしを宣言したい!!

などということは置いておき,
いきなり,大作になってしまったのであります。
結果的に。

2017Blackstar.jpg

はじめ,6角形を作りました。
各頂点から中央部に盛り上がるようにして,
膨らみを両面に作りました。
最後に,星としてのとんがりを作りました。

でかいです。
でかすぎて,品がありません。
シンプルな正8面体が余程品があります。
「木冬館」で珈琲を飲みながら,しみじみ思いました。

巨大ヒンメリを制作する人もいます。
もう,ギャラクシーですよ。
ギャラクシーは,日本人らしくない。
北欧らしくもない。

だから,小さく,品のあるものにしようと,思ったのでありました。










おはようございます。
全国津々浦々,読者諸氏の皆様,いかがお過ごしでしょうか。

6月になり,初夏でありますよ。
初夏に何だかふさわしい,ヒンメリの二つ目を作ったであります。

2017himmeli0602.jpg

接合部の,緩いところは,まだまだ慣れぬ故です。
言い訳です。
何度も作らないと,上手はなれぬ。
木綿糸を使って作るのは限界がある,というか,
まだるっこしいのですよ。
針を使って糸を通すのがなかなか難儀。

今回の工夫は,内部にもう一つの立体をぶら下げることであります。
が,今ひとつ,全体的にシャキッとしません。
もっとシャキッとさせたいと切に思う。


まだまだだ。









ヒンメリとは,学力が高いといわれ,世界各地からの視察が相次ぐフィンランド
の伝統的な工芸品といわれているものだ。

喫茶店「木冬館」でぶら下がっていたこれに出会った小生は,
いっちょやってみようかと思い立ち,
材料を購入したのが3月の末,
ちょっとやってみたものの思うように捗らず,
再開したのが先ほど,朝8時,
朝食にホットサンド(お洒落でしょう)を食し,
必要以上に満腹になった後,スタートした。

できたのがこれであります。

2017himmeli0528.jpg

細かい言い訳は,すまい。
作りながら立体を維持するのは不可能だと,作りながら悟った。
ちなみに,いわゆる「作り方」を調べたりはせずに,
思うようにやってみようと考えました。
材料は黒いストロー,糸。
以上です。
クリップを糸通し状にしたものに木綿糸を結いつけ,
同じ長さに切ったストローの中を通します。
順番がよく分からん。
ぐじゃぐじゃになる。
途中で2度ほど,投げ出そうと思ったが,
まぁなんとかかんとかつながりました。



そして先ほど,作り方をインターネットにて検索したところ,
うじゃうじゃありました。
一つ拝聴しまして,なるほどと納得。
平面でつなげていって,最後に立体に仕上げるようです。
そして,木綿糸よりも,タコ糸の方ががっちりとしていて良いようだ。




何をするにも,試行錯誤,苦労するのは大切だということであります。
簡単に結果が出て嬉しいものはそんなにないでありますよ。