画像を見るだけで,このカレーのスパイス香が蘇ってくるであります。
香りは,記憶だ。

2018gitacurry01.jpg
スパイスカレー 880円

2回目の喫食であります。
前回とちょいと違うのは,添え物の一部だ。
芹だよ。

2018gitacurry02.jpg

芹のおひたし風が添えられておりまして,
混ぜてぐじゃぐじゃにして食べると,宜しい。
小さな豆も旨い。
全体として,ボリュームは抑えめなのだが,
それを茹で卵が補っております。
そして上にかかっている葉っぱ!!
いろいろ勉強して,何かの拍子に分かったのだ。
カスリメティ。
独特の芳香です。
つーか,カルダモンの葉っぱだとのこと。
いろいろ使うものです。
小生も,手に入れたい。











カレーの記事,いつの間にやらどんどんと積み重なり,
この記事で82カレー目。

とある機会に,ステーキを食いに行ったよ。
そして,メニューにカレーとあるからには,頼まずにはいられず,
頼んでしまいました。
お腹には,余裕があったのだ。
ステーキ(150gでもなかなかの量!!)後であったのに!!

肉を扱っている店のカレーは旨いと相場が決まっとるんだ!!
という気難しげなお父さんのイメージで注文しました。
心の中で思っていただけです。

2018tyapicurry.jpg
平たい大きなお皿に盛られたカレーは,大曲の「ミルクハウス」を
想起させるであります。
大きな皿に盛られているカレーというのも,なかなか良いものです。

細かいことを気にせず,ガツガツいただきました。
ジャガイモの存在を感じさせるカレーでありました。
大変美味しくいただきました。
ステーキ食ってカレー食って,素敵な気分です。












素晴らしい店であります。
5千円ちょっとでメニューにあるもの頼み放題,飲み放題。
こういうことしているから酒の有り難みが薄れてしまうのだな自分…。
飲み放題を,本年は卒業したいものです…。(きっとできない)

で,メニューの中に,小体なカレーがあった訳だ。
で,前回は頼めなかったので,(腹一杯で)今回は,計画的に注文。
これだ。

2018tongenyellowcurry.jpg
カレーライス 単品での価格不明

近年まれに見る黄色さであります。(大袈裟協会)
器が可愛らしい。
これだけで食事を終える人がいる訳もなく,
だからこその小さな器でありますよ。

3口ぐらいで食いました。
(3口と言ったら嘗ての三角そばの中華そば)
それなりに美味しゅうございました。
ご馳走様でした。
しゃぶしゃぶを乗せて食えば良かったと,
今更ながら気が付いた。
蕎麦も旨そうでありました。






ところで!!!!!!

近頃,レコードを聴ける,簡単なオーディオシステムを構築いたしまして,
散々愉しんでおります。
面倒なのが良いです。
CDに比べると,明らかに,多くの音が聴こえてくる!!
これで,高価で性能の良い機器に手を出してしまったら…
と思うと夜も寝られない(寝られるけど)。
先日,Pocket のマスターにお借りした,DURAN DURANのライブアルバムを
今,聴いております。
まさか,そんなアルバムがあったとは思わなんだ!!
敢えて,“カセットテープ”にダビングしたい。
世の中,逆に進む時もあるのだな。
懐古主義とは一寸違うつもり。

何だったんだ,あれは!!

このカレーを食った日とは別の日だが,
仕事で遅くなった日の夕食に吉野家に寄りし際,
21時過ぎというのに店内に人がわんさか。
しかも,持ち帰りの人だらけ。
しかも,みんなスマフォをいじっておるよ。
小生,すき焼き膳を食ってみたかったので,注文後,
よくよく観察してみると,
ソフトバンクユーザーは牛丼を1杯もらえる
とのこと。

もらえる!?

値引きどころの騒ぎではない。
どうやら,時間によっては駐車場に車が入ってこられないほどの
混雑であったようだ。
しかも,全国で同じような騒ぎ。

小生,至って否定的です。
いえ,ソフトバンクユーザーでもないし,スマフォも持っていないし,
自分が甘い汁にありつけないからと言う僻み根性でもありません。

一言で言うと,さもしい。
別の言葉で言うと,あさましい。

この件については,あといいです。
これまで,ケンタッキーフライドチキンやミスタードーナッツで
同じようなことが行われてきたらしい。
2月いっぱい,吉野家では毎週金曜日にこの喧噪というか
騒擾が見られる訳だ。

さて,先日,白カレーを食った際,「ベジ」という野菜盛りがあることが
分かりましたので,
その,野菜が乗ったカレーを食いに行きました。
すき家でも野菜たっぷりカレー的なものが夏に出ますな。

yosinoyakurovegi.jpg

野菜に圧倒された。
特に,根菜類。
その中でも,牛蒡。
他には,蓮根,南瓜,ブロッコリ,薩摩芋,パプリカ,ヤングコーンです。
薩摩芋,というのが意外でありましたよ。

そして,後悔すべきは,野菜に夢中になっちまい,
肝心の黒カレーの味はよく分からぬまま。
1回目のときはなかなかに印象的であったのだが!!






さて,立春だ。
「春遠からじ」と申しますが,
使い方には,気を付けたいものだ。









キリンビール工場の見学。
そして,試飲。
素晴らしき時間でありました…(遠い目)。

あまり大きな声では言えんのですが,
50分間の見学をすれば,
その後に!!
なんとタンブラー3杯分の!!
ビールを!!
飲ませてくれるのですよ!!

つまみは,柿の種を一袋,くれます。
足りないです。
つまみを持ち込みたいです。

にしても,素晴らしかった!!
50分間と引き換えのビール3杯。
もう一度,なんとかして行ってみたいものだ!!

さて,見学の後に,敷地内のレストランにて昼食を摂りました。
焼き肉プランで,ハーフバイキング付きです。
つまり,お金のかかるメニューもあるが,
そうじゃないのはなんぼ食っても良いよ,ということです。
そしてカレーがあったのだ。
バイキングのカレー。
エンドレスに食えそうな気がする。

2018kirincurry.jpg

温泉たまご(ハーフバイキングより)と焼き肉(残ってたヤツ)を乗せました。
具の存在がほとんど感じられないカレーです。
でかい木の皿に盛りました。
ガツガツ食って,おかわりしました。
今度は小さい器にしました。
せめてもの良心です(誰に対してだ)。
著しく,腹がいっぱいになった。
最後は赤ワインをグラス2杯で仕上げました。
素晴らしき時間でした。
カレーが存在した,というだけで,幸せでありました。





>>次のページ