勤務先からの帰り道,
すき家の前を通ることはあまりないのだが(行きと帰りとでちょっと違う),
前を通るときは,外に掲示されている,
「今の売り出し中商品」的なでかいポスターを
気にする訳だ。

で,今回のは,もう,食わずばなるまい,と思い,
言ってきた訳だ。

ちなみに,すき家のホームページで調べてみたら,
「デラックスカレー第1弾」なるものも提供されておるようだったが,
ただ単にトッピングを組み合わせた上で
50円くらい値引きしたという,
何の工夫もないものであったから,
全く食指を動かされず。

2017sukiyacurrynanban.jpg
カレー南蛮牛丼(並) 480円

ご飯が別に欲しい。
上の具を少しつまみながらご飯食べて,
残りを食べるという,
かつてのカツカレー+ライスのようなことををやりたかったよ。
でも,お腹が心配なので我慢したのであります。

カレーは,もう,和風ど真ん中の,カレーそばのカレーです。
油揚がなかなか美味。
とろっと煮えたネギも乙なものです。

初め,箸で食べていたが,
「これは,カレーだよ」
と思い始め,スプーンというか匙を使って,
モリモリいただきました。

旨かった!!









あぁそれにしても,送水口ナイト,行きたかったよ…。
来年は,来年は,と言い続けて,AYA総帥に
「いつ来るのだ…」
と思われているに違いないのでありますが,
そのうち,行きます。
固く決意。




台湾料理店,と銘打ってはいるのだが,実質は中華料理屋だと思う。
中華料理のファミレスというか,
セットものの安さが尋常ではない,
盛りも尋常ではない,そういう店に,
最近なんとなく行くようになったのは,
すぐに座れるくらい店が広いし,廉価だし,
お店の女性がなかなかに清々しい若さであったりするものだから
なのだが,
そこの壁に貼られたおすすめメニューに「牛肉カレー」とありまして,
これは食わないと,と思いまして,行った次第。

店に入り,「牛肉カレーお願いします」と言ったもののすぐに伝わらず,
メニューを指さして,分かってもらえた。

で,これです。スープ(甘酸っぱかった…)がついてきた。

2017bimisencurry01.jpg

で,カレー本体はこれなのだが,店の人(清々しい若さ)は,
「牛カレー炒め飯です」と言って,置いていった…。

2017bimisencurry02.jpg
牛肉カレー(牛カレー炒め飯) 734円

カレーらしいドロドロは,皆無。
あ,これは,カレー粉を使って肉を炒めたんだな,という料理。
芋がですねぇ,大変でした。
充分に揚げたのでしょう。
最後まで激アツです。
口の中火傷します。
そして,牛肉の圧倒的な量!!
こんなに牛肉ばかり食べたことがあっただろうか。いや,ない。
とにかく,肉の付け合わせにご飯を食べている感じ。
まるで,湯沢の中華料理の名店「北京」で叉焼麺食べたときに,
肉が多すぎて,麺が付け合わせに感じられたみたいにだ。

サラダが添えられていて,嬉しい。
海外のフードコート的な店に行ったときの食べ物,という感じのお料理でありました。
とにかく芋が熱い。









予想と違いすぎるとなかなかに落ち込むものだ。




はじめに,サラダ(結構量がある)とスープ(薄味)が出た。

2017cosmoscurry01.jpg

『チョコレート工場の秘密』の序盤に,チャーリーの家族が
キャベツのスープを食べる場面があるが,
こういう味かも知れない,というスープ。
なかなかです。

2017cosmoscurry02.jpg
日替わりランチの牛タンカレー 918円(+駐車場代200円)

煮込まれたタンではありませんでした…。
ご飯の量が,保育園児サイズでした…。
味は,普通ですが,牛タンとカレーの関わりは皆無。
焼いた牛タン(結構厚い)をスライスしてご飯に乗せてカレーをかけた,
そういう代物。
食後にケーキとコーヒーが出たが,コーヒーは残した。





よい勉強になりました。
こういうことも,ある。





おはようございます。
焼き肉屋で,カレーもあるというので(幟が立っていた),
行ってきたのだ。
平日の昼というのに,人がたくさん。
みな,カルビラーメン(辛い)か焼き肉ランチ的なものを頼んでおる。
昼から焼き肉食うなんて,贅沢の極みだ。(というのは個人的な思い)

2017janjancurry.jpg
カレーライス 600円

細長い皿,大好きです。
楕円とも違う味わいがあるな。
福神漬けの添え方もダイナミックというか何というか。

カレーの塩分はどうあるべきかを近年考えておるのですが,
そういうことを考えさせられるカレーでありますが,
大変美味しくいただきました。
真夏,クーラーの効いた焼き肉屋で。

それにしても小生,なぜ,「平日の昼」と「焼き肉」にこだわっておるのか,
と自問するに,
平日に焼き肉は贅沢だという図式というか固定観念が
心の中にあるからですな。
週末の夜ならOK,ということです。
ま,自分にとってはね。










この日,夕食を摂るべく,普段は決して足の向かない店でありますが,
ま,いろいろ事情がありまして
自宅を出発した途端に豪雨。
車を降りてから,店に入るまでにビショビショであります。

そして,店内は冷房全開で,体が冷えまくったのだった。
無料サービスのスープとお茶が旨い!!

で,特に目的もなくこういう店に来たらば迷うことなくカレーです。
値段も値段だし,正直いって何も期待していないぞ!!

2017marumatucurry.jpg
カレーライス 458円 (税込み?)

よく,「何の変哲もないハンカチです」などと,手品をするときに言いますが,
まぁ,そういうカレーです。
美味しくいただきました。
量とか,見た目とか,あんまり気にならないお年頃です。
たまに,ハッとするようなビジュアルの持ち主のカレーにであることもあります。
でも,そういうのはたまにで良いのだ。
贅沢するのは半年に1度ほどで結構。
お金もかかるしね。

それよりも,まるまつで宴会ができるって初めて知ったぞ!!
宴会のできる個室があるのだ。
今度,面白半分でやってみよう。
多分,飲み放題がつくからな。






>>次のページ