新商品「HAMA CURRY(はまカレー)」販売開始!

とのことで,広告にカレーが載っていたのだよ。
で,昼飯を食いに,早い時間に行ったのだ。

で,タッチパネルで注文。
お茶を飲みながら,待つ。
すぐ出てくるであろうとタカをくくっていたのだが(小生の祖母の名前もタカ),
なかなか出てこない。
ホントに出てこない。
ついつい,寿司を2皿食ってしまったよ。
で,やって来たのがこれだ。

2017hamazusicurry01.jpg

病院のお食事を思い出しますな。
この,プラスティックの蓋。

2017hamazusicurry02.jpg
バターチキンカレー 280円+税

チキンが,それなりに入っておる。
状況のせいなのか,味が良く分からん。
スプーンがプラスティックだからかな。
量がちょびっとだからかな。

そうしているうちに,もう1種もやってきた。

2017hamazusicurry03.jpg
TOKYO黒カレー 280円+税

つまり,ビーフカレーですな。
玉葱をかなり炒めて,濃い茶色にしてから
カレーを作ると,こういう色になります。
一晩寝かせるのが大切とGHEEの赤出川さんは言うのだ。
(現在,新店舗が原宿にできたから行ってみたい)

8月2日に販売終了になった模様。
時の過ぎるのは早いものだのう。




で,現在,長寿台風が接近しております。
ゆうべは大風でした。
台風は女性名詞らしいから(よく,キャサリンとか名付けられておる),
お婆さん台風ですね。
でも,勢力はそれなりにあるのですね。
困ったものだ。







肉に金を払っているようなものです。
ステーキ店のカレーです。

ここの店,店先に「ザ・カレー」とでかい看板が立っています。
ずっと気になっておったのだ。
そして,半年ほど前に訪問したとき,カレーがなくて,
退店するほどの気にもなれず,同額の「ランチ」を注文して,
それに甘んじてしまったのだ…。

で,再び訪れる。
おそらく,勤務先からいちばん近い飲食店だな。

2017narusecurry01.jpg
ビーフカレー 1200円

そとはかなりの暑さだったのに,熱いお茶が出ました。
福神漬け,別皿です。
グニャグニャの金属容器に入って出てきます。
強気の値段設定です。
この容器は,「ソースボート」と言うそうです。
函館の「五島軒」で,店の人に訊きました。
17年前くらいの話です。

2017narusecurry02.jpg

ご飯にかけました。
贅沢にも,肉を2個だ!!

肉は,でかいです。
柔らかいです。
マイウーです。
スプーンが止まりませんよ。
手が勝手に動きます。

2017narusecurry03.jpg

全部かけました。
肉は小さいのもありますが,
全体で6個ぐらい。
1個150円くらいのイメージで食べました。

食べ終わりそうなとき,ホットコーヒーが出てきた。
それを飲んで,かなりの満腹。
降参です。

こんな贅沢カレーを昼から食ってしまい,
世間様には申し訳ない気持ちでいっぱいです。
すき家のカレーだったら2.5杯は食えるぞ。
腹も心も満たされるカレーでありましたよ。







かつて,「ワンオペ」という言葉がありましたな。
そして,強盗に入られて往生したという。
すき家の店員の帽子,ベレー帽風にした上に,
耳までカバーして,絶対に髪の毛を落とさんけん!!
という意気込みと気合いが感じられますな。
広島弁風なのは広島カープが好きだからです。

すき家でカレーを食いました。
ごく普通のカレー。

2017sukiyaporkcurry.jpg
ポークカレー並盛り 450円

じゃが芋の存在感がなかなかです。
こう,なんというか,ピーマンの入ったものって,全体的にピーマン味に
なりますよな。
そういう感じです。
全て,隅から隅まで,じゃが芋に支配されています。
だから,自分で作るカレーにはじゃが芋を入れないんじゃ!!

じゃが芋は別添えにします。
敬愛する新橋は「ザカリ」のように,サブジ(とゆうインド風炒め物の名前)にして,
添えます。
まるっきり,ザカリの真似です。
今風に云うと,「○○リスペクト」みたいな?

それはそうと,なかなか美味しいカレーですよ。
ファーストフード店なんだから,350円にしてほしいなぁと思う。
が,仕方ないか,と思う。

すき家には,メガサイズを超えた「キングサイズ」というものがあるらしい。
いや,あったらしい。
今から数年前,「カレーキング890円」というものが発売されたようだ。
メガサイズ2杯分あるらしい。
で,同級生(割烹の2代目)によると,当時の皿が残っていて今も頼める
とのことであります。
食べるかどうかは,まだ決めていないです。
それよりも,湯沢市カレー行脚(カフェで1杯,食堂2軒で1杯ずつ)の方が
ずっと実現性は高いのだ(自分の中で)。
ただ,半日かけないとお腹壊すな…。









カレーに牛タンが入っているのです。
焼き肉屋の牛タンには特に興味も関心も意欲もない小生は,
仙台の,牛タン屋の牛タンは大好きだ。
で,そのタン(英語で言うところのtongue)がカレーに入っているというのだから,
食べる前から大好きです。

2017meruparukutonguecurry.jpg

楽天(野球の)の試合を観戦した翌朝,宿泊したホテルの高級朝食バイキングを
味わった訳です。
そして,牛タンカレーがそこにはあったのでありますよ。
多くは望まない。
例え,牛タンの質量が125立法ミリメートルであったとしてもだ(つまり1辺5mmくらい)。

牛タンは牛タンです。
味わいのことなど考えず,ただひたすらに牛タンの欠片を探し求める。
求道者であります。
でかい皿がないもので,ケーキ皿みたいなのに限界まで盛りつけます。
ついでに,ポテトサラダも。
(マッシュポテト的なものはカレーには合うが,ポテトサラダはちょっと…でした)
3杯食べました。
もともと,ケチで欲張りな性分ですから。


ちなみに前日は,外国人選手(アフリカ系)が何本もホームランを打ち,
楽天イーグルスは快勝したのでありました。







ゆうべ,拙サイトを見てて思いました。
ガストのバターチキンカレーの項で「トロリといったら王蟲の体液」と
タイトルに書いとる(洒落ではないです)のに,
本文で全く触れておらない!! と。
というわけで,ちょっくらその話をします。

つまり,トロトロしているものは,『風の谷のナウシカ』の
原作(漫画です)に出てくるシーンで,
でっかい蝿みたいなのにナウシカが飲みこまれ,
それはまるで,『新世紀エヴァンゲリオン』の操縦席に満たされている液体みたいに,
体内に入り込んでしまっても窒息しないような,
そういう液体で,
とにかく,「トロリ」という擬音描写が印象的で,
トロリというと,海苔の佃煮よりもそちらを思い出してしまう,という
しょうもない話を延々と書き連ねてしまう小生をお許しください。

で,焼き肉屋でカレーが食えるとは思わなんだ。


いつもお世話になっている仲間達(全員年下)の一人の誕生日が,
5月でありましたが,なかなか都合がつかず,
無理矢理日にちを決めて先月末に焼き肉食い放題飲み会をやったと
思ってくだされ。
いい歳して,みんなでプレゼントを贈りあうのが慣例で,
小生はペプシ詰め合わせを贈ったが,
帽子をプレゼントしている人が多かったな。
なぜでしょう。


それはそうと,食い放題の終盤で,みな,冷麺を頼み始めた訳です。
小生もそうすっか,と思ったそのとき,メニューに
「まかないカレー」690円 という,強気な価格設定の
カレーを発見。
といっても,食い放題だから,全く気にせず,
それよりもむしろ量が多いのではないかと心配しつつ,注文。
きました。
これです。

2017daihukucurry.jpg
まかないカレー 690円

おそらくは,和牛を使っているから,
こういう価格なのでしょう。
粘度が高い。
鯨飲鯨食のせいで(特にポテトサラダを食いまくった),
味がよくわからんです。
肉はごろごろとしていました。
感想は,以上です。





今日明日と,予想最高気温が34℃。
目を疑いましたよ。
真夏襲来です。
梅雨があっという間に過ぎ去ってしまう。
毎日素麺でもいいな。
「スタミナをつけよう」などというが,
脂ギッシュなものばかり食うと,
つまり,脂質,タンパク質ばかり摂取すると,
おそらくは,小生のおなかはダウンしてしまいますな。
まったく,「スタミナ」という表現は,
なかなかにヘンテコなものです。
嫌いじゃないけどね。














>>次のページ